スタバ

スタバのコーヒー豆【クリスマスブレンド】はおすすめ?感想を正直に述べる

投稿日:2018年11月1日 更新日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スタバで販売されているコーヒー豆「クリスマスブレンド」はおすすめできる銘柄なのか?

飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも使う抽出器具によって仕上がりの味が変わるので、今回は、

  • ペーパードリップ
  • フレンチプレス
  • ネルドリップ

上記3つの抽出方法で飲んでみました。

【あなたへおすすめしたい記事】

スタバのおすすめコーヒー豆は?年間260回以上スタバに通うマニアが語る

コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

クリスマスブレンド

スタバのコーヒー豆「クリスマスブレンド」は公式サイトで次のように説明されている。

甘みのあるリッチでスパイシーな風味が特徴のコーヒーです。明るい印象のラテンアメリカ産コーヒーに、なめらかでまろやかなアジア/太平洋産コーヒーと希少なエイジドスマトラコーヒーをブレンドしています。
クリスマスのあらゆるシーンにおすすめです。

出典:スターバックスコーヒー

値段(税込)

1,544円

※100gあたり618円

容量

250g

生産地

  • インドネシア
  • コロンビア

焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト(中深煎り)

※一般的なシティロースト〜フルシティローストあたりの焙煎度合い

豆の状態

スタバのコーヒー豆は割れたり欠けたりの豆が多いが基本だが、今回のクリスマスブレンドは比較的豆の状態は良い。

焙煎は熱風式を採用しているので焼きムラはほぼ見られない。

風味を5段階でみる

クリスマスブレンドを3つのコーヒー器具で飲み比べ


▲左から
・bodum(ボダム)フレンチプレス
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(マルタ製4枚接ぎネルフィルター)
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー

はじめにペーパードリップの定番である「Hario V60ドリッパー」で抽出して飲んでみて、その後コーヒー豆に合った抽出器具を厳選した。

  • 豆の挽き具合:粗挽き(カリタニューカットミル:ダイヤル6にセット)
  • 豆と湯の量:16g 160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • その他コーヒー器具:カリタ製ペリカンポット 1.0L

【豆知識1:使うお湯のこと】

コーヒーに使うお湯は浄水器から出る水道水を1分間、沸騰させたもので問題ない。

高級な水などを購入する必要はなく、むしろミネラルウォーターを使うと旨味が損なわれる場合がある。

【豆知識2:お湯を注ぐポット】

お湯を注ぐ器具は電気ケトルをはじめ色々と使ってきたが、今はホーロー製ケトルで淹れるお湯が一番おいしいと感じている。


▲バルミューダの電子ケトル


▲タカヒロ製ドリップポット雫


▲カリタ ペリカンポット(ホーローポット)

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

粗挽きにしたスタバのコーヒー豆「クリスマスブレンド」をハリオV60ドリッパーにセットしてお湯を静かに落としていく。

一体いつ焙煎したのか、豆は膨らむことなく鮮度が落ちていることを示している。

キレイに豆を焼ける熱風焙煎だが、香りが薄くなるのが難点だ。

抽出を終えて、熱したカップに注ぎ、さっそく一口飲んでみる。

すると、スタバのコーヒーならではの濃い味(燻煙味)が薄く、飲みやすい。

苦味は控えめ。ほどよく酸味があり、バランスの取れた味だ。

コクは浅く、甘み・旨みは少ないが、スタバ店舗で販売されているケーキやスコーンと一緒に飲むなら気にならないだろう。

試飲した時も中々飲みやすいと感じたが、自宅で淹れても同じ味に再現できる。

さて、次はフレンチプレスの抽出して飲んでみよう。

フレンチプレスはスタバでも採用している抽出方法である。

コーヒープレスという名前で販売されています。

フレンチプレス

スタバのコーヒー豆「クリスマスブレンド」をフレンチプレスで抽出して飲んでみると、豆本来のクルミのような味わいが感じられる。

そしてナツメグのようなスパイシーな風味もわずかに感じられる。

コクや旨みはないが、苦味や酸味などの味もバランスが取れていて飲みやすい一杯である。

ちなみにスタバで提供している試飲用のコーヒーはフレンチプレスで提供することがある。

もし豆の購入を考えているなら一度フレンチプレスで抽出したコーヒーを飲ませて貰うと良いかも知れない。

最後に究極に抽出方法ネルドリップを試してみよう。

ネルドリップ

スタバのコーヒー豆「クリスマスブレンド」をネルドリップして飲んでみると、苦味と酸味が控えめでスッキリとした味になった。

そのため奥に控えていた甘みが少し前に出てきて、柔らかい甘みが感じられる。

スタバのコーヒー豆をこれまで数多く飲んできたが、クリスマスブレンドはもっとも飲みやすい銘柄かも知れない。

まとめ

スタバのコーヒー豆「クリスマスブレンド」を3つの抽出器具を用いて飲んでみた。

スタバのコーヒー特有の燻煙臭さも少なくて飲みやすい。

店舗でフードと一緒に楽しむなら問題なく飲める。

しかし、価格的には100g 250円くらいが妥当だろう。

現実には100g 618円で販売されている。

もちろん、これが高価だとは思わないが、僕なら同じ価格帯の「森彦 No.2マイルドブレンド」や「土居珈琲の甘いブレンド」を飲むだろう。

これらのお店では直火を用いてコーヒー豆を焼いている(直火焙煎)ため、味の深みがまるで違うのだ。

これらのお店のコーヒーを飲んだ感想はランキング形式で簡単にまとめたのでコーヒー豆を購入する際の参考にしてほしい。

コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。