コーヒー器具

美味しいコーヒーを淹れるため電気ケトルとコーヒーポットの味を比較してみた

投稿日:


 

電気ケトルで沸かした湯を使うと、美味しいコーヒーが淹れられるのか?

それとも、コーヒーポットで沸かした湯を使うと美味しいコーヒーが淹れられるのか?

美味しいコーヒーの淹れ方を知りたくて調べたのですが、お湯の適切な温度に関する情報が多く、僕が欲しい情報は見つけられなかったため自分で検証しました。

結論、電気ケトルで沸かしたお湯が一番飲みやすかったです。

僕はホーロー製コーヒーポットで沸かしたお湯が一番おいしくて飲みやすいと信じていたので、意外な結果に驚きました。

※今回は、純粋にお湯の味だけを比較します。コーヒーの味を比較は次回行う予定です。

 

比較に使った電気ケトル・コーヒーポット

左から、ティファールの電気ケトル、カリタ ホーロー製ポット、タカヒロ製ステンレスコーヒーポット(ドリップポット雫)

準備

使うお湯の量は350ml。コーヒー2杯分のお湯を沸騰させます。

コーヒーポット2種は同時に火にかけて、1分間沸騰させてカルキ抜き。

各器具で沸かしたお湯が揃いました。

温度も、全て約70℃に合わせます。

電気ケトルとコーヒーポットの湯の味を比較

電気ケトルで沸かしたお湯の味は、まろやかな口当たりで甘く感じられます。くせもなく匂いも臭みもなく、味が変ということもなく飲みやすい。

無色透明と言う表現が適している、そんな味わいが感じられました。

続いてホーロー製コーヒーポットで沸かしたお湯の味ですが、こちらもティファールの電気ケトルで沸かした味と遜色ない飲みやすさ。

ただ、よく味を探っていくと、わずかに嫌味が感じられます。本当にわずかなので、今回のように比較して飲まないと、まず違いは分からないかと思います。

次はステンレス製コーヒーポットで沸かしたお湯を飲みますが、ステンレスの匂いや臭み、嫌味などがハッキリと分かります。

3つのお湯のうち、もっともコーヒーでの使用を避けたいお湯だと感じました。

電気ケトルで沸かした湯をステンレス製コーヒーポットに移すと、味が落ちる

僕が一番おいしいと感じた「電気ケトルで沸かしたお湯」を、ステンレス製コーヒーポットに移し変えて、このお湯を飲みます。

温度も約70℃に合わせます。

ホーロー製コーヒーポットで沸かしたお湯に近い味で「ほぼ無色透明」という印象ですが、金臭い余韻がわずかに残ります。

まとめ

冒頭で述べたように、ティファールの電気ケトルで沸かしたお湯が一番くせがなく、金属臭さもなく、おいしくて飲みやすいことが比較した結果わかりました。

繊細な味わいの「ブルーマウンテンNo1」などを飲むなら、この電気ケトルで沸かしたお湯を選びたいです。

次回は、実際に「繊細な味わいのコーヒー豆」を用意し、電気ケトルで沸かした湯とコーヒーポットで沸かした湯、どちらで淹れたコーヒーが美味しいのか検証します。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー