スターバックス

スタバのおすすめコーヒー豆は?年間260回以上スタバに通うマニアが語る

投稿日:2018年6月10日 更新日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スタバで販売されている「ハウスブレンド」など定番コーヒー豆と、季節限定コーヒー豆あわせて10種類以上のレビューをしてきた。

僕はスターバックスコーヒーに最低でも年間260回は通っており、ドリップコーヒー(本日のコーヒー)をグランデサイズでほぼ毎日飲んでいる。お店で飲んだコーヒーも含めれば、ほぼ全種類の豆を飲んでいるだろう。

もちろん、通常のスタバ店舗の豆だけでなく、スターバックスリザーブバーで販売されている高価なスペシャルティコーヒーも飲んできた。

これだけスタバに通っているので、「スタバのコーヒーが大好きなんですね」と言われることが多々ある。最初に断っておくが僕はスタバのコーヒーが大好きではない。

また、これだけスタバの売り上げに貢献しているので、「スタバからコーヒー豆を無料でもらっているんですか?」などとよく訊かれるが、そんなことはない。一部のサンプル以外、ほとんど自腹を切って飲んできた。

だからこそ消費者目線で公平なレビューができるし、美味しくないものは正直に「美味しくないからやめたほうがいい」と、あなたにもお伝えすることができる。

スタバのおすすめコーヒー豆は?

スターバックスコーヒーでは、アメリカの店舗で焙煎したコーヒー豆を船便で約1ヶ月かけて日本へ送る。※豆は輸送中も雑に扱われるので、日本へ届くころには割れたり欠けたり砕けたりする。

そこから各店舗に送られるのだが、スタバでは豆がそこまで売れないので、アメリカから輸送されたものがすぐに飲めるわけではない。店頭に並んでいる古い豆から口にすることになる。

すなわち、僕らが口にするコーヒーは焙煎から何ヶ月経過したのか解らないほど古くなっており鮮度が悪いのである。

コーヒー豆は鮮度が落ちると酸化してしまう。すると香ばしさが失われ、のどにへばりつくような後味の悪さが際立つ。

酸化したコーヒーは胃への負担も大きく、肝臓にも悪い。コーヒーを飲むと気持が悪くなったり、吐き気がする場合があるのだが、多くの場合は豆の酸化が原因である。

スターバックスのコーヒー豆は、食品にとって一番大切な「鮮度」が極めて悪いのである。

また、スターバックスは焙煎方法も、コーヒーの風味を台無しにしてしまう「熱風式焙煎」だ。※競合のタリーズも同様。ドトールは直火焙煎されている豆もある。

僕の経験上、直火焙煎と熱風式焙煎では味・香りに雲泥の差がある。僕のようにコーヒーを飲み慣れていなくても、鋭い味覚がなくても口に含んだ瞬間に違いがわかる。コーヒーの芳ばしい香り(香味)や、味の奥行きが全然違うのだ。

スタバのギフト用商品として広く知られている「スターバックス オリガミ」や「スターバックス ヴィア」など、コーヒーが粉の状態で販売されている商品は、もっとおすすめできない。

コーヒーは粉の状態になると、空気と接する面積が増えるため一気に酸化が進み、おいしくない。

これらの理由から、お湯を注ぐだけの「ドリップバック型コーヒー」や、コーヒー液を凝縮させた「インスタント型コーヒー」などのギフトを贈るのは本当におすすめしない。

スタバのコーヒーはネットでも「まずい」と散々言われているので、いまさら僕が語る必要もないかも知れないが、まずは僕が今まで飲んできたスタバのコーヒー豆の感想を見てほしい。

スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」をおすすめしない理由

カフェベロナの値段(税込)

1,339円
※100gあたりの価格は536円

カフェベロナの容量

250g

カフェベロナの生産地

  • インドネシア
  • ラテンアメリカ

カフェベロナの焙煎度合い

スターバックスダークロースト ※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

カフェベロナの風味を5段階でみる

カフェベロナを飲んだ感想

こちらのコーヒー豆は、このブログを始めたての頃に飲んだもので、今みたいにコーヒーの深い知識や味覚が備わってなかったように思うが、それでも美味しくないと感じたし、「この値段を出すならもっと美味しいコーヒーを飲んでほしい」と今でも思う。

スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」は、ダークココアのような口あたりで、バランスのとれた豊かな味わいと公式サイトに記されているが、実際は苦みが強すぎて、甘みや旨みがまるで感じられない。コクもなく味わいに深みが全く感じられない。

