ブレンド 札幌カフェ 自家焙煎 通販

森彦のコーヒー豆「マイルドブレンド」を4つの器具で飲み比べ

投稿日:2017年11月30日 更新日:


コーヒーブロガー山口が通販で買えるコーヒー豆をレビューする企画。

今回は、これまでも何度かこのブログで取り上げてきた札幌にある自家焙煎コーヒー専門店「森彦(Morihico)」で人気のコーヒー豆「No.2 マイルドブレンド」を飲んでみた感想をお伝えしていく。

札幌に立ち寄ったら、ぜひ行ってみたいカフェとして観光客をはじめ、地元民からも愛され続ける創業21年の森彦。

札幌市内にある自社工場(プランテーション)で直火焙煎したコーヒー豆を提供しており、森彦本店ではネルドリップで抽出された濃厚なコーヒーが楽しめる。

僕はお店で飲んだことが何度かあったが、コーヒー豆を買って自宅で飲んだことはなかった。

「森彦の味を自宅で再現できたら」という思いもあったが、じつは先日「通販で買えるおすすめの豆を教えてほしい。できれば北海道で。炭火焙煎じゃない豆」というお話をいただいた。

この時、森彦をおすすめできれば良かったのだが、なにしろ僕自身が豆を買って自宅で飲んでいなかったので、すんなりお勧めすることができなかった。

なので今回、おすすめできる豆なのかどうかを、5つのコーヒー器具で淹れて検証していく。

あなたの手持ちの器具では「こんな味になるんだな」と参考にしてもらえればうれしい。

まずは、検証するコーヒー豆についてお伝えしていく。

森彦の人気豆「No.2マイルドブレンド」とは


▲No.2マイルドブレンド 1,296円(税込)

森彦のNo.2マイルドブレンドにはキリマンジャロ、モカが配合されている。

写真で僕が手に持っているのは「森彦オリジナル4枚接ぎネルフィルター 432円(税込)」

これを使えば、お店の味を再現できるかと考えて買ってみた。

いつも僕が使っているハリオのネルフィルターは2枚接ぎだが、森彦のネルフィルターは4枚接ぎ。

つまり森彦のネルフィルターは布4枚を使ってコーヒーをろ過するため、ハリオよりも湯が落ちるのに時間がかかりそう。そしてハリオよりも濃厚な一杯に仕上がりそうだ。

店員さんに聞いたところ、焙煎してから2週間ほど経過しているそうで、お店で提供している豆も同じもので鮮度は変わらないとのこと。

もう少し焙煎してから日の浅い豆があれば尚良かったが、これ以上日付の新しい豆はなかったので無理はいえない。

シティロースト(中深煎り)で焙煎された豆は粒がキレイに均一にそろっており、煎りムラもほとんど見られない。

豆を一粒食べてみると、オレンジのような甘くさわやかな風味が口に広がる。

これは期待が高まる味わいだ。

ちなみに森彦で使われている焙煎機は大阪の会社で特注したものだそう。

おそらく大阪に本社を置く富士珈機(フジローヤル)製の15kgロースターだと思われる。

ちなみにパッケージは紙袋とビニール製のものと2重になっている。

コーヒー豆から発生する炭酸ガスを外へ逃すガス抜きバルブ付き。

森彦のNo.2マイルドブレンドを5つのコーヒー器具で飲む


▲左から:カリタ3つ穴ドリッパー、bodum製フレンチプレス、ハリオ製ウッドネック・ネルドリッパー、ハリオV60ドリッパー。

真ん中は森彦オリジナルのネルフィルター。(フレームはハリオを使用)

まずは、ペーパードリップの定番といえるハリオV60で飲んでみる。

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:シティロースト(中深煎り)

豆の挽き具合:やや細挽き(カリタ・ニューカットミル:ダイヤル2にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L 


KalitaニューカットミルをAmazonでみる
Kalitaニューカットミルを楽天でみる


タカヒロ ドリップポット雫をAmazonでみる
タカヒロ ドリップポット雫を楽天でみる

ハリオV60ドリッパーで抽出

森彦「No.2マイルドブレンド」のテイスティングチャート

森彦のNo.2マイルドブレンドをカリタの電動ミルでやや細めに挽き、ハリオV60ドリッパーにセット。

雑味を出さないよう、ドリップポット雫でゆっくりお湯を落としていく。

するとローストナッツのような芳ばしい香りとともにオレンジを思わせる爽やかで、ほのかに甘い香りが感じられる。

また豆はドーム状に大きく膨らむ。

僕は心をワクワクさせながら、さっそく一口飲むと、芯のある苦味を感じつつも、豊かな甘さとオレンジのような風味、ほどよい酸味がバランスよく感じられて美味しい。

味の解説をしていくと、まず苦味はそこまで強くないが芯がある。キレは良いので後に残らない。

そこまで苦いコーヒーは飲みたくない、という場合にも飲めるであろう一杯。

 

