スタバ

スタバでテイクアウトで注文後、店内で飲むのはイートイン脱税?

スタバでテイクアウト(お持ち帰り)で注文後、店内で飲むのはイートイン脱税になるのでしょうか?

こういう議論なネットやツイッター上で見られますが、結論から言うと「脱税」にはなりません。

消費税法の納税義務者は事業者(スターバックスコーヒー)であり、ぼくら消費者に納税義務を課していないからです。

なので、この場合はイートイン脱税ではなく、イートイン詐欺という言葉が適切です。

なお、軽減税率の対象になるのか?ならないのか?

この判定は、レジで支払った時点での判定になるので、テイクアウトで注文後レジで会計を済ませれば、外で飲んでも店内で飲んでも、スタバはもちろん消費者にも何もお咎めはありません。

以上が、本記事の結論でした。

ここからは僕の感情を交えた話なので、ロジカルな話じゃないことを最初にお伝えしておきます。

スタバで毎回テイクアウトで注文して店内で飲んだらお得じゃん

ってことですね。

実際、スタバはお客さんに対してイートイン脱税的な行為を指摘する義務はありませんし、意味もありません。(スタバ店員さんにとっては)

ざっくり言うと、僕らが徴収される消費税は一時的にスタバに預けているだけで、預かった消費税をスタバが国に納税するわけです。

なので、イートイン脱税すれば消費者はお得、スタバは損も得もない、国は損するわけです。10%徴収できたところが8%になるわけですから。

スタバをお得に利用するなら、毎回テイクアウトで注文した方が良いよねってことになります。

でも、そんなことしないですよね。僕もしないです。

スタバ店員さんにも、他のお客さんにも白い目で見られたくないってのも確かにあるけど、その前に、国に損させたらツケは最終的に僕ら国民に返ってくるって思いますよね。

正義マン的な行為について

ちなみに、僕はイートイン脱税する人を店員さんに密告(正義マン的な行為)したりしないし、そこまで厳しい状況だけどスタバで勉強せざるを得ないって人も、もしかしたらいるかも知れない。

たとえば、家にwi-fiがないとか停電しててパソコンもwi-fiも使えないとか、小さい子供がいて受験勉強に集中しにくいとか、人それぞれでいろんな事情や環境があると思うから、正義マン的な行為はしなくても良いかなって思ってます。

正直者が馬鹿を見るのは不公平?

倫理に反している人も正直者も、どちらも平等に扱われるのが不公平だって思う気持ち、僕にもあるし正直者が馬鹿を見るのは不公平だし「ルールは守ろうよ」って普通に思います。

でも、今回の軽減税率って、そもそも肝心のルールが曖昧なのが問題とも言えるのかなって。

なので、個人的には一律10%にしてもよかったのかなって思ったりもします。

増税分はポイ活したりキャッシュレス決済してチャラにする

こんなことを僕は最近、意識的に取り組んでいます。

ポイ活は、ポイント活動で、キャッシュレス決済は支払いにクレジットカードを使ったりすることです。

例えば、いつも日用品や衣類なんかを楽天で買い物するときに「楽天リーベイツ」を経由するだけでプラス4.0%のポイントがもらえたりします。

例えば、楽天リーベイツを経由してニッセンで買い物すると、楽天ポイント+クレジットカードのポイント+リーベイツ経由による楽天ポイントがプラス4.0%もらえます。ただ経由するだけでいいのでめっちゃ楽です。

こういう情報って知らないと実はすごい損してるんだなって、勉強して知りました。

今まで楽天でたくさんの物を買ってきたのにって気持ちでしたが、嘆いても仕方ないですよね。。

なので、今からでもこういうポイ活をして増税分をチャラにすることを僕はやってます。

なかでも、楽天リーベイツは経由するだけなので一番楽なポイ活かも。

現金→キャッシュレス決済

お店での支払いをクレジットカードなどでキャッシュレス決済すると、ポイント還元やキャッシュバッグされるメリットがあります。

還元率は中小店舗で5%、大規模チェーン店などで2%。

実施期間は2019年10月1日~2020年6月30日(火)まで。

つまり、セブンイレブンでも買い物もクレジットカード決済すれば、増税分はチャラにできるんです。

コンビニのカード決済って、実はめちゃくちゃ楽で、レジに置いてあるカードリーダーに差し込むだけで良いんです。

カードを店員さんに渡す必要もないので、お互いに楽なんです。

また、クレジットカード払いすると軽減税率は関係なしに、利用金額の数%キャッシュバックされるメリットが一番大きい。

例えば、ぼくが使っているJCB CARD Wだと、セブンイレブン、Amazonで買い物した時、支払い金額の2.0%がキャッシュバックされるので、増税分以上に得になるんです。

また、このカードでスタバカードにチャージすると、チャージ金額の5.5%キャッシュバックされるんです。

もはや増税分以上にお金が還元されているので、これも知ってないと損しちゃう情報だなって勉強して学びました。

でも、「人生は一生勉強だ」なんて言うけど実際、勉強してる時間なんて中々取れないし、仕事で疲れて帰ってきて、そんな気持ちにならないですよ。

だから僕が代りに勉強してるって訳じゃないけど、楽天リーベイツJCB CARD Wみたいな情報は、すぐに実践できる技なので使わないと損です。

こういう技を使って、増税に振り回されないよう生きていきたいです。


-スタバ

© 2021 Y.(山口的おいしいコーヒーブログ) Powered by AFFINGER5