山口的おいしいコーヒーブログ

1日で14件のカフェを周った経験を持つコーヒーブロガー山口がネット通販で買えるコーヒー豆を一番おいしく飲む方法、コーヒーに関する情報などをお伝え

                         

コーヒーに関する情報

コメダ珈琲店の超でかいカツサンドに魅了される人続出!?

投稿日:2017年10月7日 更新日:


画像提供:マネーポスト

スターバックスコーヒーやドトールコーヒー、タリーズコーヒーなど様々なコーヒーチェーンが日本全国で展開されているが、なかでも個性的なメニューで人気なのがコメダ珈琲店(愛知県名古屋市)だ。

僕の住む北海道には、札幌に5店舗ある。

外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生さんはコメダ珈琲店について、こう説明している。

「コメダ珈琲店は、もともと東海地方のみで展開されていましたが、2003年くらいから関東に進出しました。その後は全国各地に広がり、現在は700店舗以上が営業しています。中京式とよばれる東海地方に根付いている喫茶店文化を全国で味わえるチェーン店としては、最大規模のコーヒーチェーンです」

※中京式についての詳細↓

中京圏の喫茶店の多くは、朝方にドリンク類を注文する客に対して、モーニングサービスを行っている。名古屋を中心とする中京圏では、量やサービスが他地域と桁違いなことで知られる。名古屋は上項にもあるように、歴史的な経緯から喫茶店の多い地域であり、サービス競争は喫茶店以外の一部の外食産業も巻き込む形で、提供されるサービスも多岐に渡る。一般的には厚切りトースト、ゆで卵、ミニサラダ(またはフルーツ) 等が無料あるいは格安で提供されるが、食べ放題であったり、和食のサービスとしてうどんやおにぎりをつけたりもする。




中京式の代表的なサービスが、午前中にドリンクを注文すると追加料金なしでトーストなどの軽食がついてくるモーニングサービスである。

「コメダ珈琲店の場合は、開店から午前11時まで、ドリンクを注文するとトーストともう一品がついていきます。もう一品の方は「定番ゆで玉子」「手作りたまごペースト」「名古屋名物おぐらあん」から選ぶことができます。中京式の喫茶店にはもっと豪華なモーニングがついてくるお店もあるので、コメダのモーニングはどちらかといえば控えめな方かと思います。ですがドトールやスターバックスと比べてお得感があると感じているファンは少なくないようです」(小浦さん)

そんなコメダ珈琲店の大きな魅力のひとつが、ボリューム感あふれるフードメニューだ。

基本はハンバーガー(450円)、ミックスサンド(580円)、カツサンド(820円)など、サンドウィッチ類がメイン。そのほかに、コメダ特製ピザ(490円)、コメダグラタン(750円)、ミニサラダ(200円)などがフードメニューとして並ぶ。

「コメダ珈琲店のサンドウィッチメニューは、とにかくどれもボリュームがすごい。たとえばハンバーガーも、普通のファストフードの感覚で注文すると、あまりのビッグサイズに驚いてしまいます。軽食だとは思わず、“ガッツリご飯”だと思って、しっかりお腹を空かせてから挑んだほうが間違いないでしょう。もちろん、これだけのボリューム感があるので値段の方も決して安くはありません。ただ、その価格に見合った満足度は得られると思います(小浦さん)

「カツサンド」は、お持ち帰りも視野に

コメダ珈琲店のフードメニューの中でも特にボリュームがすごいのが820円のカツサンドだ。

週に1回はコメダ珈琲店に行くという30代の男性Rさんは、そんなカツサンドの大ファンだそう。

「私は休日のランチタイムにコメダ珈琲店へ行くことが多いのですが、ほぼ毎回「みそカツサンド」を食べています。縦横10cm×20cmくらいのバンズにサクサクのみそカツとたっぷりのキャベツが挟んであるんですが、とにかくサイズが大きい。口を思い切り開けないと、ガブリといけないので、食べていると結構アゴが疲れます。通常は3等分にカットされているのですが、私の場合はちょっと食べにくいので、6等分にしてもらっています。あと、食べきれなかった時は、お持ち帰りのサービスもしてくれるのは嬉しいポイントです。3分の1くらいを持ち帰ることもしょっちゅうです」

コメダが大好きなRさんは、1人で行っても3時間から4時間くらい過ごしてしまうこともあるという。

「パターンとしては、土曜日の昼過ぎくらいにノートパソコンを持って行って、いろいろと作業をしたり、新聞を読んだりして時間を過ごします。まずはブレンドコーヒーとみそカツサンドを注文。そして、食べ終わってちょっと時間が経ったら、ミニシロノワール(400円)を頼みます。普通のシロノワール(600円)は、私1人で食べるには大きすぎるのでミニで十分です」

シロノワールは、ふんわり焼いたデニッシュパンにソフトクリームをのせたコメダ名物だ。

僕も前に札幌の店舗で一度食べたことがあるが、確かに普通のシロノワールは2人分はあるだろうというボリューム感だったので、僕もミニを注文した。

「コメダは、営業時間が長いのも嬉しいところ。私が行く店舗は朝の7時に開店して、夜の11時まで営業しています。ほかのコーヒーショップは夜9時くらいで閉まってしまうところも多いのですが、夜11時までなら仕事帰りに寄ってゆっくりすることができます。また、座席にパーテーションがあって周囲があまり気にならないので、打ち合わせにも使っています」(Rさん)

ゆっくりと過ごすこともできてビジネスにも使えるコメダ珈琲店。まだまだ全国での人気は広がっていきそうだ。



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。

人気記事

人気記事はこちら↓