タリーズコーヒー

タリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」は意外に鮮度が悪く残念な味

投稿日:


 

200gで32,400円の超高級コーヒーを飲んだり、自分で焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、タリーズコーヒーで販売されている定番のコーヒー豆「ハウスブレンド」を飲んでみた。

同じ大手コーヒーチェーンのスターバックスジャパンで使われるコーヒー豆は、アメリカで焙煎しているのに対して、タリーズコーヒージャパンは日本国内で焙煎を行っているのが両者の最大の違いといってもいいだろう。実際にタリーズコーヒージャパンでは日本国内で焙煎していること強調しており、コーヒー豆の鮮度の高さをウリだと謳っている。

結論から言うと、スタバの定番豆「ハウスブレンド」も、タリーズの「ハウスブレンド」も味に大差はなく、正直どちらも個人的にはおすすめできない残念な味だった。

そんなタリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」をどうにか美味しく飲む方法はないかと考え、複数の抽出器具を用いて飲んでみたり、豆の量を調節したりと実験を重ねてみたので、もっともおすすめの飲み方をご紹介する。

タリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」

パッケージには「ほどよいボディとすっきりとした味わい、スムースな飲み口。バランスがよく飲みやすい」と記されている。バランスを重視して作られている感じはするが、酸味がやや強め。酸味のあるコーヒーが好みじゃないなら購入は控えたほうがいい。コーヒー豆の値段は100gで525円と平均的。

価格

1050円(税込)

容量

200g

 

ブレンドされているコーヒー豆の種類

コロンビア、グァテマラ、他

焙煎度合い

中深煎り(シティロースト〜フルシティロースト)

風味を5段階でみる

コーヒー豆の状態

タリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」は、スタバのハウスブレンドと比較して欠点豆が少なく、買ってすぐに飲める状態。焼きムラも多くないので、ここまでは期待が膨らんだ。

タリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」を3つの器具で抽出


▲右から
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(丸太衣料(マルタ)4枚接ぎネルフィルター)
・Kalita(カリタ)3つ穴ドリッパー

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、さらに美味しく飲むために、ほかの2つのコーヒー器具を厳選して飲んでみた。

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:中深煎り(シティロースト〜フルシティロースト)

豆の挽き具合:やや細挽き(カリタニューカットミルを使用。ダイヤル2番で挽く)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

カリタニューカットミルでやや細めに挽いたタリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」を、ハリオV60ドリッパーにセットし、タカヒロ製のドリップポット雫を使ってお湯を静かに落としていく。

するとコーヒー豆の芳ばしい香りとともに柑橘系のフルーツのような香りがほのかに感じられる。

ただ、国内焙煎をウリにしているわりにはコーヒー豆がドリップ時にドーム状に膨らまない。豆も膨らみは鮮度を良し悪しを判断する重要な材料のひとつなので、残念に感じた。

さっそく一口飲んでみると、パッケージにも記されているように苦味と酸味のバランスを重視した味わい。多くの人が飲めそうな無難な味を目指したと思われるが、味は正直スタバのコーヒー豆と大差ない。

口に含んだ時に、鼻から抜ける風味が本当にスターバックスのコーヒー豆に似ていて、同じ場所で焙煎しているのか?と思うほど酷似している。

旨味や甘みは感じられず、味に奥行きなども感じられないので、コーヒー好きは満足しないだろう味わい。個人的に今後リピートすることはないだろう。

飲み進めていくと、ノドの奥に酸味を含んだクドさやしつこさが残る。味がかなり濃いコーヒー豆なので、すっきり飲むならコーヒー160mlに対して豆12gくらいで良さそうだ。

今度はカリタ3つ穴ドリッパーで抽出したコーヒーを飲んでみる。せっかくなので豆の量も16gから12gに減らして飲んでみる。これならもう少しすっきりと嫌味なく飲めるはずだ。

Kalita(カリタ)3つ穴ドリッパーで抽出

タリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」をカリタ3つ穴ドリッパーで抽出して飲んでみると、狙い通りすっきりと飲みやすい一杯になった。

使うコーヒー豆の分量を減らしたため濃すぎた味は薄まり、豆本来のナッツのような味も感じられるようになった。

また、カリタ3つ穴ドリッパーで抽出すると苦味よりも酸味が強く感じられ、飲み手を選ぶ一杯になったという印象。僕は酸味のあるコーヒーを好んで飲まないので、やはりリピートはしないだろう。

薄く抽出したわりには後味に酸味を含むしつこさが残ってしまう。これは鮮度の問題なのか豆の品質の問題なのかをこの場で特定するのは難しいが、美味しさが感じられないうえ、すぐに飽きがくる味わいだ。

最後にネルドリップで淹れたコーヒーを飲んでみよう。使うネルフィルターはマルタ製。このフィルターを使うと酸味の角が取れて、まろやかな口当たりになり飲みやすくなる。

くどさやしつこさを軽減したいので、豆の量もさらに減らし10gで160mlのコーヒーを抽出してみる。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(マルタネルフィルター使用)

タリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」をマルタ製ネルフィルターで抽出して飲んでみると、苦味と酸味のバランスが整って、これまででもっとも飲みやすい一杯になった。

後味もすっきりとキレが良いので、まさに狙ったとおりの味に仕上がった。しかし豆の量を16gから10gに減らしたので、ボディ感がなくなり味も薄く個人的には飲みごたえに欠けるように感じた。

まとめ

今回は、タリーズコーヒーの豆「ハウスブレンド」を3つの抽出器具を使って淹れて飲んでみた。

国内焙煎していて豆の鮮度が高いとタリーズコーヒーの公式サイトでも謳っているが、ズバリ鮮度はよろしくないうえ、旨みも感じられなかった。

もし、この豆をギフトでもらっていたりしたら、豆10gを使ってコーヒーを抽出するといい。嫌味のないアメリカンコーヒーのような味わいを楽しめる。

濃厚な一杯を求めるなら豆12gでコーヒーを抽出すると良いが、この豆を濃いめに飲むことを僕はおすすめしない。酸味を含んだクドさやしつこさがノドの奥に居座るからだ。

100g525円という値段は決して安くなく、この価格帯はドトールの豆をはじめ美味しいコーヒーが多く存在する激戦区だ。

感動するような美味しさは100gで700円ほど出せば手に入る。タリーズやドトールに比べるとやや高く感じるかも知れないが、大手コーヒーチェーンの10倍は美味しい。そんなこだわりの一杯をあなたには飲んでもらいたい。

品質の高いコーヒー豆は、ドリップ時にお部屋に広がる香りの良さも全然違い、ひとくち飲んだ時の幸福感がたまらない。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事にランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考にしてもらえるとうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。