スタバ スタバの豆知識

【悲報】中国広州空港のスタバが無くなってた件|代わりにパシフィックコーヒーで抹茶クリームフラペチーノもどきを飲んでみた

2019年8月19日

こんにちは、年間365杯以上スタバで飲んでいるブロガーの山口です。

今回は海外スタバのドリンクのレビューをしたくて、まずは経由地である「広州白雲国際空港」のスタバを目指しました。

結論からいうと、広州白雲国際空港のスタバは閉店した模様で、空港内のMAPをみても「Starbucks Coffee」の文字はありませんでした。

空港内の人に尋ねても、「スタバは無い」と言われてしまいました。もし、「スタバは今でもXXにあるよ〜」という情報をお持ちでしたら、ぜひぜひ教えて欲しいです。

帰りも広州空港を経由するので、ぜひ立ち寄りたいです( ´∀`)

 

本記事では、代わりに「パシフィックコーヒー」という香港発の人気コーヒーチェーンに行って「抹茶クリームフラペチーノもどき」などを飲んできたのでレビューします。

そして、いかに「スタバのフラペチーノの品質が高いのか」が、よく分かった体験でした。

【悲報】中国広州空港のスタバが無くなってた件

スタバの跡地?と思われる場所に「パシフィックコーヒー(太平洋珈琲)」があります。

写真左側の棚には、おそらくスタバのタンブラーやマグカップなどのグッズが並んでいたのだと思います。

しかし、パシフィックコーヒーではグッズ販売をほとんど行っていないようで、棚には本などが適当に置かれていました。

店内に入ってみると、メニューは全て英語で書かれているので、なんとなくどんなドリンクなのかは想像できるかと思います。

また、フードケースにはクロワッサンやチョコレートケーキ、ハムエッグを挟んだクロワッサンのようなものが並んでいます。

あとはエビアンやジュースなども並んでいるので、コーヒーが飲めなくても利用できるかと思います。

ケーキやパン類などのフードはどれもスタバと同じくらいの価格帯で、日本円にして400円前後で食べられます。

クレジットカード決済OKなので、クレカで支払いましょう。

日本円も使用可能ですが、戻ってくるお釣りが明らかにおかしいので、やめたほうが良いです。

冒頭でお伝えしたとおり、抹茶クリームフラペチーノもどき(正式名称はチリーノ)と、ハムエッグクロワッサンのようなフードを注文します。

お会計は日本円で840円ほどです。

カスタマイズなどはできるかどうか不明ですが、今回はそのまま注文してみました。

VITAMIXのようなミキサーで攪拌して、チリーノを作ってもらいます。

店内は混雑していませんが、提供までは3~5分くらいかかります。

スタッフさんはスタバのようなモチベーションではなく、ゆるーい感じです。

なので気長に待ちます。

待っている間に、エスプレッソマシンの写真も撮っておきます。

なんのマシンかは不明ですが、あとでコーヒーもアイス、ホットで注文してレビューします。

というわけで、まずは抹茶クリームフラペチーノもどき「抹茶チリーノ」と、フードを頂きます。

チリーノのホイップに着目して欲しいのですが、スタバのホイップとはちょっと違って、僕が以前自宅で作ったフラペチーノのホイップみたいな印象。

▲ぼくが自宅で作ったフラペチーノ

スタバでは「エスプーマアドバンス」という器具を使ってホイップをトッピングしますが、パシフィックコーヒーでは別の器具を使っているようです。


▲エスプーマ アドバンス

 

さっそく抹茶チリーノを飲みますが、甘さがかなり控えめで、抹茶の味が強く感じられます。

ただ、ほろ苦いという感じではなく、ココナッツのような、杏仁豆腐のような不思議な甘い味がします。

とりあえず、スタバのフラペチーノみたいに甘くないです。

甘くないので飲みやすいといえば飲みやすいのですが、どこか旨味にも欠ける印象です。

スタバのフラペチーノをイメージして飲むと、「ちょっと違うかな」となってしまうので、チリーノを素直に受け入れる気持ちが必要かも知れません。

いずれにせよ、これで510円(トールサイズ)はちょっと高いかな、というのが正直な感想です。

 

続いてパンを食べていきますが、マヨネーズが甘くて変な感じです。

僕は甘いマヨネーズが好みじゃないので、3口くらい食べてさよならしました。

甘いマヨネーズと、パン生地の油が好みじゃなかったです。

 

広州空港のパシフィックコーヒーでは、フードをイートインする場合でもお皿での提供じゃなく、テイクアウト用の紙袋で渡されます。

なので、取り出す際に手が油まみれになります。

フード提供時にペーパーナプキンを渡されなかったので、自分で取りにいきます。

スタバのコンディメントバーみたいな場所に、ペーパーナプキンやチリーノ用のストローなどがあります。

というかこれ、スタバで使っていたコンディメントバーをそのまま使っている感じですね。

なので、コンディメントバー上段には、何も入っていない空間などがあったり、どこか不自然さを感じますが面白いです。

続いて、パシフィックコーヒーのアイスコーヒーを飲みますが、これは味が濃いのですがスタバのような煙臭さもなく、くどさもなくて飲みやすいです。

というか、スタバのアイスドリップよりも美味しいと感じました。なかなかイケてます。

今度はホットドリップを注文して飲んでみますが、こちらもスタバに近い味の濃さです。

しかし、スタバのドリップコーヒーのような煙臭さ、飲みにくさはなくて、苦いながらもすっきりとキレの良い味わい。飲みやすい。

抹茶チリーノの後に飲んだせいか、個人的に高評価をつけたくなる、そんな一杯でした。意外にイケる。

香りは、スタバにちょっと近い感じ。

華やかさは一切ありませんが、嫌味もなく無難な感じです。

まとめ

  • 広州空港のスタバは潰れたっぽくて無くなってた
  • スタバの跡地と思われる場所に香港発の人気コーヒーチェーン「パシフィックコーヒー(太平洋珈琲)」がある
  • フラペチーノみたいなフローズンドリンク「チリーノ」も売ってる
  • 「抹茶チリーノ」は甘さ控えめで、ココナッツや杏仁豆腐みたいな味がほんのり楽しめる
  • ホイップは少々ちゃっちい印象。家庭用ホイップみたい
  • フラペチーノの品質においては、スタバは流石のクオリティ
  • コーヒーはアイスもホットも意外にイケる。
  • パソフィックコーヒーでは、チリーノよりもコーヒーが個人的にはおすすめ

残念ながら、広州空港のスタバはなかったので、上記のようなレポートになりました。

この記事を書いている現在、僕はフランスのパリにいまして、あとでオペラ座のスタバに行きます。

オペラ座には限定デザインのマグカップやタンブラーがあるそうなので、写真を撮ってお見せしますね。

また、フードやコーヒー、フラペチーノなどもできるだけたくさん飲み食いして、レビューしたいと思います(^o^)/


  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5