甘みも十分に感じられ、やさしい口当たり。

また、豆を食べた時に感じたオレンジのような風味がNo.2マイルドブレンドに良いアクセントを付けていて、面白味のある風味に仕上げている。

コクも深めで、一杯で満足感が得られるだけの旨みが詰まっている。

HARIO V60ドリッパーをAmazonでみる
HARIO V60ドリッパーを楽天でみる

森彦の看板コーヒー「フレンチブレンド」よりも、No.2マイルドブレンドのほうが味のバラエティに富んでおり、飲んでいて楽しいと感じた。

次は、フレンチプレスで抽出してみよう。

フレンチプレスで抽出

森彦のNo.2マイルドブレンドをフレンチプレスで抽出すると、オレンジのような風味が際立った、爽やかな口当たりの一杯に。

苦味は控えめになり、下のうえですーっと消えていく。

甘みはハリオV60で淹れた時と同様に感じられる。

豆本来のオレンジのような風味と酸味がメインの味わいだが、後に残るしつこさがなく、上質で濃厚なオレンジティーを飲んでいるような感覚だ。

森彦のマイルドブレンドをフレンチプレスで抽出すると、オレンジの風味が際立った、さわやかな一杯に淹れることができる。

フレンチプレスをAmazonでみる
フレンチプレスを楽天でみる

酸味が強すぎることもなく、ほどよい苦味もあり、飲みやすい一杯だし、なにより飲んでいて楽しい。

次はカリタ3つ穴ドリッパーで抽出してみよう。

カリタ3つ穴ドリッパーで抽出

森彦のNo.2マイルドブレンドをカリタ3つ穴ドリッパーで抽出すると、ほどよい苦味と、隠し味的にオレンジの風味が味わえる、ややすっきりめの一杯に。

やや酸味よりの味わいだが、カリタ3つ穴ドリッパーで抽出した時の特徴的な「すっきりした甘み・旨み」も感じられる。

ほどよく豆本来のオレンジ、ナッツの味も感じられて、スペシャルティコーヒーを好んで飲んでいるなら気に入るであろう味わい。

KalitaドリッパーをAmazonで探す
Kalitaドリッパーを楽天で探す

そして森彦といえば、やはりネルドリップ。

最後に森彦オリジナル、ハリオの2つのネルフィルターで抽出する。

ネルドリップ(森彦オリジナル・4枚接ぎフィルター)

森彦オリジナルのネルフィルターを使って抽出すると深いコクと苦味が際立ち、ほのかなオレンジ感と甘みが楽しめる一杯に。

これまでで苦味がもっとも強く抽出されたが、キレがよくしつこさを感じない。

まさに森彦ファン好みの一杯。そう思えるほどに濃厚で旨み豊かなコーヒー。

次はハリオのネルで抽出すると味に違いがあるのか検証する。

ネルドリップ(ハリオ・2枚接ぎフィルター)

森彦オリジナルの4枚接ぎフィルターに比べてすっきり感が強い味わいに。

ハリオのネルフィルターは濃厚な口当たりながらも、やや酸味強めに抽出できる。

HARIO製ネルドリッパーをAmazonでみる
HARIO製ネルドリッパーを楽天でみる

対して森彦のネルフィルターは深いコクと強い苦味の一杯に淹れられることが今回わかった。

森彦で飲む濃厚なコーヒーが好きなら、4枚接ぎのネルフィルターで淹れることをおすすめする。

まとめ

さて、森彦のNo.2マイルドブレンドを5つのコーヒー器具で抽出してみた。

いずれの淹れ方でも、キレがよく芯のある苦味、豊かな甘み、オレンジのような風味と、ほのかな酸味が楽しめる。

森彦オリジナルのネルフィルターで淹れた濃厚な一杯は印象的だったが、すっきり淹れると華やかな表情に変わったりと、飲んでいて楽しいコーヒー。

100gあたり648円と値段も手頃で試しやすい。

味の系統はブルーボトルコーヒーのジャイアントステップスに近いが、あそこまでのフルーティーさはないので逆に飲みやすい。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます↓


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

通販における送料、代引き手数料

・送料
(合計金額が5000円未満)
道内:450円
東北・関東・東海・北陸:600円
関西・中国・九州:650~800円

(合計金額が5000円以上)
道内:260円
道外:360円

※離島は別途加算。詳しくはこちら

・代引き手数料
ホームページに記載なし

・支払い方法
クレジットカード
銀行振込
代引き

森彦の公式オンラインストアはこちら


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。