ドトール

ドトールの「アイスコーヒー」が8年ぶりにリニューアル!6月1日から

投稿日:


 

個人的にもっとも美味しいコーヒーが飲めると感じている「ドトールコーヒー」で、長年愛されてきた定番メニューの「アイスコーヒー」が8年ぶりにリニューアルする。リニューアルした新しいアイスコーヒーは6月1日から各店舗で飲める。

また、自宅でも楽しめるコーヒー豆や、リキッドアイスコーヒーもリニューアルして新登場するので、一緒に見ていきましょう。

ドトール アイスコーヒー(リニューアル)

値段とカロリー(税込)

S ¥ 220 … 9 kcal
M ¥ 270 … 12 kcal
L ¥ 320 … 15 kcal

どんな味?

多くのファンに長いこと愛されてきたドトールのアイスコーヒーは、「日本で直火焙煎」されたコーヒー豆を使っているため、他のコーヒーチェーンと比べて香り高く、深みが感じられてスッキリときれいな後味のアイスコーヒーである。

厳選した高品質なアラビカ豆を100%使い、より一層キレのよい飲み口とスッキリときれいな後味、飲んだ後の甘い余韻を、コーヒー豆のブレンドと巧みな焙煎技術で実現している。

芳ばしい香りが広がり、ほどよい甘味とコクが感じられる、クリーンな後味が楽しめる仕上がりに。

アイスコーヒー用の豆(リニューアル)

値段(税込)

890円(コーヒー豆200g)

焙煎度合

深煎(フレンチロースト)

生豆の生産地

ブラジル、グアテマラ、ほか

どんな味?

ドトールのアイスコーヒー用の豆(リニューアル)は、キレの良い苦味と、スッキリきれいな後味、飲んだ後の甘い余韻が味わえる。

グァテマラ豆を配合することでチェリーのような甘酸っぱさを加え、コーヒーの味の奥行きを与えている。透明感のある色合いが清涼感を感じさせる仕上がりに。

ブラックはもちろん、牛乳を入れてカフェオレとしても美味しく飲める。

リキッド アイスコーヒー(リニューアル)


▲リキッド アイスコーヒー(無糖 1,000ml)写真左
リキッド アイスコーヒー(微糖 1,000ml)写真右

値段(税込)

どちらも520円

どんな味?

ドトールのリキッド アイスコーヒー(リニューアル)は、南アルプスの伏流水を使い、ネルドリップで丁寧に抽出。

香ばしい風味とほどよいコク、クリアな後味が楽しめる。無糖タイプと、ほんのり甘さを感じる微糖タイプがあるので、お好みで。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー