スタバ

スターバックスコーヒー道後温泉駅舎店12月22日(金)オープン

投稿日:2017年11月7日 更新日:


コーヒーブロガー山口が全国のカフェに関する新情報をお届けする。

今回お届けする情報は、愛媛県にスタバの新店舗がオープンするというもの。

スターバックスコーヒージャパンは2017年12月22日、日本でもっとも歴史が長い温泉といわれる道後温泉の玄関口である明治洋風建築の伊予鉄道(いよてつどう)道後温泉駅の駅舎に「スターバックスコーヒー道後温泉駅舎店」を出店すると発表。




今回オープンする新店舗は、駅の中にお店をひとつ作るというものではなく、なんと道後温泉駅の駅舎を一棟まるごとスターバックスとして出店するという。

スタバの新店舗となる建物は、明治44年(1911年)に建てられた明治洋風建築の旧駅舎を昭和61年にリノベーション、3代目の駅舎として道後の街で地元住民の方や多くの観光客に親しまれてきた。

そんな伊予鉄道の創立130周年を機に、駅の利便性アップさせるために道後温泉駅のリニューアルを行う。

スターバックスはこのリニューアルにともない、古い歴史がある道後の新たなコミュニティの拠点となることを目指し、これからも地域住民や多くの観光客に愛される存在であり続けるよう決意と願いを込め、店舗のオープンに至った。

新店舗は明治時代の面影をあえて残し、文明開化の香りを彷彿とさせる洋館の佇まいを楽しめるような空間となっている。

「旅行の途中で飲むコーヒー」と「鉄道の旅」をヒントに、コンセプトを「Line to Coffee Travel」(鉄道とコーヒーの旅)として、お客さんをスターバックスのコーヒーの世界へいざなう、くつろぎの場所を作り上げたという。




スターバックスコーヒー道後温泉駅舎店の店内


▲スターバックスコーヒー道後温泉駅舎店の1階

枕木をふんだんに使用した1階のカウンター、その後ろには窓が設置されている。

僕も全国各地のスタバをいろいろ訪れたが、カウンターの後ろに窓が付いているスタバはこれまで見たことがない。

コーヒーの香りとともに電車が行き交う様子が見れるので、まるで旅のはじまりのような気分になれそうな、心が高まる演出だ。


▲スターバックスコーヒー道後温泉駅舎店2階の一部

2階はソファ席とテーブル席の2つのエリアで構成されている。

コーヒーや鉄道の旅をヒントとした、どことなくパスポートを思わせるようなアートワークが印象的だ。

また、テーブルは枕木とレールで作られたものを配置していて、なかなか面白いアイデアだ。

内装は鉄道や輸送に関連したデザインで、1階からの旅の続きを演出している。

デザインの各所に、コーヒーと鉄道を感じられるような工夫がなされており、この店舗だけで感じられる特別な時間を楽しむことができる。

スタバマニアなら、ぜひとも一度は訪れたい店舗だ。

店舗情報

スターバックス コーヒー 道後温泉駅舎店
住所:愛媛県松山市道後町1丁目10-12
営業時間:8:00-21:00
店舗面積:約145.75m² (44.09坪)
席数:53席(店内45席 テラス8席)
オープン:2017年12月22日(金)


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。