カフェ

梟書茶房 池袋のメニュー・アクセス・電源・Wi-Fi

投稿日:2017年6月30日 更新日:


 

コーヒーブロガー山口が本と珈琲 梟書茶房(ふくろうしょさぼう)のメニュー・アクセス・電源・Wi-Fiなどについて書いていきます。

梟書茶房 池袋

View this post on Instagram

本と珈琲 梟書茶房さん(@fukuroshosabo)がシェアした投稿

梟書茶房 池袋は「ドトールコーヒー」が展開する注目のブックカフェです。

こちらのお店では、サイフォンで抽出したコーヒーを飲むことができ、フードやスイーツも食べられます。

また、用途別に楽しめる4つの空間で1000冊以上の本を読むことができます。

用途別に楽しめる6つの空間

梟書茶房 池袋の店内は、

  • シークレットな本屋さん
    (約2000冊の本を販売)
  • ラウンジ
    (ゆったりとした空間でコーヒーと食事を楽しめる)
  • 図書エリア
    (約1000冊の本を自由に読める)
  • アカデミックエリア
    (一人で本を読める)
  • 森の部屋
    (テラスからの日差しとグリーンに囲まれた空間)
  • グリーンテラス
    (コーヒーと本を楽しめる。喫煙もできます。)

上記6つの空間に分かれています。

取り扱う本は3000冊

梟書茶房 池袋には3000冊の本が置いてあり、そのうちの1000冊は自由に読むことができます。

あとの2000冊は販売用で袋とじ(シークレットブック)になっていて、表紙に書かれている紹介文を頼りに買う形になります。

柳下恭平さんが選書

本を選書されたのは「かもめブックス」のオーナーの柳下恭平さん。

少し前に日本テレビ系で放送されていた「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の校閲監修を務めていた方です。

柳下さんが選書した本と、日本スペシャルティコーヒー協会の理事で、同トレーニング委員長のドトールコーヒー取締役の菅野眞博さんが開発した「梟ブレンド」をセットにした梟書茶房ならではのメニューを楽しむことができます。

メニュー

コーヒー

  • 梟ブレンド ¥500
  • アイスコーヒー ¥500
  • カフェ・ラテ ¥600
  • 抹茶ラテ ¥700

ソフトドリンク

  • ダージリン ¥500
  • フルーツティー ¥800
  • 自家製ジンジャーエール ¥600
  • レモン&ライムソーダ ¥700
  • ベリーベリーソーダ ¥700

アルコール

  • ビール ¥500〜
  • カクテル ¥500〜
  • ワイン ¥500〜

フード

  • 梟ドッグ(プレーン)¥480
  • 梟ドッグ(サルサ)¥600
  • BOOKサンド 各¥600
  • パスタ ¥850

スイーツ

  • BOOKシフォン ¥500~
  • パンケーキ ¥580
  • ミルクレープ ¥450
  • 苺のミルフィーユ  ¥450円
  • 濃厚チーズケーキ ¥450円
  • フォレノワール ¥450円
    (チョコレートケーキ)
  • サバラン ¥450円
    (オレンジリキュールを含ませたスポンジにホイップがトッピングされたケーキ)

電源・Wi-Fi

  • 電源:なし
  • 無料Wi-Fi:なし
  • 無料Wi-Fi:WiMAX

アクセス

本と珈琲 梟書茶房(フクロウショサボウ)

住所:東京都豊島区西池袋1-21-1 Esola(エソラ)池袋 4F
営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。