グァテマラ 炭火焙煎 通販

コーヒー豆のおすすめ販売店|焙煎室ハンドピック グァテマラ編

投稿日:2017年9月1日 更新日:


コーヒーの生豆に熱風を当て、全体をムラなく煎ることができる「熱風式焙煎」や、ガスを利用し直接生豆に火を当てつつ、同時に熱風でもムラなく煎ることができる「半熱風式焙煎」など、生豆に火を通すにはいくつかの方法がある。

いまではスマホを使った焙煎機も誕生しており焙煎のテクノロジーは日々進化を遂げている。

そんな中、街中に隠れた小さな焙煎室「Hand Pick」では日々淡々とまっすぐに、炭火を使った自家製焙煎機で豆を焼き、コクの深い上質なコーヒー豆を生み出している。

炭火を使った直火焙煎によって生み出されるスモーキーな香りと深いコクが特徴のこの豆は「Hand Pick」の通販サイトで全国販売しており、ネットでおいしいコーヒー豆が買えるおすすめ店のひとつ。

また、半熱風焙煎や熱風焙煎では引き出すのが難しい「コーヒー豆本来の旨味や甘み」を存分に楽しめるのも特徴だ。

今回は、日本においても人気銘柄の「グァテマラ」をガチレビューしていく。

シャープな味わいのグァテマラ ウェウェテナンゴ


▲グァテマラ ウェウェテナンゴ 100g ¥550

フルシティロースト(深煎り)焙煎されたグァテマラは炭火焙煎ならではのスモーキーな風味を楽しむことができる。

またHand Pickさんでは、コーヒーの風味を悪くしてしまう「欠点豆」をひとつひとつ丁寧に手作業で取り除いており、雑味のない純粋なコーヒーそのものの味を堪能できる。

豆の状態で購入すれば2ヶ月は風味が大きく損なわれることなく飲める。キャニスターなどの保存容器に移してしっかりフタをし、直射日光を避けて保存。

エアロプレス・HARIO V60・ネルドリップで飲み比べ


▲左からAEROBIE製(エアロビー)のエアロプレス、HARIO製(ハリオ)V60円すいドリッパー、同じくHARIO製ネルドリッパーの3パターンでコーヒーを作っていく。

それぞれで異なる味のコーヒーを淹れることができるので、あなたの好みに合った一杯を見つけてもらえたら嬉しい。

HARIO V60ドリッパー

グァテマラ ウェウェテナンゴの風味を5段階で見る

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:フルシティロースト(深煎り)

豆の挽き具合:細挽き(Kalitaニューカットミル:ダイヤル2)

豆と湯の量:16g 160cc

 

