スタバ

【レビュー】スタバのコーヒー豆「エルサルバドル モンテカルロス エステート ブルボン」はおすすめ?飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スタバのコーヒー豆「エルサルバドル モンテカルロス エステート ブルボン」はおすすめか?

飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも用いる抽出器具によって出来上がりの味が変わるため、今回は

  • ペーパードリップ
  • コーヒープレス
  • ネルドリップ

上記3つの抽出方法で飲んでレビューします。

エルサルバドル モンテカルロス エステート ブルボン

「エルサルバドル モンテカルロス エステート ブルボン」は、スターバックスコーヒーで次のように説明されている。

エルサルバドル モンテカルロス農園で栽培されたシングルオリジン コーヒー
ミルクチョコレートのような風味とメイヤーレモンを思わせるほのかな甘みが特徴のコーヒーです。
豊かな味わいで長年にわたり愛されているブルボン種は、小さな木に丸みのあるコーヒーチェリーをつけます。完熟すると赤や黄、オレンジ、ピンクなど複雑な色を帯びます。

エルサルバドルから届いた、単一の農園で栽培された3つの品種のスターバックス® シングルオリジンシリーズをぜひお楽しみください。

出典:スターバックスコーヒー

値段(税抜)

1,520円

※100gあたり608円

容量

250g

コーヒー豆の種類

エルサルバドル モンテカルロス農園で生産されたコーヒー豆

※一つの農園で生産された豆だけを使ったコーヒーは「シングルオリジン」と呼ばれます。

焙煎度合い

スターバックス ミディアムロースト

※中深煎り。一般的にハイローストからシティローストと呼ばれる焙煎度合い

豆の状態

パッと見ると悪くないように見えるが、どうも焼きムラが気になったので目を凝らしてみた。

多少の焼きムラは仕方ないが、今回はムラの幅が大きいように感じた。

また、割れたり欠けたりの不良豆も目立つ。

スタバのコーヒー豆の多くはアメリカから船便で輸送されるので多少は仕方ないが、次の写真を見て欲しい。

写真のように中身がない「貝殻豆」と呼ばれるものや、割れたり欠けたりの欠点豆は通常、手作業で取り除く。

なぜなら、これらを正常な生豆と一緒に焙煎すると焼きムラが生じて、写真のように焦げてしまうためである。

このようなコーヒーは多くの場合で焦げた苦味を含んでしまうので、できれば手作業で取り除くのが望ましい。

評価

エルサルバドル モンテカルロス エステート ブルボンを3つのコーヒー器具で飲み比べ

▲左から

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオ ウッドネック ネルドリッパー
    (フィルターはマルタ製の4枚接ぎ。一人用を使用)
  • ハリオ カフェプレス スリム

はじめにペーパードリップの定番である「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲んで、味の変化がしっかり感じられる2つの器具で飲んでいく。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:16g
  • お湯の量:160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:カリタ製ホーローポット

ハリオV60ドリッパー

中挽きにしたエルサルバドル ブルボンにお湯を静かに注いでいく。

湯に触れたコーヒー粉はドーム状に膨らむことなく、鮮度が落ちてしまっていることを示している。

一口飲んでみると、ほどよい苦味と柑橘系フルーツのような酸味が口に広がる。

コクや旨み、甘みもかすかに感じられて、これまでのスタバのコーヒー豆の中では比較的飲みやすい。

惜しい点は、やはり焦げた苦味が含まれてしまうことと、口に残る渋みも気になった。

しかし、コーヒー生豆そのものは高品質であろうと思われるので、もし、これがアメリカで焙煎したての新鮮なコーヒーなら舌鼓を打ったかも知れない。

次はコーヒーで淹れてみる。

コーヒープレス

ブルボンをコーヒープレスで抽出して飲むと、ナッツのような風味と、まろやかな酸味が味わえる。

ペーパードリップでは柑橘系フルーツのような酸味だったが、今回の一杯はコーヒーオイルが加わったためか、マイルドな酸味に感じられる。

苦味はやや控えめになったので、焦げた風味も控えめに感じられる。

最後にネルドリップで淹れてみよう。

ネルドリップ

ブルボンをネルドリップして飲んでみると、苦味と酸味のバランスが整った一杯に仕上がった。

コクやボディ感がちょうど良く、飲みやすい一杯だと感じた。

まとめ

さて、今回はスタバのコーヒー豆「エルサルバドル モンテカルロス エステート ブルボン」を3つの抽出方法で飲んでみた。

オーソドックスな飲み方のペーパードリップでは、柑橘系フルーツのような酸味が味わえる。

コーヒープレスでは、まろやかな酸味のある一杯に。

ネルドリップでは、苦味と酸味のバランスが整った一杯に仕上がった。

【おすすめできる?】

おすすめできるコーヒー豆かと言われると、個人的には別のコーヒー豆をおすすめする。

特筆すべき旨味や味わいに欠ける印象で、100gあたり600円という値段に見合った価値を見いだすのは難しい。

純粋に「美味しいコーヒー」を飲みたかったり、大切な人へ贈るコーヒーギフトを求めるなら土居珈琲のエルサルバドルをおすすめする。

なお、僕がこれまで飲んできた美味しいコーヒーをランキングにしたので、コーヒーギフトを選ぶ際にも参考になれば嬉しい。

コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。