コーヒーに関する情報 ネルドリップ

ネルドリップの特徴、おすすめの器具、ネルフィルターの手入れ方法

投稿日:2017年8月10日 更新日:


 

ネルドリップコーヒーをこよなく愛するコーヒーブロガー山口が、ネルドリップの特徴や、ネルフィルターの手入れなどについて述べていく。

ネルドリップとは?

ネルドリップとは、一般的に使われる紙フィルターでなく、布フィルターでドリップする抽出方法を指す。

この布フィルターの素材を「フランネル」といい、柔らかく厚手のもので、ネルシャツのネルはフランネルを略したもの。

▲ネルシャツの素材がコーヒー抽出に使われる。

ネルドリップの特徴

ネルドリップの特徴だが、一度抽出するたびに捨てる紙フィルターと違い、ネルは何度も繰り返し使うことができる。

使う回数が増えるほどコーヒーの粗脂肪などの成分がネルに付着し、お湯が落ちにくくなる。

すると、お湯とコーヒー粉との接触時間が長くなるためペーパードリップでの抽出よりも、コーヒーの抽出液が濃くなる傾向にある。

また、何度も使ったネルは香ばしい風味を持つコーヒーオイルを通しやすくなるのも特徴。

ペーパーも本来オイルを通す性質を持っているが、ペーパーは水に濡れるとオイルに反発する性質へと変化する。

これが、ペーパードリップではオイルを通さないと言われる所以だ。

ネルドリップは究極の抽出方法とも言われているが、ネルフィルターはペーパーフィルターに比べて手間がかかるため一長一短である。

おすすめのネルドリップ器具

僕は長い期間、ハリオ製ドリップポット ウッドネックという、ネルドリップ器具を使っている。

こちらは、抽出したコーヒーを受けとめる「サーバー」と「ネルフィルター」、持ち手がウッド調になった「ろか器」がセットになったもので、届いたその日からすぐに使えるのがうれしい。

これだけ揃って安価なため、多くのコーヒーファンが愛用しているネルドリップ器具のひとつである。

 

 

ネルフィルターを使う前の準備

ネルフィルターを使う前の準備だが、まずはネルフィルターを軽く水洗いして、沸騰したお湯に投入し、お湯が黄色くなるまで煮沸しよう。

この作業の目的は、

  • ネルフィルターに付着している黄色い糊(のり)を取り除く

ことである。

ネルフィルターに付着している糊は、黄色く特有の臭いがあるので、この作業は美味しいコーヒーを飲むうえで欠かせない。

なお、僕はコーヒーとネルフィルターの馴染みを良くするために、使用済みのコーヒー粉も一緒に入れて煮沸している。

煮沸が終わって糊を取り除いたら、ろか器にネルフィルターをセットしてみよう。

ろか器にネルフィルターをセット


▲ろか器の先端部分を、ネルフィルターの穴に通す。


▲穴へ通すことができたら、ろか器の根元まで持っていく。

ネルフィルターの装着が完了し、ネルドリップの準備が整った。

写真では起毛面が外側になっているが、起毛面が外側になっていても良い。

一般的には

  • コーヒーの微粒子による微妙な味わいを重視する場合には、外側起毛が良い。
  • コーヒーの微粒子を通さず、舌触りの滑らかさを重視する場合には、内側起毛が良い。

とされている。

抽出する環境や、淹れ手の技術によってコーヒーの味というものは大きく変わるため、ここではどちらがおすすめか?については述べない。

自身でいろいろ試して、好みの味を発見してほしい。

ネルフィルターにコーヒー粉を投入

いよいよ、ネルフィルターにコーヒー粉を投入していく。

豆から粉に挽くとき、僕は微粉を少なくするために最近では中挽き〜粗挽きにすることが多い。

使うコーヒー豆(粉)の量も好みで調節してほしいが、僕はコーヒー液160mlを抽出するのに16gの豆を使っている。

いよいよネルドリップ

細口ポットを使って、ゆっくりと静かにお湯と落としていき、「の」の字を描くようにお湯を落としていく。

抽出にかける時間も、豆によって長時間の抽出に耐えられるものと、そうでないものがあるので、一概に「2分30秒で」などと言えない。

味を見ながら、その都度美味しく淹れられるようにいろいろ試してほしい。

完成

ペーパードリップと比べて舌触りのなめらかさや、酸味を抽出度合い、味のまとまり具合が明らかに異なる。

ネルドリップは手間はかかるが究極の抽出方法といえ、コーヒーを最高に美味しく淹れる唯一の方法である。

使い終わったネルフィルターは?

水で軽くもみ洗いしてから煮沸洗浄を行う。

水に浸けて冷蔵庫へ

煮沸洗浄が終わったネルフィルターは、水に浸けて冷蔵庫で保存しよう。

僕は、上の写真のように水入りタッパーにネルフィルターを入れている。水はできれば毎日取り替えるのが望ましい。

ネルフィルターをたまにしか使わない場合は、水気を切ってジップロックなどの袋に入れて冷凍庫で保存する。

再び使う際は、お湯をかけるなどして解凍する。

ネルフィルターの寿命は?

ネルフィルターの寿命だが、各メーカーによって推奨している目安がある。

僕が愛用しているマルタ製ネルフィルターは、60回の使用が交換の目安となっている。

 

 

美味しいコーヒーを淹れるために、つぎの記事も参考になればうれしい。

美味しいコーヒーを淹れるために欠かせない2つの条件

 


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。