コーヒー器具

話題のドラフトコーヒーが超簡単に作れる!ネスカフェのハンディアイスクレマサーバーとは

投稿日:2018年3月2日 更新日:





インスタントコーヒーなどで有名なネスレから、ネスカフェのボトルコーヒーを使って、ビールの泡のようなクレマが超簡単に楽しめる新感覚アイスコーヒーを作れるコーヒー器具が2018年4月より登場。

その名も「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」で、これ一台で自宅や屋外で簡単に話題のドラフトコーヒーを作ることができる。暖かくなるこれからの季節にいろんな場所で重宝しそうなコーヒーグッズ。ギフトに贈っても喜ばれそうな一品だ。

ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバーとは

ここ最近では、アイスコーヒーでビールのような泡立ちが楽しめる“ドラフトコーヒー”が日本の一部のカフェなどで飲むことができて、その見た目や味わいが新感覚で美味しいと話題になっている。


▲僕が去年の夏に飲んだ黒ビールのようなアイスコーヒーが話題に。

このようなコールドブリューコーヒーは新たなトレンドとして注目されている。 ネスレは、アイスコーヒーの上にきめ細かいクレマ(泡)がのった「アイスクレマコーヒー」を自宅で簡単に作ることができる「ネスカフェ ゴールドブレンド アイスコーヒーサーバー」を2017年に発売。

きめ細かいクレマ(泡)でコーヒーの香りを閉じ込め、まろやかな口当たりを楽しむことができる「アイスクレマコーヒー」は、その味わいや見た目についても好評だった。

そこで今回新たに登場する「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」は、電池で動くハンディタイプなので、自宅はもちろんキャンプやBBQなど屋外でも手軽に「アイスクレマコーヒー」を作ることができる。

ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバーの特徴

よく冷やした「ネスカフェボトルコーヒー」にハンディサーバーを取り付けるだけで「アイスクレマコーヒー」が楽しめる。

ハンディサーバーの取り付け・取り外し方法も簡単で手入れもしやすいよう作られている。

電池で動くハンディタイプなので、家庭だけでなく屋外でも使用可能。

アイスコーヒーとクレマ(泡)をスイッチで簡単に切り替えて注ぐことが可能。

アイスコーヒーとクレマ(泡)の量が自分の好みに合わせて調整可能。

ハンドルのみを外せばハンディサーバーが装着されたボトルコーヒーをそのまま冷蔵庫に保管できる。

本体のサイズ、重量など

本体サイズ:約 幅85mm x 高さ345mm x 奥行き152mm
質量:約300g(電池含む・ペットボトル含まず)
使用電池:単3形アルカリ乾電池2本
使用環境温度:10℃~35℃(本体使用時) ※冷蔵庫保管時のぞく


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。