タリーズコーヒー

タリーズがアル-シャ種100%のコーヒーを12月8日(金)発売

投稿日:2017年12月5日 更新日:


コーヒーブロガー山口がタリーズの新豆に関する情報をお伝え。

タリーズコーヒーは季節限定のコーヒー豆「パプアニューギニア タイガド スペシャル」「クラシック マディソンブレンド」を2017年12月8日(金)より発売。

「 パプアニューギニア タイガド スペシャル 」は、パプアニューギニア東部のアイユラエリアで生産されるアル-シャ種100%のコーヒー。

アル-シャ種は、アラビカ種の一種であるティピカ種の突然変異種。

タンザニアの「アルーシャ地区」で栽培されたのが初めで、その後はパプアニューギニアに持ち込まれ、今では同国で栽培されている。

生産量が少なく希少性が高いといわれていて、確かに僕もあまり目にしたことがない。

そんな「 パプアニューギニア タイガド スペシャル 」の味はというと、アップルやカシスを思わせるジューシーな酸味、爽やかなフレーバーを持ち、明るい印象の味わいに仕上がっているという。

「マディソン ブレンド」は2010年まで販売し、今回タリーズコーヒー創業20周年を記念し、従業員向けにアンケートを採ったところ「復刻してほしいコーヒー豆」第1位になった豆だそう。

当時の味わいを再現し、この度「 クラシック マディソンブレンド 」として発売。

コロンビア産の爽やかな味わいに、フレンチローストの深いコクをプラスし、スムースな飲み口ながらもアクセントにスモーキー感のあるコーヒー。

パッケージは歴代の“マディソン ブレンド ”にも登場した、シアトルの街を象徴する塔「スペースニードル」をアイコンにし、どこか懐かしさを感じるイラストタッチのデザインで仕上げている。

◆“マディソン ブレンド ”の由来
米国タリーズ創業当時、3店舗目となるお店がシアトルの“マディソンストリート”沿いにオープンし「マディソンブレンド」はその記念として作られた。

<商品名・価格>


▲パプアニューギニア タイガド スペシャル
1,230円(200g/1袋)
【原産地】 パプアニューギニア
【味わいを表すキーワード】
Apple (リンゴのような)
Bright (明るい)
Aromatic(香り高い)

「 クラシック マディソンブレンド 」
1,100円(200g/1袋)
【原産地】 コロンビア、グァテマラ他
【味わいを表すキーワード】
Bright (明るい)
Rich(豊かな)
Complex(複雑な)

※価格は全て税込み。また一部取扱いのない店舗もあるので事前に確認しておくのが良さそう。

どちらの豆も実際に飲んだらレビューするので、楽しみにしてほしい!


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。