スタバ

【レビュー】スタバのコーヒー豆「エルサルバドル モンテカルロス エステート カトゥアイ」はおすすめ?飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:


 

32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スタバのコーヒー豆「エルサルバドル モンテカルロス エステート カトゥアイ」はおすすめか?

飲んだ感想を正直に述べます。

同じコーヒー豆でも用いる抽出器具によって出来上がりの味が変わるため、今回は

  • ペーパードリップ
  • コーヒープレス
  • ネルドリップ

上記3つの抽出方法で飲んでレビューします。

エルサルバドル モンテカルロス エステート カトゥアイ

「エルサルバドル モンテカルロス エステート カトゥアイ」は、スターバックスコーヒーで次のように説明されている。

シトラスのような明るい酸味と、アプリコットやピーチを思わせる風味が特徴のコーヒーです。
背を低く、短く剪定するカトゥアイ種の栽培には丁寧さが求められますが、モンテカルロス農園の行き届いた管理によって、毎年驚くほどたくさんのコーヒーチェリーが実ります。

出典:スターバックスコーヒー

値段(税抜)

1,520円

※100gあたり608円

容量

250g

コーヒー豆の種類

エルサルバドル モンテカルロス農園で生産されたコーヒー豆

※一つの農園で生産された豆だけを使用したコーヒーは「シングルオリジン」「シングルエステート」などと呼ばれます。

焙煎度合い

スターバックス ミディアムロースト

※中深煎り。一般的にハイローストからシティローストと呼ばれる焙煎度合い

豆の状態

割れたり欠けたりの欠点豆は含まれているものの、スタバの豆にしては状態良好といえる。

焼きムラも少なく、焦げた豆も少ないのでハンドピックの手間はそれほどかからない。

評価

エルサルバドル モンテカルロス エステート カトゥアイを3つのコーヒー器具で飲み比べ

▲左から

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオ ウッドネック ネルドリッパー
    (フィルターはマルタ製の4枚接ぎ。一人用を使用)
  • ハリオ カフェプレス スリム

はじめにペーパードリップの定番である「ハリオV60ドリッパー」で抽出して飲んで、味の変化がしっかり感じられる2つの器具で飲んでいく。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:16g
  • お湯の量:160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒
  • 使うコーヒーポット:カリタ製ホーローポット

ハリオV60ドリッパー

中挽きにしたカトゥアイにお湯を静かに注いでいく。

湯に触れた粉は残念ながらドーム状に膨らむことなく、焙煎してから随分時間が経過したものと推測される。

さっそく一口飲んでみると、グレープフルーツのような酸味が際立っており、苦味は控えめ。

このレビューでは毎回やや多めのコーヒー豆を使って抽出しているが、それでもコクが浅く、甘みや旨みなども控えめな印象。

後味はすっきり目で、あとに残るしつこさがないので、ワインで例えるならライトボディといったところか。

すっきりさっぱりと飲むのに適したコーヒー豆なので、食後のコーヒーに合いそうだ。

次はフレンチプレスで淹れて飲んでみる。

コーヒープレス

粗挽きにしたカトゥアイをフレンチプレスで飲むと、ナッツを思わせる豆の風味が加わって深みが増した。

グレープフルーツのような酸味は少し控えめにな理、味全体のバランスが整った印象である。

そのため、ペーパードリップよりも飲み手を選ばない味わいで個人的には飲みやすく感じる。

もし、カトゥアイを試し飲みしたいなら、コーヒー豆を買うよりも、まずスタバの店舗で注文できるコーヒープレスで試すのが良い。

スタバでコーヒープレスを注文すると好きなコーヒー豆を選べるので、飲んでみて気に入ったならカトゥアイを豆を購入すれば良い。

最後にネルドリップして飲んでみる。

ネルドリップ

粗挽きにしたカトゥアイをネルドリップして飲むと、思いの他あっさりとした口当たりに仕上がった。

酸味が大幅に抑えられ、苦味はもともと控えめなので、ほのかな甘みだけが残った印象。

これはこれで悪くない味だが、もう少しストロングな味わいが個人的には好み。

コーヒーの甘みを重視して飲むなら、手間はかかるがネルドリップして飲むのが良いだろう。

まとめ

さて、今回はスタバのコーヒー豆「エルサルバドル モンテカルロス エステート カトゥアイ」を3つの抽出方法で飲んでみた。

個人的にはフレンチプレスで飲んだ一杯が、味に深みも感じられて好みだった。

前回飲んだブルボンより欠点豆の数も少なく、ハンドピックの手間もそれほどかからないのは嬉しい。

【おすすめできる?】

リワードチケットを使って引き換えるならアリかも知れないが、同じエルサルバドルのコーヒーなら土居珈琲のエルサルバドルをおすすめする。

こちらの銘柄は、世界でもっとも有名なコーヒーの品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」において3位入賞という輝かしい実績を持つ。

このような豆は「COE入賞ロット」と言われ、100g数千円で販売されることも珍しくないのだが、土居珈琲のエルサルバドルはスタバのコーヒー豆と大差ない値段で販売されている。

鼻から抜けるオレンジのような風味とチョコレートのような甘みが特徴だ。詳しくは、

土居珈琲のエルサルバドルは評判通りおいしいのか感想を正直に述べる

を読んで欲しい。

 

 

なお、僕がこれまで飲んできた美味しいコーヒーをランキングにしたので、コーヒーギフトを選ぶ際にも参考になれば嬉しい。

コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー