エルサルバドル グァテマラ 自家焙煎 通販

土居珈琲の人気銘柄セットを飲んでみたので風味をガチレビュー

投稿日:2017年10月8日 更新日:


コーヒーブロガー山口が、全国にある有名なコーヒー専門店の豆を取り寄せて、味や香りなどの風味、値段に見合った価値あるコーヒーなのかをガチレビューしていく企画。

今回は大阪にある老舗コーヒー専門店「土居珈琲」の看板商品である「人気銘柄セット」を取り寄せ、4つの抽出器具を使って飲んでみた。

それぞれの抽出方法でどういう風味を楽しめるのか?また、この人気銘柄セットは送料込みで2,295円なのだが、買うべき豆なのかどうかもお伝えしていく。

1日14件のカフェを巡ったりして、いろんな銘柄のコーヒーを飲んできた僕の経験が、土居珈琲の人気銘柄セットの口コミや評判を調べている、あなたのために活かすことができれば嬉しい。

土居珈琲の人気銘柄セットとは

土居珈琲の人気銘柄2つがセットになったもので、こちらのお店で初めて購入する人へ向けたお試しセットだ。

それぞれの銘柄が100g入っていて値段は送料込み2,295円(税込)となっている。

土居珈琲では送料一律540円なので、一つの銘柄につき878円ということになる。

100gで878円というと高級コーヒーといえるだろう。

では、人気銘柄セットに入っている銘柄はどんなものなのか?

グァテマラ・カペティロ農園

グァテマラ・カペティロ農園は、土居珈琲の数ある銘柄のなかでもっとも人気の高いものだ。

こちらの銘柄はレインフォレスト・アライアンス認証の取得とともに、グァテマラコーヒーの博覧会で過去に3度、1位受賞の実績をもつシングルオリジン(ひとつの農園で生産されたコーヒー豆)。

ほんのりと柑橘系の果実を思わせる爽やかな酸味と、ほどよい苦味、ビターチョコレートのような甘みと旨味、そして深いコクが味わえる銘柄だ。


▲土居珈琲の豆はすべて手作業で欠点豆を取り除く「ハンドピック」という作業がかなり細かく行われていて雑味がないのが特徴だ。

また、土居珈琲で使われている焙煎機(豆を焼く機械)は、コーヒー豆を最高の風味に焼くことができるといわれ、世界中の焙煎士に愛されているPROBAT(プロバット)社製の焙煎機を使っている。

エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園

100年以上の歴史を誇る由緒ある農園で作られたシングルオリジン。

こちらの銘柄も柑橘系の果実のような風味が味わえるが、グァテマラ・カペティロ農園よりもクリアで軽い口当たりとなっている。


▲エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園も粒がきれいに均一に揃っており、風味を損ねる欠点豆が見られない。

また、味のブレの原因となる焼きムラも見られないため、いつ飲んでも安定した味のコーヒーに淹れることができる。

土居珈琲の人気銘柄セットを4つの抽出器具で飲んでみる


▲左からHARIO V60ドリッパー、bodum製フレンチプレス、AEROBIE製エアロプレス、HARIO製ウッドネック ネルドリッパー。

同じコーヒー豆でも、抽出に使う器具を変えると風味が大きく変わるのだが、今回は特に変化が大きい器具を4つ厳選して飲んでみた。

それぞれの器具でどういう風味になったのかを細かくお伝えしていく。

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:フルシティロースト(深煎り)

豆の挽き具合:中挽き(Kalitaニューカットミル:ダイヤル3にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L


