記事タイトル下広告



コーヒー器具・グッズ

焙煎機付き全自動コーヒーマシン「カフェロイド」登場!

投稿日:2018年1月15日 更新日:

日本電熱というメーカーより、焙煎からミル、ドリップまで1台ですべて行なえる全自動コーヒーマシン「カフェロイド」が登場!

カフェロイドとは?

全自動コーヒーマシンというと、こんがり焼かれた豆をセットするだけでミルからドリップまでやってくれるものが一般的だが「カフェロイドは」豆の焙煎から自分で行うことができるコーヒーマニアのためのマシン。

焙煎、ミル、ドリップの全行程が「自分の目で見える」というのがマシンのコンセプトで、焙煎時に変化する生豆の色、粉砕される豆、ドリップ時に膨らむコーヒー粉やサーバーへ滴る様子をすべて見ることができる。

さらにLEDによる演出効果もあり、より贅沢な雰囲気を楽しむことができる。

友人を招いて、このマシンを使って淹れてあげたら盛り上がりそう。

焙煎は250度、湯温は93度まで1度単位で設定することができて、自分だけのお気に入りレシピも18通りを登録することが可能。

豆の銘柄によって焙煎度合いを変えたり給湯温度を変えて、味の変化を楽しんだりと、自分好みの味を最大限に追求できる。

マシンはタッチパネル操作で簡単に設定できる。




焙煎機として使うこともできる

このマシンには、プロによる焙煎を再現したプリセットが用意されており、プリセットは自分好みにカスタマイズすることができる。

また、焙煎のみで使用する機能も搭載されているので、僕ならこれで一日中遊んでしまいそう。

そして生豆の種類によって最適な焙煎が自動で選択される機能もついているので、焙煎の際に困ることはない。

臼刃式セラミックミルで豆を粉砕

豆の粉砕に使う刃は、国内メーカーである川崎合成樹脂製のもので、臼刃式のセラミックミルを採用。湯気やコーヒーの油分で錆びる心配がないのが強みだ。

またミルは静音設計がされており騒音を最小限に抑えられているのも特徴。




バリスタのハンドドリップを再現

コーヒーをドリップする際も、バリスタによるハンドドリップを再現。

カフェロイドはドリッパーが回転するようにすることで、手でまわしながらお湯を注ぐ行動を再現していて、ドリッパーは僕も愛用しているコーノ式フィルターを採用。(他メーカーの円錐ドリッパーにも対応)

ドリップ後半に出るエグ味や渋み成分をサーバーに落とさない独自の制御センサーを搭載しているので、最後の一滴まで抽出してしまうことはない。

コーヒーは一回で4杯分まで抽出することが可能。

カフェロイドについて

型番:R-CR01
外形寸法:W400xH610xD240
本体重量:約18kg
電圧/周波数:100V
消費電力(W):1000W
ミル方式:国産セラミック臼刃(川崎合成樹脂製)
フィルター方式:コーノ式フィルター標準採用
保温機能:なし
抽出量:3~4杯 / 1回(120cc / 杯)
製造:日本製
対応言語:日本語・英語

カフェロイド公式サイトはこちら

_________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆10選

コーヒーギフトおすすめ人気24選【おしゃれ・高級・スタバなど各ジャンルまとめ】

コーヒードリッパーおすすめ5種を一挙紹介【コーヒー専門家が厳選】

プロフィール

【 自己紹介 】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きです。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃からおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを通販で購入して飲んでみたり、焙煎を学んだりして、「本当に美味しいコーヒー」を探し求めるようになりました。

しかし、コーヒー豆は様々な場所で販売されており、正直どれが美味しいのか買ってみないと分かりません。

そこで、僕が実際に全国のコーヒー豆を購入し、本当に思ったことを書いていこうと決めました。

ほぼ毎日新しいコーヒー豆を飲んでいるので、こまめにチェックしてみてください。

レビューしているコーヒー豆↓

・ブルーマウンテンNo.1などの高級豆

・100g 700円以上のちょっと高級なコーヒー豆

・ジャコウネコの糞から採取した変わり種のコーヒーなど

ほかにも「ここのコーヒー豆を飲んで欲しい」というリクエストがあれば受け付けています。美味しそうだなと思ったら購入してレビューします。

また、このブログでは全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