スタバ

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」は美味しくないがあっさりした口当たり

投稿日:


 

200gで32,400円のコーヒーを飲んだり、自分でハンドピックや焙煎も行うコーヒーブロガー山口がスタバの定番コーヒー豆「ブレックファーストブレンド」を3つのコーヒー器具で抽出して飲んでみた。

この「ブレックファーストブレンド」は、スタバのアンバサダー(ブラックエプロンの頂点。ナンバーワンバリスタのこと)もおすすめしているコーヒー豆で、「鮮やかなシトラス感とさわやかな酸味が特徴」だとコメントしていた。スタバの豆は総じて深煎りに焙煎されていて味の濃いものが多いが、すっきり爽やかに飲めそうな豆も飲んでレビューしたいと思って購入してみた。

結論からいうと、スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」は美味しくないが、これまで飲んできたスタバのコーヒー豆の中では一番あっさりして飲みやすい。

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」とは

公式ホームページによると、やや浅めに焙煎されて軽めながらほどよいコクのブレンドコーヒーで、鮮やかでシトラス感とさわやかな後味が特徴だという。名前のとおり一日の始まりにふさわしい、いきいきとしたコーヒーに仕上がっているそう。

さっそく購入したコーヒー豆を自宅に持ち帰って開封すると欠点豆がちらほら見られる。スタバの豆でを購入した後は、もはやお決まりとなりつつあるハンドピック(手作業で欠点豆を取り除くこと)を行いなるべく雑味の少ないコーヒーにする。

面倒だが少しでもおいしいコーヒーを楽しみたいならハンドピックは行ったほうがいい。しかし通常であればコーヒー専門店はもちろん、ドトールなどのコーヒーチェーンで豆を購入しても、ここまで多くの欠点豆は混入していない。スタバは僕の経験上、もっとも欠点豆が多いコーヒーショップである。

ブレックファーストブレンドの値段(税抜)

1,050円
※100gあたりの価格は420円

ブレックファーストブレンドの容量

250g

ブレックファーストブレンドの生産地

コロンビア

ブレックファーストブレンドの焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト ※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指す。

ブレックファーストブレンドの風味を5段階でみる

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」を3つのコーヒー器具で飲み比べ


▲左から
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(森彦のネルフィルター)

写真中央
・丸太衣料(マルタ)4枚接ぎネルフィルター

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、さらに美味しく飲むために、ほかの2つのコーヒー器具を厳選した。

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:スターバックス ミディアムロースト(中煎り)

豆の挽き具合:やや細挽き(カリタ・ニューカットミル:ダイヤル2にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

僕が愛用しているタカヒロ製のコーヒードリップポット雫 0.9Lは、お湯の注ぎ口が極細に作られていて、湯量のコントロールが誰でも簡単に行えるのが特徴。狙った通りの味に淹れることに特化しているコーヒー器具。新潟県燕市で製造されているため品質や丈夫さは折り紙つきだ。

近年ハンドドリップコーヒーを日本に広めた「ブルーボトルコーヒー」で使われているのも、このタカヒロ製のコーヒードリップポット。

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」をカリタニューカットミルでやや細めに挽き、コーヒー粉をハリオv60ドリッパーにセットする。

そしてタカヒロ製ドリップポット雫で静かにお湯を落としてドリップしていくとローストアーモンドのような香りが広がる。

さっそく一口飲んでみると、スタバの豆らしくないあっさりした味わい。スタバのコーヒー特有のクドさやしつこさが少なく飲みやすい。

苦味は少なく、酸味が強い。酸っぱいというほどでもないので飲み手を選ばない味わい。

残念ながら甘みや旨味はほどんどない。スタバのコーヒー豆にしては飲みやすいがリピートはしないだろう。

美味しくないコーヒーを飲んで僕のテンションはすでに下がりつつあるが、せめてもう少し飲みごたえのある一杯を楽しみたい。抽出に使うコーヒー豆を増やしてもいいのだが、それでは面白くないのでネルドリップ抽出を行って淹れてみよう。ネルドリップは使うフィルターによって味がまろやかになったり、すっきりと仕上がったりする。今回はマルタ製フィルターを使ってみる。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(マルタネルフィルター使用)

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」をマルタ製ネルフィルターで抽出すると、ややまろやかな味になりつつも、ハリオv60ドリッパーで淹れた時と大きな違いは感じない。

苦味をあまり感じず、酸味がやや強め。ハリオv60で淹れた時より酸味の角が少し取れた感じがする。

最後に札幌のネルドリップ専門店「森彦」が生んだ特製ネルフィルターを使って抽出してみよう。こちらも口当たりをまろやかにして甘みや旨味を抽出するのに向いているコーヒー器具である。 

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(森彦のネルフィルター使用)

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」を森彦のネルフィルターで抽出すると、苦味はほとんど感じられず、酸味が際立った仕上がりになった。酸味はマルタ製ネルフィルターで淹れた時よりも強く感じられる。

前回「コモドドラゴン」を飲んだ時もマルタ製ネルフィルターで飲んだ一杯が一番美味しかった。スタバのコーヒー豆とマルタ製ネルフィルターは相性が良いと言えそうだ。

まとめ

今回は4つのコーヒー器具を使ってスタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」を飲んでみたが、マルタ製ネルフィルターで抽出したコーヒーが一番「まずくないコーヒー」だと感じた。

スタバのコーヒー豆は今まで色々と飲んできたが、このブレックファーストブレンドは味にクセがなく一番飲みやすいコーヒーではある。ただ旨味や甘みがないので飲んでいても面白くないし、購入をおすすめできるような豆ではない。

100gあたり420円とスタバのコーヒー豆のなかでは若干安い値段だが、同じ中煎り豆を買うなら80円プラスしてドトールのコーヒー豆を買うことをおすすめする。

ドトールのコーヒー豆も値段のわりに美味しいが、できればあと少しお金をプラスして10倍おいしいコーヒー豆をあなたには飲んでもらいたい。品質の高いコーヒー豆はドリップ時にお部屋に広がる香りの良さも全然違い、ひとくち飲んだ時の幸福感がたまらない。香りが良くて甘みや旨味、コクの深いコーヒーは本当においしい。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事にランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考にしてもらえるとうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。