市販のコーヒー

セブンプレミアム「モカブレンド」を飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:


 

200gで32,400円の超高級コーヒーを飲んだり、自分で焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、セブンイレブンのPBブランド「セブンプレミアム」から出ているレギュラーコーヒー「モカブレンド」を飲んでみた。

セブンプレミアムのモカブレンドは400gで400円と超激安のコーヒーで、とにかく安くたくさん飲めるのがポイント。

個人的には「もう少しおいしく飲めれば」と感じたので、複数の抽出器具を用いてみたり、チョコレートを加えてみたりと工夫を凝らして一番美味しく飲める方法を見つけた。普段モカブレンドを飲んでいるあなたの参考になればうれしい。

セブンプレミアム「モカブレンド」の商品情報

セブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から販売されているレギュラーコーヒーで、キーコーヒーとの協力のもと作られている。モカ特有の華やかな香りが楽しめる。

豆の状態ではなく、すでに粉に挽いた状態で販売されているのでコーヒーミルやグラインダーなどの粉砕器がなくても手軽に飲むことができる。

購入している方のレビューを見ていると、やはり「コスパが良い」というコメントが多く見られた。味については「安いからしょうがない」といった具合のコメントがちらほら目につく。

価格

429円(税込)

容量

コーヒー粉400g

カロリー

コーヒー100mlあたり4カロリー

ブレンドされているコーヒー豆の種類

エチオピア、コロンビア、他

コーヒー豆の挽き具合

中挽き

風味を5段階でみる

セブンプレミアム「モカブレンド」を3つのコーヒー器具で抽出


▲左から
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(森彦のネルフィルター)

写真中央
・丸太衣料(マルタ)4枚接ぎネルフィルター

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、さらに美味しく飲むために、ほかの2つのコーヒー器具を厳選した。

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:浅煎り〜中煎り

豆の挽き具合:中挽き

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

中挽きにされたセブンプレミアムのモカブレンドをハリオv60ドリッパーにセットし、タカヒロ製ドリップポット雫でお湯をそっと落としていく。

するとモカ特有のフルーティーで華やかな香りが辺りに広がる。最初から粉で売っているコーヒーということもあり鮮度面からも香りは期待できないと考えていたが、想像よりも良い香りが楽しめる。

さっそく一口飲んでみると、コクや旨味はまるでないが、ほんのりとモカの風味が感じられる。

ほどよい苦味が感じられ、酸味は強め。甘みや旨味、コクはほとんど感じられないのでコーヒー好きにとっては満足できない退屈な味に感じるかもしれない。

何か一工夫加えて美味しく飲もうと思っても、モカのような強い酸味を含んでいて華やかな風味のコーヒーは、ミルクや豆乳を加えると微妙な仕上がりになる。

ワインで例えるとモカはライトボディといえ、味の主張が控えめなのだ。特に今回のモカブレンドは柔らかい口当たりなのでミルクの味にコーヒーが負けてしまう。

一言でいうとモカは誤魔化しが効かないので、豆の品質や焙煎技術によって風味の違いが大きい。

もう少し美味しく飲めるかどうか試してみたいので、次はネルドリップ抽出を行ってみる。

使うネルフィルターはマルタ製ネルフィルター。こちらは口当たりを濃厚に、まろやかにしてくれる優秀なフィルターだ。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(マルタネルフィルター使用)

セブンプレミアムのモカブレンドをマルタ製ネルフィルターで抽出して飲むと、酸味が柔らかくなって味のバランスが整って飲みやすくなった。

ただ、あくまで飲みやすくなっただけで旨味や味の奥行きなどが一切ないので、やはりコーヒーが好きな人は飲んでいて退屈かも知れない。

酸味が際立つコーヒーはマルタ製ネルフィルターを使うと飲みやすくなる。同じような性質のフィルターが、これから使用する森彦のネルフィルターだ。

森彦とは札幌で有名なネルドリップコーヒー専門店。このお店で作られたネルフィルターもコーヒーの口当たりをまろやかにして味を濃厚にしてくれる。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(森彦のネルフィルター使用)

セブンプレミアムのモカブレンドを森彦のネルフィルターで抽出して飲むと、マルタ製ネルフィルターで飲んだ時よりも口当たりがまろやかで、ほんのわずかに甘みが感じられるようになった。

このモカブレンドを一番おいしく飲む抽出方法はネルドリップがおすすめ。札幌のカフェ森彦のネルフィルターを使うとさらにおいしく飲むことができる。

あなたが森彦のネルフィルターを持っていれば話は早いが、持っていないことも考えて、改めてハリオv60ドリッパーを使う。

しかし今度は市販のチョコレートを加え、モカコーヒーでカフェモカを作ってみよう。これによって甘みとコクを加えることができれば成功だ。


▲加えるチョコレートはコンビニなどで手に入る板チョコ「ロッテガーナブラックチョコレート」だ。こちらは一枚100円前後で購入できる。160mlのコーヒーに8ブロックをカップに入れてレンジで軽く温めると溶けやすく、簡単にカフェモカが完成する。

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出(チョコレート追加)

セブンプレミアムのモカブレンドに板チョコを8ブロック加えて飲んでみると、コーヒーの酸味とチョコの風味が驚くほどマッチしない。

ブラックチョコレートがもつ、ほのかな甘みとコクがプラスされるも、味が交わることなくズバリ「美味しくない」ので今度はハチミツを加えて飲んでみる。

コーヒーとハチミツの組み合わせは一般的ではないかもしれないが、実はコーヒーの花からもハチミツがとれる。そして酸味のあるコーヒーにハチミツを加えると酸味が旨味に変化すると言われているのだ。実際はどうなのか飲んで検証してみる。


▲使うはちみつは杉養蜂園の「フランス産ひまわり蜜」。通常のはちみつよりも、こってりとした濃厚な味が楽しめる。

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出(はちみつ追加)

セブンプレミアムのモカブレンドにハチミツを加えて飲んでみると、自然な甘みがコーヒーの酸味とマッチして飲みやすい一杯に仕上がった。

酸味が旨味に変わった、という印象は受けないが、ストレートで飲むよりかは美味しい。甘党におすすめの飲み方だ。

まとめ

セブンプレミアムの「モカブレンド」をブラックで美味しく飲むならネルドリップがおすすめ。なかでも森彦のネルフィルターを使った一杯が、今回の検証のなかではもっとも美味しかった。

甘いのが苦手でなければハチミツを加えて飲むと、自然な甘みとコーヒーの酸味がマッチしておいしく楽しめる。

セブンプレミアムのモカブレンドは値段が安くたくさん飲めるのがポイントだが、少し味にこだわるなら正直、別のコーヒー豆を選んでほしいと感じた。

できることなら、あと少しお金をプラスして10倍おいしいコーヒー豆をあなたには飲んでもらいたい。品質の高いコーヒー豆は、ドリップ時にお部屋に広がる香りの良さも全然違い、ひとくち飲んだ時の幸福感がたまらない。香りが良くて甘みや旨味、コクの深いコーヒーは本当においしい。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事にランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考にしてもらえるとうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。