マンデリンを芳醇な風味と表現するならば、このグァテマラはシャープな苦味が特徴の味わい。

だがブラジル豆のような苦味とは少し違い、ほどよい甘さと酸味が含まれていてバランスが良く上品な口当たりだ。

香りは、キャラメルやチョコレートのような甘さを感じる匂いではなく、ナッツを思わせる香ばしい匂い。そして炭火焙煎ならではのスモーキーさが印象的。

コクもほどよく重たすぎないので目覚めの一杯、食後の一杯、おやつのお供など色んなシーンで飲むことができるコーヒー。

ギフトとして送っても喜ばれそうなオールラウンドな豆。

冷めてきても酸味が強く出たりせず旨さは変わらない。後味もすっきりしていて飲みやすいため、あっという間に飲み干してしまった。

次はネルドリップで抽出して飲んでみよう。もう少し濃厚な口当たりに作るのが狙いだ。

ネルドリップ抽出

ハリオV60ドリッパーで淹れた時よりも、甘みと酸味をより濃く抽出することができた。

よって苦味は控えめに感じられ全体的な味のバランスが整った。

コクもより深く感じられ、ハリオで淹れた時よりも濃厚でまろやかな口当たりに。これは僕の好みの味わいであり、まさに狙い通りの抽出だ。

Hand Pickさんの「グァテマラ ウェウェテナンゴ」を、少しもったりと重ため飲みたいシーンではネルドリップが良い。

味のバランスもより整って満足感のある一杯に仕上げることができる。

もしペーパードリップの環境しかないなら、160ccの抽出に21gの豆を使えばおいしく濃厚な一杯に作ることができる。

最後はエアロプレスでの抽出だが、今回は一般的に用いられている抽出方法ではなく「インヴァート法」と呼ばれる抽出方法で、深みのある一杯に作ってみよう。

エアロプレスのインヴァート法

インヴァート法による淹れ方を簡単に写真付きで解説していく。


▲エアロプレス本体を逆さ向きに立てて使う。

通常の使い方だと、初期段階の蒸らし用に注いだお湯がフィルターをドボドボと突き抜けてしまいコーヒーの味が薄まってしまうのだ。

それを解決するのが、このインヴァート法。

エアロプレス本体を逆さにして使うことで、最初に注いだお湯が下に逃げていかない。


▲赤いゴムの部分にコーヒーの粉とお湯が溜まる仕組み。完全密封状態なのでお湯がいっさい下に落ちることなく、十分な蒸らしが行える。


▲コーヒーの粉を入れる


▲お湯を半分(80cc)注いで蒸らしを行う


▲濃厚に仕上げるためにお湯とコーヒーの粉をゆっくり混ぜ合わせる。今回は5回混ぜてみた。


▲残り80ccのお湯を注ぐ。


▲フィルターをセット。


▲フィルターの上に、マグカップをセット


▲コーヒーをこぼさないよう、素早くひっくり返す


▲上からプレス。濃厚に混ざり合ったコーヒーがカップに注がれていく


▲最後まで押し込んで、フィニッシュ


▲慣れれば、ペーパードリップより短い時間で作れる

さて、飲んでみたところHARIOで淹れた時の口当たりに似ているが、全体的にバランスが取れていて後味はよりすっきりとキレが良くなった。

また豆本来の味がより色濃く抽出され、ペーパードリップとは一味違った風味を楽しめるのが面白い。

ただ、逆を言うと美味しくない豆でのインヴァート法はやめたほうが良さそうだ。この抽出方法は良くも悪くもコーヒー豆本来の味が全開なのだ。

今回はコクもほどよく出ていて濃厚に仕上がりになったが、これは高品質な豆での試みだったための結果だろう。

このやり方なら誰でも簡単に、ペーパードリップ並みの味で淹れることができる。

まとめ

・シャープな苦味が印象的だが、ほどよい甘みと酸味も楽しめる。

・ナッツを思わせる風味と炭火焙煎ならではのスモーキーで香ばしい匂い。

・どんなシーンでも飲めるバランスの良い味わい。ギフトとして贈るのにも適している。

個人的には、やはりネルドリップによる抽出がもっとも芳醇で豊かな味わいだと感じたが、キリっとシャープな味を楽しむならペーパードリップで淹れるのが良い。

普段とは少し違った風味を楽しみたい場合には、エアロプレスを使ったインヴァート法も面白い。

高品質な豆なので、どの淹れ方でもおいしく飲める。はじめてHand Pickさんのネット通販で購入する場合にオススメしたいコーヒー豆のひとつ。

通販における送料、代引手数料。豆の店頭販売も


コーヒー焙煎室 Hand Pick(ハンドピック)
http://handpick.cafe.coocan.jp/

[宅配]
・旧函館市内 300gより配達可(配達無料)
・配達希望日の2日前までに注文

[通販における送料]
・エクスパック:全国一律500円(豆600gまで)
・ヤマト宅急便:北海道 450円~
東北・関東・信越 800円~
北陸・関西・四国・九州 1000円~
沖縄 1200円~
※サイズ・重量により異なる。詳細はメールにて要確認。

[豆の店頭販売]
cafe DripDrop(カフェ ドリップドロップ)
住所:函館市末広町4-19 函館市地域交流まちづくりセンター内
電話:0138-22-9700
営業時間:10:00-18:00
定休日:水曜

この記事が役に立ったらシェアしてください


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。