スイーツ

【チョコレート実食レポ】ノイハウスのパッションを食べた正直な感想

ボンボンショコラ(プラリネ)の生みの親として知られるベルギーチョコレートの老舗「ノイハウス(neuhaus)」の「パッション」というチョコを食べてみました。

バレンタインやホワイトデー用の高級チョコレートの中身って、大体はいろんな味の種類のボンボンショコラが詰まっている。

今ではプレゼント用チョコレートの定番となっているボンボンショコラを生み出したお店は、どんな味がするのだろうと個人的にすごく気になったので買ってみた。

ノイハウス(neuhaus)ボンボンショコラ誕生のきっかけは「お薬」

ノイハウスは1857年に薬局として、その歴史をスタートさせます。

創設者のジャン・ノイハウスは苦いお薬を心地よく飲んでもらう方法として、チョコレートで包むことを考案。

のちに3代目のジャン・ノイハウスJr.が、このアイデアをヒントに薬の代わりに美味しくて柔らかいフィリング(クリームなどの詰め物)を詰めるという独創的なアイディアを思いつきました。

こうして1912年、ひとくちサイズの可愛らしいチョコレートボンボンショコラが誕生します。

ジャン・ノイハウスのチョコレートにかける思いや、情熱を受け継いで生まれたボンボンショコラは、いまでも世界中で愛されています。

ノイハウスのチョコレートを食べた感想

今回僕が食べたチョコレートは、ハートのパッケージがとても可愛らしいパッションという一品。

情熱という言葉がまさにぴったりな赤い缶の容器は、小物や文房具を詰めたりしてリユースできる。

パティスリーサダハルアオキや、メゾンカカオなど高級チョコレートの容器って、どれも捨てるのがもったいないくらい、ほんと可愛い。

中身は、まろやかな口どけのナッツプラリネ、ガナッシュが堪能できる10粒入り。

うず巻き型が特徴的なジャンドゥーヤ「コルネ」をはじめ、華やかに輝くハートのプラリネ「クールプラリネミルク」などが詰まっている。

ジャンドゥーヤとは、ペースト状のアーモンドやヘーゼルナッツなどと粉砂糖をブレンドして、クーベルチュールチョコレートを加えたもの。

まずは、カカオ70%のクリオロから。

カカオのほろ苦さと酸味のバランスが上品に整っていて濃厚な味わい。

スッキリした後味で甘さ控えめ。大人向けの美味しさが好印象。

キャラメリゼしたヘーゼルナッツをペーストにして混ぜた「サタン」。

外側のチョコレートはビターな味わい。

口の中でプラリネが溶けだすと、ヘーゼルナッツの香ばしい甘みがジュワッと口に広がり、ザクザクしたクランチー感が楽しめる。

味と食感のグラデーションが食べていて面白い。

ミルクチョコレートプラリネにアラビカ種のコーヒーを使った「ナポレオン」。

外側はミルク感が強めで甘く、酸味は控えめ。

口の中でとろけるとコーヒー味のプラリネがトロリと溢れ出す。

本当のコーヒーみたいに苦味はなくて、チョコレートの芳醇な甘みと程良いコーヒー感がマッチしている。

ジャンドゥーヤはミルク感が強く、ホワイトチョコレートのような甘さが口に広がる。

ヘーゼルナッツの香ばしさと、デザート感満載の濃厚な甘みが印象的。

もっと甘さ控えめな方が個人的には好きだけど、これはヘーゼルナッツ好きにはたまらない味だと思う。

まろやかなキャラメルをミルクチョコレートでコーティングした「プレステージ」。

外国のお菓子っぽさ全開のキャラメル香が強い。

カルディのチョコレートとか好きな人は、これ気に入ると思う。

外側はミルク感たっぷりで甘い。中からは外国のキャラメルらしい甘さたっぷりのエキスがジュワッと口に広がる。

ノイハウスのチョコレートは割と甘いものが多い印象。

味も外国のお菓子感が強いから、日本人にとっては好みが分かれる味かも。

ヘーゼルナッツジャンドゥーヤの「コルネ ドレ」。

ミルクのまろやかな味わいと濃厚な甘みが印象的。

結構しっかり甘みが感じられて、若者向けの味わい。

ノイハウスらしい甘く香ばしい味わいを堪能できる。

ライスクリスププラリネをホワイトチョコレートでコーティングした「ミリオネア」。

見た目どおり今まで食べたチョコレートの中では1番甘い。

ヘーゼルナッツとアーモンドを混ぜたプラリネをミルクチョコレートでコーティングした「クール プラリネ ミルク」。

ミルク感が強くて、こちらもかなり甘い。

10粒食べ続けてるせいもあるかもしれないけど、濃厚なミルクチョコレートの甘みがもったりと舌に残る。

美味しいけど、ちょっと若者向けの味わいに感じます。

まとめ

今回は「【チョコレート実食レポ】ノイハウスのパッションを食べた正直な感想」という内容でお届けしました。

感想をまとめると、ノイハウスのチョコレートはカカオ70%のクリオロ以外はどれも結構甘め。

甘党男子へのバレンタインギフトにおすすめのチョコレートでした。

ヘーゼルナッツを使ったチョコレートが多いので、香ばしい甘みが好きな方にもオススメです。

 

ピエールマルコリーニやゴディバ、デルレイ、ガレー、ブルガリなどの高級チョコレートを食べ比べた感想はこちら↓

ギフト用の人気ブランド高級チョコレートの一覧写真

【実食レポ】ギフト用の人気ブランド高級チョコレートランキング12


-スイーツ

© 2021 山口的おいしいコーヒーブログ Powered by AFFINGER5