コーヒー豆の通販

土居珈琲「ブルーマウンテンNO1ウォーレンフォード」わずかだが入荷していた!

投稿日:2018年1月25日 更新日:


 

コーヒーのなかでも最高品質を誇るといっても過言ではない「ブルーマウンテンNO1ウォーレンフォード」がわずかだが土居珈琲で入荷していた。

日本では人気・知名度ともに高い銘柄のブルーマウンテン。

人気の理由は、調和の取れた味わいと口にジワリと広がる強い甘み、柑橘系のフルーツを思わせる爽やかな酸味にある。

今回、土居珈琲より販売されるのはジャマイカ産ブルーマウンテンの中でも高い品質を誇る「ウォーレンフォード規格」のものだ。

土居珈琲「ブルーマウンテンNO1ウォーレンフォード」とは

1500m以上の山々が連なるブルーマウンテン山脈のなかでも標高2256mと、もっとも高いところに位置するウォーレンフォード農園で栽培された銘柄。

※標高の高いところは昼夜の寒暖差が大きい。その寒暖の差がコーヒーチェリーの中の種子である生豆をに締まりを与えて、風味を凝縮させる。

さらにジャマイカ特有の照りつける太陽の光と、神秘的な霧との昼夜の差が、さわやかで柔らかな酸味、苦味とコクを加えてバランスの取れた芳しい香りを作り上げる。

世界で最高級品ともいわれる「ウォーレンフォード」規格の中でも、さらに豆の大きいものだけをそろえたNo1規格のものが今回、わずかだか入荷した。

おすすめの挽き具合、焙煎度合いなど

土居珈琲では焙煎度合いや豆の挽き具合などを細かく指定することが可能だ。

「ブルーマウンテンNO1ウォーレンフォード」はハイロースト(中煎り)を推奨している。

ハイローストで飲むと、さわやかな酸味や、果実感あふれる風味が味わえる。

もともとすっきりした味わいのブルーマウンテンNo1だが、そのまますっきり飲みたい場合は中挽きがいい。

ブルーマウンテンを骨の髄まで楽したい、そんな場合には敢えて細挽きにするのもおすすめ。

中挽きよりも豆本来の風味が強く抽出されやすく、深いコクや味の奥行きが感じられるようになる。

飲んだ感想

3つの抽出器具で飲んだ感想は、

土居珈琲のブルーマウンテンNo1を飲んだ感想を正直に述べる

をご覧いただきたい。

 

土居珈琲の豆を初めて試すなら

土居珈琲の豆を初めて試すなら、僕がいま一番おすすめしているコーヒー豆、

  • ブラジルダテーラ農園

と、世界一のコーヒーを決める品評会「COE(カップオブエクセレンス)」で入賞した

  • エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園

がセットになった「人気銘柄セット」から試すのがおすすめ。

こちらは、2種類の豆が100gずつ入っているのだが、それぞれの異なる味を一度に試せるのが魅力。

また、鮮度が良いうちに飲みきれる量なので、最後まで美味しく飲める点も良い。

ブラジルダテーラ農園は、カラメルのような甘みと香ばしさ、ビターな旨味が感じられる美味しいコーヒー。

エルサルバドルは、オレンジとビターチョコレートのような風味が上品に重なったコーヒーで高級感のある味わいが特徴。

自分用としてはもちろん、専用のギフトボックスに入って届くので、コーヒーギフトとしても選びやすい。

2つの高級銘柄を一度に飲めるおすすめの方法なので、まずは人気銘柄セットから試して欲しい。

土居珈琲の人気銘柄セットを公式サイトでみる

 

人気銘柄セットを飲んだ感想は、

土居珈琲の人気銘柄セットを飲んだ感想を正直に述べる

を読んで欲しい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー