ドトール

星乃珈琲店のコーヒー豆「彦星ブレンド」はおすすめ?感想を正直に述べる

投稿日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲み、おいしいコーヒーを飲むために焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、ドトールの姉妹店である「星乃珈琲店」で販売されているコーヒー豆「彦星ブレンド」を飲んでみたので、感想を正直に述べる。

星乃珈琲店といえば、日本スペシャルティコーヒー協会で理事を務め、世界一のコーヒー豆を決めるコンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」の国際審査員も務めた菅野眞博氏が、世界中から選び抜いた豆を使用していることで知られる。

また、星乃珈琲店のコーヒー豆は店舗のみならず、ネット通販でも購入できるため、近所に星乃珈琲店がなくても簡単に購入できる点が良い。

※姉妹店のドトールコーヒーではネット通販を行っていないため、コーヒー豆は店舗で購入するほかない。

そんな星乃珈琲店のコーヒー豆「彦星ブレンド」の特徴や、豆の状態からまずは見てほしい。

星乃珈琲店のコーヒー豆「彦星ブレンド」

星乃珈琲店のコーヒー豆「彦星ブレンド」は、ブラジル産のコーヒー豆を中心にブレンドされており、コーヒーの旨味や香味を引き出すことができる直火焙煎がされている。

公式サイトでは「程よい苦味を味わいたい方への重厚なブレンド」とだけ述べられており、細かい味については☆印で記されている。

甘味 ★★★☆☆
酸味 ★☆☆☆☆
苦味 ★★★★☆
星乃珈琲店の公式サイトより

豆の状態だが、大きい豆や小さい豆などがブレンドされているのがわかる。焙煎後に豆同士を混ぜ合わせる「アフターミックス製法」が採用されているのか、それぞれの豆で焼き色が異なる。

風味を損ねる欠点豆の混入はほとんど見られないので、スターバックスやタリーズのコーヒー豆と違い、購入後すぐに飲むことができる。

彦星ブレンドの値段(税込)

486円

彦星ブレンドの容量

100g〜購入可

彦星ブレンドの生産地

  • ブラジル
  • コロンビア
  • グァテマラ

彦星ブレンドの焙煎度合い

中深煎り〜深煎り(シティ〜フルシティロースト)

彦星ブレンドの風味を5段階でみる

甘味 ★☆☆☆☆
酸味 ★★★★☆
苦味 ★★☆☆☆
香り ★★☆☆☆
コク ★★☆☆☆

※公式サイトでの評価をもう一度↓

甘味 ★★★☆☆
酸味 ★☆☆☆☆
苦味 ★★★★☆
香り 評価なし
コク 評価なし

「彦星ブレンド」を2つのコーヒー器具で飲んでみた


▲上から
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(丸太衣料(マルタ)4枚接ぎネルフィルター)

まずは、ペーパードリップの定番「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲み、より美味しく飲むためにネルドリップを試みた。

こんな感じで豆を挽いたりしました

豆の挽き具合:中挽き(カリタニューカットミル:ダイヤル3にセット)

豆と湯の量:16g 150cc

お湯の温度:85℃

蒸らし時間:30秒

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

カリタ製ニューカットミルで中挽きにした彦星ブレンドを、ハリオV60ドリッパーにセットし、お湯を静かにそっと落としていく。

湯に触れたコーヒー粉は悲しいことにベチャっと広がる。これはコーヒー豆の鮮度が良くない証である。

ドリップが終わり、コーヒー液をサーバーから温めたマグに移すと、ほのかな香ばしさと強い酸味が嗅覚で感じられる。

さっそく一口飲んでみると、想像したとおりの味で、ほどよい苦みが舌に染み込み、強い酸味が口に広がる。

コクは浅く、ワインで例えるならコンビニで500円で売っているライトボディのワインである。

残念ながら、甘みや旨味はほとんどない。

コーヒーの熱が冷めてくると、より酸味が際立つ。もはや酸味が苦手なら飲み進めるのは難しいだろう。

コーヒー豆の鮮度が悪くなり過ぎているため、酸化したコーヒー特有の酸っぱさが味覚を支配する。

酸化した食材を口にすると老化を早めるとも言われるといわれるが、健康面の観点からもおすすめできない。

次はネルドリップを行ない、酸味を和らげて飲んでみる。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(マルタ製ネルフィルター)

中挽きにした彦星ブレンドを、マルタ製ネルフィルターで抽出して飲むと、ほどよい苦みと、かすかな酸味が感じられる一杯になった。

コクは相変わらず浅く、甘みや旨味はないがすっきりした口当たりで飲みやすくなった、ように思われた。

しかし、コーヒーの熱が冷めてくると、生唾が出てくるような強い酸味が口に広がる。

どんなに品質の高いコーヒー豆でも、どんなに品質の高いA5ランクの黒毛和牛でも「鮮度は命」ということを改めて強く感じた体験であった。

まとめ

さて、今回は星乃珈琲店のコーヒー豆「彦星ブレンド」を2つの器具を用いて飲んでみた。

いずれの淹れ方でも、ほどよい苦みと酸味が味わえたが、今回飲んだ「彦星ブレンド」は残念ながら豆の鮮度が悪いため、酸っぱさが際立っていた。

星乃珈琲店はコーヒー豆の専門店ではないため、焙煎したての新鮮なコーヒーを味わうのは難しい。

その点、専門店では注文後に生豆を焙煎してから、自宅へ届けてくれる。

新鮮なコーヒー豆は、まずドリップした時の香り高さが、スタバやタリーズ、星乃珈琲店などのチェーン店とは比較にならない。

そして一口含んだ時の甘みや旨味、飲み込んだ時に鼻から抜ける香ばしい「格別の風味」が堪能できる。

僕が実際に飲んだコーヒーで、自分用にはもちろん、ギフト用としても自信を持っておすすめできるコーヒー豆をランキング形式でまとめた。

すべて通販で買えるコーヒー豆なので、おいしいコーヒー豆を選ぶ際の参考にしてほしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。