コーヒー器具

GINA(ジーナ)|1台で3つのコーヒーの味が楽しめるドリッパー

投稿日:


 

1台で3つの抽出方法が楽しめるドリッパー「GINA(ジーナ)」が登場しました。

アプリが使える点も考えると、ドリッパーではない「新しいコーヒー器具」という印象です。

こちらは、先日テレビで取り上げられたコーヒー器具「oceanrich(オーシャンリッチ)」と同じくクラウドファンディングから登場したもので、発売前からすでに話題となっていました。

僕はサイフォンを除くほとんどのコーヒー器具を持っていますが、全てキッチンに置いているため、コーヒー豆のレビューの時などは片付けるのも少し手間がかかります。

あまりキッチンに収納スペースがなかったりする場合には、GINAの検討も良いかも知れません。

まずは、GINAを一緒に見ていきましょう!

【あなたへおすすめしたい記事】

無印のコーヒー豆「オリジナルブレンド」評判や口コミは?感想も正直に述べる

THERMOS(サーモス)真空断熱ポットコーヒーメーカー新型登場

RIVERS(リバーズ)裏表使えるドリッパー「ケイブリバーシブル」登場!

発売日

2018年9月20日より発売

販売場所

二子玉川 蔦屋家電で先行販売
(Yahooショッピング店でも購入可能)

GINA

抽出方法1:ハンドドリップ

まずは定番の淹れ方であるハンドドリップ(プアオーバー)ですね。

お湯を落とす速度や手の回し方で、味を変えられる面白さがあります。

僕が一番好む抽出方法です。

GINAのアプリを使うことで自分のレシピの保存や共有、他の方が淹れたレシピを試すこともできます。

抽出に使う豆の量、粒度などを毎回覚えておければいいのですが、何種類もの銘柄を飲んでいると忘れるかも知れません。

また、久々にハンドドリップコーヒーを飲む時もレシピを忘れるかも知れません。

そんな時にアプリを使って、美味しく淹れられたレシピを再現するのがいいと思います。

 

抽出方法2:浸漬法(イマージョン)

これは、メリタのドリッパーに似ている抽出方法です。

※お湯を注いで放って置くところまではフレンチプレスやエアロプレスと一緒ですが、GINAでは最後にプレスしないので味が異なります。

浸漬法の特徴はなんといっても「お湯を注いで放って置くだけ」という手軽さでしょう。

細口ケトルも必要ありませんし、やかんでお湯をドバドバ注いでも問題ありません。

時間がない時でも簡単にコーヒーを淹れることができるのが魅力です。

 

抽出方法3:水出しコーヒー(コールドブリュー)

GINAには、お湯の落ちる量をコントロールする「ドリップ調整バルブ」がついているのですが、このバルブを調節することで点滴のような抽出が可能になります。

アプリを起動して、ドリップのタイミングに合わせてスマホをタップすると、ドリップ速度も計測できます。

速度がわかれば、淹れる分量に応じた抽出時間も分かるので便利ですね。

 

番外編:紅茶、ハーブティ、日本茶の抽出

GINAドリッパーに茶葉を入れて、簡単に抽出することができます。

水出しアイスコーヒーの項目で触れた「ドリップ調整バルブ」を閉めることで、ティーポットや急須と同じ役目を果たしてくれます。

4分〜5分ほど置いて抽出後、バルブを開けば、紅茶やハーブティーがサーバーに注がれます。

ドリップ調整バルブは、ハンドドリップや浸漬法、水出しコーヒー等どの抽出方法でも使えるのが面白いです。

バルブのつまみを調整することで、好みのドリップ速度で淹れることができるので、深みのある味に仕上げやすいのが良いですね。


GINA Smart coffee instrument

 


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。