▲Kalitaニューカットミル


▲タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

土居珈琲のグァテマラをHARIO V60ドリッパーで飲む

土居珈琲のグァテマラの風味を5段階でみる

Kalitaニューカットミルで中挽きにした土居珈琲のグァテマラをHARIO V60ドリッパーにセット。

85度まで温度を下げたお湯をタカヒロ製のコーヒーポットで静かに注いでいく。

ドリップしている最中は、ナッツのような芳ばしい香りが感じられる。

そして一口飲んでみると、ほんのりとオレンジのような柔らかい酸味と、やさしい苦味、そしてビターチョコレートを溶かしたかのようなコクと甘さが印象的だ。

土居珈琲の銘柄は総じて甘さが良く引き立てられている印象があるのだが、このグァテマラの甘さは最初の口当たりから余韻まで長い時間楽しむことができる。

グァテマラコーヒーは苦味が強いものだったり酸味が強いものだったり、豆によって味が大きく違うのだが、土居珈琲のグァテマラは苦味も酸味も控えめで甘みが際立っている。

味にクセがなく飲みやすいので、モーニングコーヒーや食後のコーヒー、夜のひとときにと、あらゆるシーンで飲める万能なコーヒー。

ビターチョコレートのような甘みと旨味がよく感じられて、そこまで濃厚というわけでもないのだが満足感が得られる一杯。

この味を自宅で楽しむことができるなら100gで878円出してもいいと僕は感じた。

土居珈琲のグァテマラにビターチョコレートのような甘みと旨味を求めるなら、HARIO V60ドリッパーで淹れるといい。

土居珈琲の人気銘柄セットを公式サイトでみる

次はフレンチプレスで淹れてみよう。

土居珈琲のグァテマラをフレンチプレスで飲む

ナッツの芳ばしい風味が強く感じられ、HARIO V60ドリッパーで淹れた時よりも味わいが丸くおだやかな印象だ。

豆本来の風味がモロにでて洗練されたコーヒーから野性味が感じられるコーヒーに表情を変えた。

コーヒーの熱が冷めてくると、先程まで感じなかった、オレンジのような爽やかな酸味が出てきて野性味という感じが薄れていく。

時間の経過とともに味がガラっと変わるこの感じはおもしろい。

フレンチプレスで淹れると爽やかな酸味とナッツ感あふれる味わいが楽しめる。

ペーパードリップとフレンチプレスでは別のコーヒーかというくらい風味が変わるが、フレンチプレスで抽出すると少しクセが出るので好みが分かれるだろう。

次はエアロプレスで淹れてみよう

土居珈琲のグァテマラをエアロプレスで飲む

これまでで1番さっぱりした味わい。苦味はかなり抑えられ酸味のほうがやや強く感じられる。

豆本来のナッツの味わいも主張しすぎることなく、甘さも感じられ全体的にバランスの整った飲みやすいコーヒー。

さっぱりした分、余韻のビターチョコレート感も控えめになってキレの良い口当たりになった。

土居珈琲のグァテマラをすっきりと飲みたいならエアロプレスで淹れるといい。

豆本来の風味がほどよく抽出されるので、ペーパードリップで飲むよりも奥行きのある味を楽しむことができる。

土居珈琲のエルサルバドルをHARIO V60ドリッパーで飲む

土居珈琲のエルサルバドルの風味を5段階でみる

土居珈琲の人気銘柄セット「エルサルバドル」をドリップするとオレンジやグレープフルーツを思わせる柑橘系の果実の香りと、ほんのりビターチョコレートのような甘い香りが広がる。

一口飲むと、やはり柑橘系のフルーツのような爽やかさを感じながらも、酸味はそこまで強くなく、苦味も少ない。

ほんのりとした甘みが感じられ、やさしい味わい。

グァテマラよりも全体的に軽い味わい。このエルサルバドルも飲み手を選ばない味わいだ。

次はフレンチプレスで抽出してみる。

土居珈琲のエルサルバドルをフレンチプレスで飲む

土居珈琲のエルサルバドルをフレンチプレスで抽出すると、豆の甘みや旨味が際立つ味わいとなる。

酸味はHARIO V60ドリッパーで淹れたときと大きく変わらず。

苦味やコクはより深さを増して個人的には好みの味わい。

豆本来の柑橘系のフルーツのような爽やかな風味をしっかり感じられ、少し濃厚な口当たりになりながらも、後に残るしつこさがなく飲みやすい。

土居珈琲のエルサルバドルをフレンチプレスで抽出すると、濃厚な口当たりになりながらもキレの良いさわやかなコーヒーに淹れることができる。

パッケージにはグレープフルーツの酸味が続くとあるが、酸味はわりと早く舌の上で消えていく。

もともとあっさりしている豆なので、少し濃厚に飲むほうが僕は好みだ。なので次はネルドリップしてみる。

土居珈琲の人気銘柄セットを公式サイトでみる

土居珈琲のエルサルバドルをネルドリップで飲む

土居珈琲のエルサルバドルをネルドリップすると、これまででもっとも甘さが際立つ味わいになった。

フレンチプレスで抽出した時も甘みや旨味が際立っていたが、豆の味も強かったので味が複雑に入り混じっていた。

そのため飲み手を選びそうな印象だったのに対して、ネルドリップだと味はクリアに仕上がりつつも甘さや旨味が抽出できる。

苦味や酸味は控えめに感じられる。

深いコクと芳醇な甘みと旨味が特徴のコーヒー。3つの抽出方法のなかでももっとも僕はおいしいと感じた。

まとめ

さて、土居珈琲の人気銘柄セット2種類を4つの器具で淹れて飲んでみたが、どちらも甘さが際立っているコーヒーでクセがなく飲みやすい。

おそらく誰が飲んでも美味しいと感じるのではないだろうか。どちらの銘柄もそう思わされるほど洗練された味わいだった。

土居珈琲で豆を注文すると、焙煎したての銘柄が送られてくるのだが、届いて間もない新鮮な風味を1ヶ月ほど楽しむことができるのも魅力の一つだと僕は感じている。

僕の自宅には1ヶ月前に取り寄せた銘柄が3つあるのだが、どれも未だにドリップ時に豆がよく膨らむ。

届いたばかりの新鮮な風味を長い期間楽しめるというのは重要だ。

これまで全国の有名店で高級なコーヒーを取り寄せてきたが、1ヶ月まともに飲めるコーヒーは本当に驚くほど少ない。

それらを踏まえても、土居珈琲の豆の品質は高いといえる。

有名店の高級コーヒーのなかでも、土居珈琲の人気銘柄セットはよくできた豆だと僕は感じた。機会があればぜひ一度飲んでみてほしい。

土居珈琲の人気銘柄セットを公式サイトでみる

通販における送料・代引き手数料

土居珈琲(ドイコーヒー

送料:全国一律540円(4000円以上の購入で送料無料)
※人気銘柄セットは送料無料

代引き手数料:324円

住所:大阪府堺市西区浜寺元町4-496-1
電話番号:072-262-6100
FAX:072-263-3330
受付時間:9:00〜17:00(平日)

この記事が役に立ったらシェアしてください


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。