コーヒー豆の通販レビュー

秋田コーヒーの「手網焙煎豆」3種を飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、おいしいコーヒーを飲むために焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、手網焙煎を行っている秋田コーヒーの豆「コロンビア、ブラジル、キリマンジャロ」3種類を飲んだ感想を正直に述べる。

秋田コーヒー「手網焙煎豆」

手網焙煎とは、次の写真のような焙煎方法である。

一回で多くのコーヒー豆を焙煎することはできないが、ガス直火による焙煎なのでコーヒー豆に香味をつけることができる。

そんな手網焙煎豆を100g500円〜でネット通販しているのが、秋田コーヒーである。

秋田コーヒーの豆の値段(税込)

500円〜

容量

100g

こんな感じで豆を挽いたりしました

豆の挽き具合:中挽き(カリタニューカットミル:ダイヤル3にセット)

豆と湯の量:16g 150cc

お湯の温度:85℃

蒸らし時間:30秒

その他コーヒー器具:カリタ ホーロー製コーヒーポット ペリカン1.0L

 

秋田コーヒーの豆3種類のネルドリップ

ブラジルNo.2


▲深入りされた秋田コーヒーの豆「ブラジルNo.2」は割れたり欠けたりの欠点豆はほぼ見られない。

秋田コーヒーのブラジルNo.2を5段階で見る↓

中挽きにした秋田コーヒーのブラジルのNo.2をマルタ製ネルフィルターにセットし、静かにお湯を落としていく。

湯に触れたコーヒー粉は大きくドーム状に膨らみ、鮮度の良さを示している。

さっそく一口飲んでみると、ほどよいコクとボディ感、苦みと酸味がバランス良く感じられる。

秋田コーヒーのブラジルNo.2は、ブラジル豆特有のシャープな苦みもありながら、旨味や甘みも感じられ、ふくよかな味である。

生クリームやミルクと合わせても、コーヒーの風味が負けないコクが感じられる。

自家焙煎された秋田コーヒーのブラジルNo.2は、個人的には好きな一杯である。

次はコロンビア スプレモを飲んでみる。

コロンビア スプレモ


▲深入りされた秋田コーヒーの豆「コロンビア スプレモ」も、割れたり欠けたりの欠点豆はほぼ見られず。

秋田コーヒーのコロンビア スプレモを5段階で見る↓

秋田コーヒーの「コロンビア スプレモ」をマルタ製ネルフィルターで抽出して飲んでみると、苦みと酸味が感じられる。

先ほどのブラジルNo.2で感じられたような旨味や甘みがないため、苦みが非常に際立っている。個人的には飲みづらいコーヒーだと感じた。

最後にタンザニア キリマンジャロAAを飲んでみる。

タンザニア キリマンジャロAA

秋田コーヒーのタンザニア キリマンジャロAAを5段階で見る↓

秋田コーヒーのタンザニア キリマンジャロAAをマルタ製ネルフィルターで抽出して飲んでみると、ほのかに酸味が感じられる。

すべての味の要素に輪郭がなく、旨味や甘みはもちろん、香味やコクなどコーヒーに必要不可欠なものが全てどこかへ吹き飛んでしまっている印象。

まとめ

今回は手網焙煎を行っている秋田コーヒーの豆3種を飲んでみた。

いずれの豆も、割れたり欠けたりの欠点豆がほとんど見られず、焼きムラのある豆なども、ハンドピックにより取り除かれているので見当たらなかった。

なかでも「ブラジルNo.2」は味のバランスが整ったコーヒーで、個人的には好きな一杯であった。ほかの2種類については今後に期待したい。

いずれも100g500円〜販売されているが、個人的には「ここで買わなければいけない理由」が見つからなかった。

100g500円という価格帯はコーヒー市場でも超激戦区で、直火焙煎というカテゴリにおいては備長炭炭火焙煎を行う「南蛮屋」や「高島屋珈琲」などプロの焙煎師が並々ならぬ気合で仕事をしている。

そんな彼らが焙煎したコーヒー豆からは豊かな甘みと旨味、奥行き・立体感のある味わいが堪能できるのである。

そういう体験ができれば、秋田コーヒーの価値はより高いものになりそうだと感じた。


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバで使える高還元率のおすすめクレジットカードは?|スタバカードにチャージしてポイント二重取りが最強です

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説

ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