スタバ

スタバ【ホイップクリーム】追加・増量・減量の値段やカロリー

投稿日:2016年7月17日 更新日:


 

年間260回以上スタバに通うスターバックスマニア山口が、スタバで行えるカスタマイズ【ホイップクリーム】追加・増量・減量の値段やカロリーを説明します。

【あなたへおすすめしたい記事】

ホイップクリームの追加・増量・減量の値段やカロリー

説明

「ホイップクリーム(追加・増量・減量)」はスタバでオーダーできるカスタマイズです。

スタバでは全てのドリンクやフードメニューにホイップクリームを追加可能。

注文したドリンクにホイップを追加する場合はプラス50円。

フードにホイップを追加する場合はプラス30円になります。

フラペチーノなど、もともとホイップクリームを使っているドリンクは無料で2倍の量まで増量ができます。

また「ホイップの量を半分に減量してカロリーを低くする」なんてことも可能です。

※もちろん料金はかかりません。

スタバのホイップクリームは無糖

スタバのホイップクリームは無糖で甘みはほとんどありません。

ホイップクリームの原材料ですが、動物性油脂(純生クリーム)と植物性油脂(ホイップクリーム)を混ぜ合わせたコンパウンドクリーム「中沢ナイスホイップG」を使っています。

中沢ナイスホイップGは、純生クリームの味とまろやかさ、ホイップクリームのしっかりとした保形性や扱いやすさが合わさった良いとこ取りのコンパウンドクリームです。

その使いやすさゆえに1964年の発売から、多くのファンに長く愛されています。

 

※以前はタカナシのコンパウンドクリーム「ガトーモンテ」を使っていました。

 

※Amazonでは販売されていません。

ホイップを作る器具

スタバのホイップクリームは「エスプーマ アドバンス」という器具を使って「中沢ナイスホイップG」に亜酸化窒素ガスを充填して作ります。


▲エスプーマ アドバンス

 

持ち帰りのフードには追加できない

ちなみにスタバではフードメニューを持ち帰る場合、ホイップクリームを追加することができません。

これは、ホイップクリームの傷みやすさが理由だと推測されます。

一般的に、開封した純生クリームの消費期限は1日〜2日といわれています。

同じく開封したホイップクリームの消費期限は、純生クリームより長いと言われていますが、やはり傷みやすいことは確かでしょう。

ホイップのスタバ用語

スターバックスでは店員さん同士で使うスタバ用語があります。

スタバ用語では「ホイップ多め」や「ホイップ少なめ」を

  • エクストラホイップ(多め)
  • ライトホイップ(少なめ)
  • ノンホイップ(なし)

といいます。

もちろん僕たちがレジで店員さんに伝えても対応してくれます。

フラペチーノに乗せるホイップの量は1週半

スタバで販売されるほとんどのフラペチーノには最初からホイップクリームがドリンクの上に乗っています。

このホイップの量は「トールサイズでホイップ1週半」と決まっています。

しかし、まれに「フタ無し」で注文するとホイップを規定の量よりも多く乗せてくれることがあります。

コーヒークリームの追加・変更

スタバでは抹茶スモアフラペチーノのような期間限定ドリンクが早期完売すると、コーヒークリームを使った

が登場します。

上記2種類のドリンクが販売されている間、抹茶クリームフラペチーノのような定番メニューに使われる白いホイップをコーヒークリームに変更できます。

また通常の白いホイップの上にコーヒークリームを追加することも可能です。


▲通常の白いホイップクリームをコーヒークリームに変更した抹茶クリームフラペチーノ

コーヒークリームへの変更も、変更後の増量も追加料金はかかりません。

値段(税抜)

  • ホイップクリームを追加(+50円)
    ※フードメニューへの追加は+30円
  • ホイップクリームを増量(無料)
  • ホイップクリームを減量(無料)

カロリー

83キロカロリー(トールサイズの場合)
出典:スターバックス公式ホームページ

注文方法

  1. 好きなメニューを注文
  2. 「ホイップを追加(増量、減量)してください」とオーダー
  3. 完成

コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。