フラッペ

ファミマ新作「スイカフラッペ」の作り方や味、カロリーは?

投稿日:2018年6月13日 更新日:


 

コーヒーマシンの濃厚なミルクを注いで作る「ファミマカフェ」のフラッペシリーズから、夏っぽさ全開の「スイカフラッペ」が登場!

先日より数量限定で販売されたファミマのチョコミントフラッペがまだ登場したばかりだというのに、最近のファミマは新作登場までのスパンが本当に短い。

しかも、このスイカフラッペは今回が初登場となるので、発売前からツイッターでも盛り上がりを見せている。

そんなファミマ新作「スイカフラッペ」の販売期間や作り方、どんな味なのか?

そしてカロリーなども一緒に見ていきましょう。

ファミマ新作「スイカフラッペ」

販売期間はいつまで?

ファミマ新作「スイカフラッペ」の販売期間は、2018年6月17日(日)から終了日未定。※数量限定販売。なくなり次第終了。沖縄県では取り扱いなし。

値段(税込)

250円

カロリー

182キロカロリー

どんな味?

ファミマ新作「スイカフラッペ」は、甘みが特徴の『ブラックビューティー』種の果汁を使っている。

ブラックビューティーとは、一般的には黒くツヤのある果実で、世界的に人気を誇る「ナス」の品種のことを指す。今回のスイカフラッペには品種改良したスイカの果汁を使っているということだろうか。

作り方

ファミマ新作「スイカフラッペ」の作り方だが、まずレジで注文して(もしくは冷凍ケースから自分で取ってくる)カップをもらったら、手で十分に揉みほぐしましょう。


▲冷凍ケースに並んでいるスイカフラッペを持ってレジへ

これをやらないと、氷がうまく溶けずに中身がダマになってしまう。するとストローで吸いづらくなって飲みづらくなるので、十分に手で揉みほぐしましょう。

揉みほぐしたらコーヒーマシンに「スイカフラッペ」をセットし、ミルクボタンを一回押す。

すると濃厚なミルクが5秒間ほどマシンから出てくる。

ミルクを注ぎ終えたら、ストローやマドラーで氷をザクザク砕いて混ぜ合わせて完成。

※基本的にファミマ新作フラッペは、マドラーだとかき回しづらいので、フラッペ用の太いストローを使うことをおすすめする。

飲んだ感想は?

ファミマカフェの「スイカフラッペ」を飲んだ感想だが、スイカの種が噛みごたえ抜群の粒状チョコで表現されていて、想像よりもカリカリ食感になっている。かなり硬いので心して噛むように。

甘さは控えめ。チョコレートも甘さは控えめなので非甘党でも飲めるだろう。

個人的には、ロッテアイスから販売されている「スイカバー」のような味ではないかと予想していたが、本当にスイカバーを溶かしてミルクを入れた感じである。

ただこのミルクが曲者で、ファミマカフェのミルクは味が相当に濃厚なのだ。

そのためスイカの風味が、ミルクの強すぎる風味に負けてしまい、スイカ感が薄れてしまっているのが残念であった。

「ミルクとスイカのハーモニーを楽しんでほしい」、というコンセプトのもと作られたドリンクであれば良くできた商品だったが、「まるでスイカ果汁を飲んでいるかのよう」と宣伝しているわりには、スイカ果汁感は微妙だと僕は感じた。

まとめ

全国のファミリーマートで新作フラッペ「スイカフラッペ」が2018年6月17日より登場。

残念ながら沖縄県では取り扱いがない。沖縄はファミマが多い地域の一つなので、悲しんでいる人も多いだろう。

暑い日々が続くこの時期にぴったりの一杯だが、数量限定での販売でなくなり次第終了なので、興味があれば早めに飲んでおくのがよさそうだ。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。