コーヒーの香味も弱く、雑味の原因となる欠点豆も多く混入している。ギフト用にはもちろん自分用としても、おすすめできないコーヒー豆である。

くれぐれも、パッケージに書いてあることを鵜呑みにしないように。

※パッケージに書いてあるとおりの風味が楽しめるコーヒーは極めて少ない。

スタバのコーヒー豆「アフリカキタム」をおすすめしない理由

アフリカキタムの値段(税込)

1,436円
※100gあたりの価格は575円

アフリカキタムの容量

250g

アフリカキタムの生産地

  • エチオピア
  • ケニア

アフリカキタムの焙煎度合い

スターバックスダークロースト ※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

アフリカキタムの風味を5段階でみる

アフリカキタムを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「アフリカキタム」は、柑橘類を思わせる穏やかな酸味に、ほのかなフローラルやハーブの香りが感じられると公式サイトに記されている。

「エチオピア モカ」がブレンドされているので、確かに柑橘類を思わせるフルーティーな風味が感じられるが、コーヒー豆が新鮮でないため、嫌味をともなう酸味がしつこく口に残る。後味のキレが良くないのだ。

そして、アフリカキタムをおすすめしない最大の理由は、値段の高さだ。

100gあたり575円といえば、土居珈琲や丸山珈琲、堀口珈琲などの名店のブレンドコーヒーに迫る値段で、とてもじゃないが値段に見合った価値はない。

ちなみに「エチオピア モカ」という銘柄は香りに強い特徴があるので自分用ならまだしも、ギフト用としては選ばないほうが無難。

スタバのコーヒー豆「グアテマラ・カシ・シエロ」をおすすめしない理由

グアテマラ・カシ・シエロの値段(税込)

1,954円
※100gあたりの価格は782円

グアテマラ・カシ・シエロの容量

250g

グアテマラ・カシ・シエロの焙煎度合い

スターバックスダークロースト ※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

グアテマラ・カシ・シエロの風味を5段階でみる

グアテマラ・カシ・シエロを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「グアテマラ・カシ・シエロ」は、くるみのような香り、浅めのコク、ほどよい苦みと強い酸味があるコーヒー。

スタバのコーヒー豆のなかでは「飲める」ほうだが、値段はスペシャルティコーヒー専門店の豆と同じくらい、非常に高い。

スタバに100gあたり782円という大金をはたくなら、土居珈琲や丸山珈琲、堀口珈琲など専門店の豆を通販で買うことをおすすめする。

スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」をオススメしない理由

ハウスブレンドの値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

ハウスブレンドの容量

250g

ハウスブレンドの焙煎度合い

スターバックスロースト ※中煎り。

ハウスブレンドの風味を5段階でみる

ハウスブレンドを飲んだ感想

「ハウスブレンド」は、スタバで一番人気のコーヒー豆だが、欠点豆が本当に多く、取り除くのが大変だった。


▲欠点豆をすべて取り除くと実質、抽出に使用できるコーヒー豆は187.5g。

バランスの取れた味でクセは少ないが、甘みも旨みもなく、豆の状態がひどいので購入はおすすめしない。

スタバのコーヒー豆「スマトラ」をオススメしない理由

スマトラの値段(税込)

1,231円
※100gあたりの価格は492円

スマトラの容量

250g

スマトラの生産地

インドネシア

スマトラの焙煎度合い

スターバックスダークロースト ※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

スマトラの風味を5段階でみる

スマトラを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「スマトラ」は、「深いコクとなめらかな口あたり、ハーブや大地のような風味が味わえ、忘れがたい印象を残してくれる」とパッケージに書いてある。

実際に飲むと、深いコクはないが味が異常に濃い。特に印象に残らないコーヒーであった。これを買うならドトールのカフェヨーロピアンを飲んだほうがまだいい。

スタバのコーヒー豆「グアテマラ・アンティグア」をオススメしない理由

グアテマラ・アンティグアの値段(税込)

1,339円
※100gあたりの価格は536円

グアテマラ・アンティグアの容量

250g

グアテマラ・アンティグアの生産地

グアテマラ

グアテマラ・アンティグアの焙煎度合い

スターバックスダークロースト ※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

グアテマラ・アンティグアの風味を5段階でみる

グアテマラ・アンティグアを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「スマトラ」は、「チョコレートやかすかなスパイス、レモンを感じる上品な酸味が幾重にも重なる味。味が複雑に絡みながらもエレガントで洗練されたコーヒーとある。」とパッケージに書いてある。

