コーヒー器具

貝印のドリッパーとコーヒーミル一体型器具や小型ドリップポットが魅力的

投稿日:2018年3月13日 更新日:


コーヒー器具をはじめ調理器具を手がける貝印から、自宅やオフィスで本格的なコーヒーを手軽に淹れられる便利なアイテム6種類が新登場!

貝印の独自技術を採用したコーヒーミルとドリーパーが一体になった器具をはじめ、コンパクトサイズのドリップポットなど面白いコーヒー器具ばかりなのだ。

貝印の新作コーヒー器具6種

コーヒーミル&ドリッパー


▲1~2杯分のコーヒー豆を挽くことが可能

コーヒーミルとドリッパーが一体構造になっていて、豆を挽いたらそのままマグカップにセットし、コーヒーの抽出が可能。

コーヒーミル&ドリッパーのこだわり

・貝印と、ミカフェートの代表であるコーヒーハンターの川島良彰さんとの共同開発によって生まれた新技術「フィックスグラインド機構」を採用している。この技術によりコーヒー豆を挽く臼が上下とも固定されるため、微粉がでにくく雑味の少ないコーヒーを淹れることが可能。

・セラミック製の臼なので金属臭が豆に付着せず、香り高いコーヒーが淹れられる。

コーヒーサーバー 2wayドリッパーセット


▲冷蔵庫の棚置きも楽々

2wayドリッパーで、ドリップはもちろん、水出しコーヒーも抽出可能。

コーヒーサーバー 2wayドリッパーセットのこだわり

・落としても割れにくいトライタン樹脂を使用。長く愛用できそう。
・注ぎやすく液垂れしにくい注ぎ口。
・口が広くて洗いやすく、持ち手も本体と継ぎ目がないため、汚れがたまらず衛生的。
・水出しコーヒーを冷蔵庫で抽出する際に、棚に収納しやすいコンパクトサイズ。

コーヒープレス ポット

内部のボールで水分の対流を防ぎ、プレス後に水分とコーヒーの粉が混ざらないので、時間が経っても同じ濃さのまま飲むことが可能。

コーヒープレス ポットのこだわり

・ペーパーフィルターを使わず抽出が可能。
・コーヒーオイルを除くことなく抽出でき、豆本来の風味を楽しめる。

コーヒープレス マグ

コーヒープレス ポットと機能的には同じ。コーヒーを受ける容器がポットがマグかの違い。こちらは抽出後そのまま飲むことができる。

コーヒードリップポット 235ml & 390ml

注ぎ口が細く、ドリップする際のお湯の量を細かくコントロール可能。

コーヒードリップポットのこだわり

・挽いた豆や市販のドリップパックにお湯を注ぐ際、一気にお湯が出ないので、思い通りのスピードで注ぐことが可能。あっさり味も濃厚なコーヒーも自在に淹れられる。

・水切れの良い細長口と、わずかな反り返りがドリップ時の繊細な動きをサポート。

・お湯をいれる開口部が広いので洗いやすい。

・コンパクトサイズで軽く女性でも扱いやすく場所も取らない。

どれもコーヒーライフを手軽にしてくれて、値段も手頃なのが良いですね。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。