記事タイトル下広告



ブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒーからコールドブリューが缶で登場!

投稿日:

 

一般的なカフェで飲めるコーヒーとは一味違ったフルーティーな風味が楽しめるブルーボトルコーヒーから「コールドブリュー(アイスコーヒー)」が缶で登場!

ブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒーの豆の味や香りについては、このブログでもレビューをしているが、基本的に焙煎してから2日経過したものを取り扱うため鮮度が良い。鮮度が悪いコーヒーの酸味はノドにへばりつくような嫌な酸味でモノによっては飲み続けると気持ち悪くなるようなコーヒーも存在する。

しかしブルーボトルコーヒーの酸味は舌の上でスーッと消えていく爽やかさがあり、変わった風味なのに飲みやすいのが特徴だ。

どんな風味かというと、ベリーやオレンジのようなフルーティーさやキャラメルのような甘さ、そして花のような華やかな香りが楽しめたりと、一般的なカフェのコーヒーとは一線を画す味わいが楽しめる。

全体的にコーヒーの値段は高めだが、スターバックスでコーヒー豆を買うくらいならブルーボトルコーヒーの豆を強くおすすめする。

好みは分かれる風味だが、モカやキリマンジャロなどの華やかな風味が好きならきっと気にいるだろう。

そんなブルーボトルコーヒーの味が、手軽で缶コーヒーとして楽しめるようになった。

ブルーボトルコーヒーのコールドブリュー

ブルーボトルコーヒーで販売する「コールドブリュー」は、公園やキャンプ、海などのアウトドアシーンなどで、いつもと違うちょっと特別なコーヒーを飲みたい時に便利だ。

赤みがかったガーネットの色のコールドブリューは、フローラルやフルーティな香りを漂わせ、創業者のジェームス・フリーマンが「ブルゴーニュ産ワインのような明るさ」と表現するように、レッドベリーやミルクチョコレートのようなスムースな口当たりが楽しめる。

外のレジャータイムにクリアな味わいのコールドブリューを楽しんでみてはいかがだろうか。

発売日

発売日は2018年4月23日(月)

販売店舗

販売店舗は全国のブルーボトルコーヒー店舗

店舗に行けない場合は?

なかなか店舗に行けないという場合にはブルーボトルコーヒーの公式通販サイトでコーヒー豆を買って自宅で作ってタンブラーやボトルに注いで持っていくのがおすすめ。

正直、コールドブリュー缶よりおいしいコーヒーが飲める。

僕も外出時はコーヒー豆を挽いてドリッパーで抽出したものをThermos(サーモス)のステンレスボトルに注いで持っていく。

ブルーボトルコーヒーでおすすめできるコーヒー豆だが、創業時から定番人気の「ベラ・ドノヴァン」がおすすめ。キャラメルのような甘い風味とオレンジやベリー系果実のようなフルーティーさが楽しめる。

ブルーボトルコーヒーの「ベラ・ドノヴァン」は公式通販ページ(楽天)で購入可能だ。

_________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆10選

コーヒーギフトおすすめ人気24選【おしゃれ・高級・スタバなど各ジャンルまとめ】

コーヒードリッパーおすすめ5種を一挙紹介【コーヒー専門家が厳選】

プロフィール

【 自己紹介 】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きです。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃からおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを通販で購入して飲んでみたり、焙煎を学んだりして、「本当に美味しいコーヒー」を探し求めるようになりました。

しかし、コーヒー豆は様々な場所で販売されており、正直どれが美味しいのか買ってみないと分かりません。

そこで、僕が実際に全国のコーヒー豆を購入し、本当に思ったことを書いていこうと決めました。

ほぼ毎日新しいコーヒー豆を飲んでいるので、こまめにチェックしてみてください。

レビューしているコーヒー豆↓

・ブルーマウンテンNo.1などの高級豆

・100g 700円以上のちょっと高級なコーヒー豆

・ジャコウネコの糞から採取した変わり種のコーヒーなど

ほかにも「ここのコーヒー豆を飲んで欲しい」というリクエストがあれば受け付けています。美味しそうだなと思ったら購入してレビューします。

また、このブログでは全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