実際に飲むと、スターバックス特有のクドさが少なく苦味も控えめ。ただ甘みや旨みが少なくコクが浅い。

スタバの豆のなかでは出来が良い。しかし100gあたり536円の価値は感じられないだろう。

スタバのコーヒー豆「コモドドラゴン」をオススメしない理由

コモドドラゴンの値段(税込)

1,339円
※100gあたりの価格は536円

コモドドラゴンの容量

250g

コモドドラゴンの生産地

インドネシア、パプアニューギニア

コモドドラゴンの焙煎度合い

スターバックスダークロースト ※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

コモドドラゴンの風味を5段階でみる

コモドドラゴンを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「コモドドラゴン」は、風味が泥臭く、土臭くて飲みづらい。

味は濃いが甘みや旨味、コクが少ない。スタバの豆特有のクドさだけがノドの奥に居座る。

普段コーヒーをあまり飲まない人が飲んだら、一発でコーヒーが嫌いになるであろう味わい。

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」をオススメしない理由

ブレックファーストブレンドの値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

ブレックファーストブレンドの容量

250g

ブレックファーストブレンドの生産地

コロンビア

ブレックファーストブレンドの焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト ※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指す。

ブレックファーストブレンドの風味を5段階でみる

ブレックファーストブレンドを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」は、苦味よりも酸味が強い。甘みや旨味がほぼないので、酸味ばかりが際立っている。

スタバのコーヒー豆にしてはあっさりして飲みやすいが、これならドトールのマイルドブレンドのほうが少し安くてマシな味である。

スタバのコーヒー豆「エチオピア」をオススメしない理由

エチオピアの値段(税込)

1,436円
※100gあたりの価格は575円

エチオピアの容量

250g

エチオピアの生産地

  • エチオピア シダモ
  • エチオピア リム

エチオピアの焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト ※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指す。

エチオピアの風味を5段階でみる

エチオピアを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「エチオピア」は、一般的なエチオピア モカの酸味がなく、ほんのりとした苦味がある。

旨味や甘み、コクや味の奥行きはない。この豆に1,436円を払うなら札幌の森彦で販売されている「No.4 深モカ」を飲みたい。

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」をオススメしない理由

ライトノートブレンドの値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

ライトノートブレンドの容量

250g

ライトノートブレンドの生産地

  • コロンビア
  • ブラジル

ライトノートブレンドの焙煎度合い

スターバックスブロンドロースト ※浅煎り。ミディアムロースト〜ハイローストまでを指す。

ライトノートブレンドの風味を5段階でみる

ライトノートブレンドを飲んだ感想

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」は、苦味と酸味のバランスが良く、スタバの豆特有のクドさやしつこさを感じない。

ただコクや甘み、旨味が感じられないのでコーヒー好きにとっては退屈な味で面白みがない。

スタバのコーヒー豆を飲んできた感想まとめ

スタバのコーヒー豆を飲んできた感想をまとめると、どれも味の奥行きや深いコク、甘みや旨みがない。

冒頭にお伝えしたとおり、すべての豆は酸化しており風味が飛んでいる。また味を悪くする欠点豆の混入も多い。

ミルクを入れて飲んだら良さそうに思えるが、実際に試すとコーヒーの風味が弱いので味が負けてしまいがち。

スタバのコーヒー豆は、お金を払って買う価値があるとは思えない。自腹を切って飲んできた僕が感じた正直な感想だ。

通販で買えるおすすめの美味しいコーヒー豆

スタバでグアテマラを買うと1,954円なのだが、正直それだけのお金を払えばコーヒー豆の専門店で格別の味わいが楽しめるうえ、10倍は満足感が違うはずだ。

先ほど少し触れた「土居珈琲」や「丸山珈琲」、「堀口珈琲」のような専門店では、焙煎したてのコーヒー豆を届けてくれるので、非常に高い鮮度のコーヒーが飲める。※粉に挽いて届けてもらう場合、飲まない分をキャニスター(保存容器)に入れて空気に触れさせないように。

また、優れた焙煎技術で品質の高い生豆を焼いているので、コーヒーが本来持っている甘み・旨みが堪能できる。

僕もこれらのコーヒーを飲み、「本当においしいコーヒー」の味を体験したことによって、「コーヒー豆200gで32,400円」などという価格に惑わされず、感じたとおりに正直な気持ちをレビューできている。

日本一のカフェと評される「カフェ・ド・ランブル」のコーヒーも美味しかったが、ここまでご紹介してきた専門店のコーヒーは格別だ。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事にランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考にしてもらえるとうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。