スタバ

スタバのコーヒー豆【ブラジル ミナスジェライス】を飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:2019年7月21日 更新日:


 

32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スターバックスより新登場したコーヒー豆「ブラジル ミナスジェライス」はおすすめできる商品なのか?

飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも用いる抽出器具によって出来上がりの味が変わるため、ペーパードリップ、コーヒープレス、ネルドリップの3つの抽出方法で飲んでレビューします。

ブラジル ミナスジェライス

ブラジル ミナスジェライスは、スターバックスコーヒーで次のように紹介されている。

ミルクチョコレートやヘーゼルナッツを思わせる風味が特徴の、後味にマラスキーノチェリーのような甘みを感じるコーヒー

出典:スターバックスコーヒー

値段(税抜)

1,520円

※100gあたり608円

容量

250g

コーヒー豆の種類

ブラジル ミナスジェライス スール デ ミナス地方にある農園で生産されたコーヒー豆のみ使用
※シングルオリジン

焙煎度合い

スターバックス ミディアムロースト
※中深煎り。一般的にシティロースト〜フルシティローストと呼ばれる焙煎度合い

豆の状態

ブラジル ミナスジェライスを開封すると、割れ、欠け、虫食いなどの欠点豆が相当数混入している。

これらは出来る限り手作業ですべて取り除くのが望ましい。欠点豆は焦げてしまっているものが多いため、良豆と一緒に抽出すると焦げたように味のコーヒーになってしまう。

味・香りを5段階でみる

ブラジル ミナスジェライスを3つのコーヒー器具で飲み比べ


▲左から

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオ ウッドネック ネルドリッパー
    (フィルターはマルタ製の4枚接ぎ。一人用を使用)
  • ハリオ カフェプレス スリム

はじめにペーパードリップの定番である「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲んで、味の変化がしっかり感じられる2つの器具で飲んでいく。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:17g
  • お湯の量:150cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:カリタ製ホーローポット

ハリオV60ドリッパー

中挽きにしたスタバのコーヒーの豆「ブラジル ミナスジェライス」を、ハリオV60ドリッパーにセットして、お湯を静かに注いでいく。

これだけ深煎りされているにも関わらず、湯に触れたコーヒー粉はほとんど膨らまず、鮮度が落ちているように見受けられる。

さっそく一口飲んでみると、どっしりと重たい苦味が口に広がる。

味がかなり濃く、燻煙臭さが感じられるのでスモーキーなフレーバーが好みなら気にいるかも知れない。

また、これだけの味の濃さならミルクを入れて飲んでも、コーヒーの味が負けることはなさそうだ。

次はコーヒープレスで淹れてみよう。

コーヒープレス

粗挽きにした「ブラジル ミナスジェライス」をコーヒープレスで抽出して飲むと、ほのかにナッツのような風味が感じられ、口当たりもすっきり飲みやすく感じられる。

ペーパードリップ時に感じられた燻煙臭さも、やや控えめになった印象だ。

最後にネルドリップして飲んでみよう。

ネルドリップ

粗挽きにした「ブラジル ミナスジェライス」をネルドリップして飲むと、ほのかにヘーゼルナッツのような風味が感じられるようになった。

ペーパードリップのような重たい苦味ではなく、キレの良いすっきりした苦味に変わり、後味の嫌味も軽減された。

ブラジル ミナスジェライスは、それぞれの淹れ方で異なる表情を見せるコーヒー豆をだったが、個人的にはネルドリップした一杯が飲みやすく、面白みのある味だと感じた。

まとめ

さて、今回はスタバの新作コーヒー豆「ブラジル ミナスジェライス」を3つの抽出方法で飲んでみた。

いずれの飲み方でもどっしりとした苦味があり、ミルクにも負けないスモーキーなフレーバーが感じられた。

ただ、最後に試したネルドリップでの抽出では、ヘーゼルナッツのような風味が感じられた。

【おすすめできる?】

おすすめできない。ブラジル ミナスジェライス州の農園の方は気を悪くするかも知れないが、イチ消費者として言わせていただきたい。

まず、欠点豆の数が多すぎる。日本の自家焙煎店でコーヒー豆を購入した場合、今回のような状態はまずない。

そして焙煎が適当すぎる。今回のような焦げた味のコーヒーを日本のコーヒー専門店で提供されることはまずない。

スタバのコーヒーの味が好みなら僕は何も言わないが、この豆を買おうかどうか迷っているなら、別のコーヒー豆を購入することをおすすめする。

安くて美味しいコーヒー豆が欲しいなら、つい先日飲んだ銀座パウリスタのコーヒー豆がおすすめ。

カルディの安価コーヒーと同じくらいの値段で何倍もの満足感が得られるので、一度試してみてはいかがだろうか。

銀座パウリスタの豆「森のコーヒー」抜群のコスパで満足度が高い一品

 


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー