記事タイトル下広告



ブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒーの豆「グァテマラ・コバン・サンタイサベル・グリーンサルチモール」登場!

投稿日:2018年1月16日 更新日:

サードウェーブコーヒー旋風のトップを走るブルーボトルコーヒーより新作コーヒー豆「グァテマラ・コバン・サンタイサベル・グリーンサルチモール」が登場している。

グァテマラ・コバン・サンタイサベル・グリーンサルチモールとは?

グァテマラのコバン地域にあるサンタイサベル農園で生産された豆のこと。

このコバン地域で生産されるコーヒー豆は業界から見放されがちだったそう。140年の歴史を持つことでも知られるサンタイサベル農園は、グァテマラの熱帯雨林地域に位置し、雨期が長いためにコーヒー栽培が困難だった。

熱帯雨林の気候で育つは通常、曖昧な風味になりやすく土臭さや泥臭くもなりがちといわれる。

しかしサンタイサベル農園で生産されたコーヒー豆は例外で、複雑でトロピカルフルーツの風味が濃厚に感じられるのが特徴で世界中から高い評価を得ている。

世界で一番権威のある品評会「カップ・オブ・エクセレンス」入賞の実績を持つことからも、コーヒー豆の品質の高さがうかがえる。




グァテマラ・コバン・サンタイサベル・グリーンサルチモールの味は?

グァテマラ・コバン・サンタイサベル・グリーンサルチモールは、チェリーやキャラメルの風味を感じさせるリッチな口当たりの仕上がりで、チョコレートのような丸みのある甘みが持続するとのこと。

焙煎度合いなどは明かされていないが、苦味と酸味、甘みのバランスを重視して中煎りに仕上げているのでは?と予想している。

ブルーボトルコーヒーのアイデンティティともいえるキャラメルのような風味をもつこの銘柄を早めに試してレビューしたいと思うのでお楽しみに!

原産地域:中央アメリカ コバン地域
標高:1700m
品種: グリーンサルチモー ル種
プロセス:ウォッシュド
原材料名:コーヒー豆(グァテマラ)
内容量:200g
賞味期限:焙煎日より14日
保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存。

※ブルーボトルコーヒーでは、豆のままの販売となっており、粉に挽いての販売は行っていないのでご注意を。

ブルーボトルコーヒーのオリジナルグッズやコーヒー豆を公式オンラインショップでみる。

_________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆10選

コーヒーギフトおすすめ人気24選【おしゃれ・高級・スタバなど各ジャンルまとめ】

コーヒードリッパーおすすめ5種を一挙紹介【コーヒー専門家が厳選】

プロフィール

【 自己紹介 】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きです。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃からおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを通販で購入して飲んでみたり、焙煎を学んだりして、「本当に美味しいコーヒー」を探し求めるようになりました。

しかし、コーヒー豆は様々な場所で販売されており、正直どれが美味しいのか買ってみないと分かりません。

そこで、僕が実際に全国のコーヒー豆を購入し、本当に思ったことを書いていこうと決めました。

ほぼ毎日新しいコーヒー豆を飲んでいるので、こまめにチェックしてみてください。

レビューしているコーヒー豆↓

・ブルーマウンテンNo.1などの高級豆

・100g 700円以上のちょっと高級なコーヒー豆

・ジャコウネコの糞から採取した変わり種のコーヒーなど

ほかにも「ここのコーヒー豆を飲んで欲しい」というリクエストがあれば受け付けています。美味しそうだなと思ったら購入してレビューします。

また、このブログでは全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