カルディ

カルディ一番人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」をおすすめしない理由を正直に述べる

投稿日:


 

200gで32,400円という値段の超高級コーヒーを飲んだり、美味しいコーヒーを飲むために焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、カルディコーヒーファームで販売されている一番人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」を飲んでみた。

このコーヒー豆をドリップしたときには、これまで経験したことのない悲しさというか、「コーヒー豆にも命が宿っている」ということを改めて認識させられた。

これまでスタバやタリーズ、ドトールなどのコーヒーチェーンの豆をレビューしてきたが、マイルドカルディは僕が飲んできた中で、もっとも購入をおすすめできない豆かもしれない。

そんなカルディ一番人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」をおすすめしない理由を正直に述べていく。

カルディのコーヒー豆「マイルドカルディ」とは

カルディのコーヒー豆「マイルドカルディ」とは、カルディの店頭にて無料で配っている、あのミルクと砂糖が入ったコーヒー。カルディで一番人気のブレンドコーヒーである。

パッケージの裏面に目をやると「ブラジル豆本来のやさしい甘さを引き出し、柔らかな口当たりと持続する甘さのバランスの良さ」とのこと。酸味よりもやや苦味が強く、少し軽めの口当たりのように書かれている。

パッケージから豆を取り出して一粒一粒の状態を確認していく。割れたり欠けたりの豆は目立たないが、とにかく焙煎ムラ(焼きムラ)が目立つ。この状態では淹れるたびに違う味のコーヒーが出来上がるだろう。


▲色が違う「焙煎ムラ」の豆は取り除いたほうが味が均一にまとまるが、膨大な時間を費やすことになろう。取り除くべき豆があまりに多すぎる。

マイルドカルディの値段(税込)

496円
※100gあたりの価格は248円

マイルドカルディの容量

200g

マイルドカルディの生産地

ブラジル、コロンビア、他

マイルドカルディの焙煎度合い

ミディアムロースト〜ハイロースト(浅煎り〜中煎り)

マイルドカルディの風味を5段階でみる

カルディのコーヒー豆「マイルドカルディ」を様々な方法で飲み比べ


今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、次にネルドリップして飲んでみたが、このままブラックで飲み続けても面白くないので、スタバの「ナッティアーモンドミルク」風に仕上げて飲んでみた。

 

こんな感じで豆を挽いたりしました

豆の挽き具合:やや細挽き(カリタ・ニューカットミル:ダイヤル2にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

 

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

カリタニューカットミルで細挽きにしたカルディで一番人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」を、ハリオV60ドリッパーにセットし、新潟県燕市の職人が手がけたタカヒロ製ドリップポット雫で、お湯を静かに落としていく。

すると、お湯に触れたコーヒー粉はベチャっと広がることもなく、ドーム状に膨らむこともなく、動かない。まるで息絶えたコーヒー豆のようで、命が宿っていないようにさえ思えてくる。

抽出が終わり、さっそく一口飲んでみると、酸っぱい。非常に酸っぱい。こんなコーヒーは飲んだことがない。

酸味以外の味をほとんど感じられない。苦味もコクも甘みも旨味も、強すぎる酸味にかき消されてしまっている。

カルディの店頭ではミルクと砂糖を入れて無料で配っているが、あれには大いに納得した。ミルクでコクを加え、砂糖で酸味を抑えて初めて飲めるようになるコーヒーなのだ。

コーヒーの熱が冷めてくると、わずかに苦味が顔を出し始めるが、同時にエグみも際立ち、大量に飲んではいけないという危険信号が僕の中で出始めている。

ただ不思議と後味はすっきりとキレがよく、スタバやタリーズのようなクドさやしつこさはない。

次はマルタ製ネルフィルターを使ってネルドリップ抽出を行ってみる。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(マルタ製ネルフィルター)

カルディで一番人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」をマルタ製ネルフィルターで抽出して飲んでみると、なめらかな舌触りに変わるものの、酸味が中心の味は相変わらず。

このコーヒー豆は、そもそも焙煎度合いも浅煎りなことに加え、焙煎後2週間以上は確実に経過しているので酸化してしまっている。

そのため、この酸味をコーヒー器具の力でどうにかするのは難しい。

次は改めて、ハリオV60ドリッパーで抽出してみて、アーモンドミルクを加えて飲んでみよう。

アーモンドミルクを入れて飲んでみた

カルディで一番人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」に無糖のアーモンドミルクを加えて飲んでみると、香ばしい風味とコクが加わった。

しかし、これでもまだ酸味は強いので、バニラエッセンスと砂糖を加えてみる。


▲スタバなどで買えるバニラシロップでもいいが、自宅に眠っているバニラエッセンスに砂糖を加えても代用できる。

香ばしくも酸っぱいマイルドカルディに、バニラエッセンスと砂糖を加えると酸味をぐっと抑えることができ、アーモンドとバニラの風味が香る「ナッティアーモンドラテ」のような風味が楽しめるようになった。

まとめ

さて、今回はカルディで一番人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」を様々な方法で飲んでみた。

まず、このコーヒー豆は焙煎ムラが非常に多く、飲むたびに違う味のコーヒーに仕上がる。

もし、あなたがこれを防ぐために対象の豆を取り除くならば膨大な時間を費やす覚悟が必要だ。

そしてブラックで飲むことはおすすめしない。かなり酸っぱいので飲み手が限定される。もちろんギフトなどでマイルドカルディを贈るのは止めたほうがいい。

今回のようにミルクなどを加えれば確かに飲めるようになるが、決しておいしくないうえ満足感も得られない。

これらを踏まえると個人的には購入をおすすめしない。

同じお金を払うなら、もっと感動するようなおいしいコーヒーをあなたには味わってほしい。カルディに比べれば値段は少々するが、10倍は満足感が違うはずだ。

優れた焙煎技術でローストされ、豆の品質が本当に高いコーヒーは、ドリップした時にお部屋に広がる香りの良さも全然違い、口に含んだ時の幸福感は言葉にできない。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事にランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考にしてもらえるとうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。