コンビニコーヒー

セブンカフェ「飲むスイーツ ストロベリー」作り方・カロリー・感想を正直に述べる

投稿日:


 

コンビニカフェ系ドリンクを全種類飲むコーヒーブロガー山口が、セブンカフェから登場している「飲むスイーツ ストロベリー」の作り方・カロリー・そして飲んだ感想を正直に述べる

セブンカフェの「飲むスイーツ」はストロベリーとティラミスの2種類が出ている。九州限定で販売されていたが、僕の住む北海道でも販売開始となった。

これまでは北海道で売れた商品は全国展開される、という流れがあるので、人気次第では夏本番を迎えるころには本州などでも飲むことができるかもしれない。

セブンカフェ「飲むスイーツ ストロベリー」

セブンカフェ「飲むスイーツ ストロベリー」は、上から

  1. ココアパウダー
  2. ストロベリー果肉入りかき氷
  3. ストロベリー果肉
  4. パンナコッタソース

で作られている。

値段(税込)

350円

カロリー

312キロカロリー

注文方法

  1. 冷凍ケースにある「飲むスイーツ ストロベリー」をレジに持っていく
  2. お会計を済ませたら、店員さんにフタを外してもらう
  3. 本体をよく揉みほぐす
  4. コーヒーマシンの「ミルクボタン」を1回押す
  5. 太めの専用ストローでかき混ぜる
  6. 完成

作り方


▲ファミマのフラッペと同じように、入念に揉みほぐす。これをやらないと氷のかたまりが溶けにくく非常に飲みにくい。


▲ミルクボタンがあるコーヒーマシンにセットして、ミルクボタンを一回押す。


▲通常のドリンク用ストローよりも太い「専用ストロー」でかき混ぜる。

ただし、ストローで氷を強く「押すように砕いて」しまうと、まれに氷が逆流して手が汚れることがあるので注意。


▲完成

セブンカフェ「飲むスイーツ ストロベリー」の味は?

セブンカフェ「飲むスイーツ ストロベリー」の味だが、ストロベリーの果肉が入った飲むヨーグルトを思わせる味わいで、ミルク感が強い。

セブンイレブンならではの特別感は特になく、正直ファミマのフラッペと大して変わらない。

ただ、近所にファミマもスタバもタリーズもなく「セブンはある」といった環境下においては価値のあるドリンクかもしれない。

個人的に感じた不満は、作る手間がやはり面倒。時間がない朝などには購入を控えたい。

カップを強く揉みほぐすと中身が容器から飛び出そうになり、いざミルクを注いでも温度が低いためか、中身が溶けにくいのが気になった。

少しレンジで温めたら溶けやすいかもしれない。このあたりも実験したら記事にしていきます。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。