山口的おいしいコーヒーブログ

1日で14件のカフェを周った経験を持つコーヒーブロガー山口がネット通販で買えるコーヒー豆を一番おいしく飲む方法、コーヒーに関する情報などをお伝え

                         

海外カフェ情報 自家焙煎 通販

【海外初出店】堀口珈琲上海店が2017年12月オープン!豆販売も

投稿日:2017年12月22日 更新日:




当ブログでもいくつかの豆のレビューをさせていただいた堀口珈琲が2017年12月11日、中国・上海に海外初店舗をオープン。

店舗は外灘(わいたん)という地区に位置し、上海の中でも最も格調と気品のある界隈のひとつで、19世紀後半から20世紀前半に建設された西洋風の建物が並ぶひとつに「堀口珈琲 上海店」がお店を構えた。

同店が入居している「女青年会大楼(YWCA Building)」も1933年に建築されたアールデコ調の趣ある建物だ。





画像:堀口珈琲

落ち着いた内装の店内では、ゆったりとした時間の流れを感じながら美味しいコーヒーを楽しむことができそう。

またテラス席も設けており、ドリンクのテイクアウトも可能だという。


画像:堀口珈琲

品質の高い定番ブレンドに加え、数種類のシングルオリジンを中心に一杯ずつ丁寧にハンドドリップで提供される。

またエスプレッソベースのドリンクも用意されている。


画像:堀口珈琲

なお、当面はカフェ営業のみで、コーヒー豆などの販売は順次開始する予定だという。




同じく上海で先日、世界最大のスタバ「スターバックスリザーブ・ロースタリー上海」がオープンしたばかり。そこまで中国のコーヒー市場は拡大しているのだろうか。

スターバックスの会長ハワード・シュルツ氏は「中国(市場)は10年以内に米国よりも大きくなる」と発言しており、スタバの中国における店舗数はすでに3000を超え、急速に伸びている。

また中国におけるスタバの店舗数を10年以内に10,000店舗まで拡大するとも発言しており、このことからも中国のコーヒー市場の急速な拡大ぶりがうかがえる。

堀口珈琲の会長である堀口俊英氏も次のように語っている。

中国のコーヒー消費は、アジア圏の中でも日本、韓国、フィリピン、インドネシア、ベトナムに次ぐ消費国でしたが、現在の消費増は日本における1970年代からの喫茶店の増加と消費拡大の時代と同じような状況にあります。

すでにベトナム、インドネシアを抜いているかもしれません。

また、中国は雲南地方でコーヒー生産する生産国でもありますが、消費が生産を上回り、生豆輸入量の拡大が予測されています。




中国の雲南省では、中国全体の95%ものコーヒーが生産されているが、栽培するうえで重要な年間雨量が1,350〜1,700mmと、一般的に必要といわれる「1,800〜2,500mm」に対して少ないこともあり、コーヒーの栽培においては苦戦を強いられている。

以前は政府主導でコーヒー栽培を行うものの失敗しており、現在は民間セクターがコーヒー産業を牽引している。

日本からはネスレがこの分野において大きな役割を果たしており、農業訓練や農家への支援で、過去5年間で800万ドル以上と巨額の投資を行っており、今現在も4000以上の農家に直接支援を行なっている。

スタバの中国における店舗数拡大や堀口珈琲の上海出店、ネスレの投資などからも、今後の中国のコーヒー市場の動向には目を離せない。

また、堀口俊英氏はこのようにも語っている。

アジア圏においては、コーヒーの品質や香味に対して十分な理解がされていませんので、スペシャルティよりコマーシャルコーヒーの流通の方がはるかに多いのも事実です。

しかし、ここ10年以上の中でボルドーの1級のシャトーのワインの香味を体験してきた中国の豊かな人々は、次にブルゴーニュのワインに向かうでしょう。

このことは、高品質のコーヒーへの理解へ向うであろうことを示唆します。
アジア圏の中では、中国市場がブルマンなどの過去の価値観にとらわれることなく、きちんとした品質を基準としたスペシャルティコーヒーの理解に向かう可能性が最も高いと考えられます。

堀口俊英氏が語ることを裏付けるように、中国人のコーヒー消費にも変化がみられる。

2014年の中国のタイプ別コーヒー消費量は、インスタントコーヒーが71.7%と最も多く、続いて液体タイプのリキッドコーヒー(18.1%)。

堀口珈琲で提供するような、直前に豆を挽いて飲むレギュラーコーヒーは10.1%と、数値だけを見ればそれほどでもないが、2014年のレギュラーコーヒーの売上量は前年比22.1%増と大幅に伸びている。

今後も日本の珈琲専門店の中国オープンは続きそうだ。

さて、今回は堀口珈琲の上海店オープンについて。合わせて中国のにおけるコーヒー市場の拡大についてをお伝えした。

店舗の住所や営業時間も記しておくので、上海へ行く機会があれば一度訪れてみてはいかがだろう。

【店舗情報】
堀口珈琲 上海店
住所:上海市黄浦区 外灘 圆明园路133 女青年会大楼104
営業時間:午前8時30分~午後8時(午前10時まではテイクアウトのみ)
定休日:毎週火曜日
※営業時間は2018年初めに変更になる可能性あり


follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。

人気記事

人気記事はこちら↓