スイーツ

グリーンビーントゥバーチョコレートおすすめのエクレア・ボンボンショコラの感想

グリーンビーントゥバーチョコレートの外観 グリーンビーントゥバーチョコレートの外観

グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット

スターバックスリザーブロースタリー中目黒から徒歩2分ほどの場所にある高級チョコレート専門店「グリーンビーントゥバーチョコレート」に行ってきました。

2020年12月にスターバックスリザーブロースタリーとコラボしたチョコレートバー(タブレット)やボンボンショコラはまだ記憶に新しいかと思います↓

スタバとグリーンビーン トゥ バー チョコレートのコラボ商品が登場!

スタバとグリーンビーン トゥ バー チョコレートのコラボ商品が登場!

早速チョコレートの感想をお伝えしていくのですが、その前になぜグリーンビーントゥバーチョコレートが話題になっているのか、簡単に紹介していきたいと思います。

グリーンビーントゥバーチョコレートとは

ビーントゥーバー製法の作業工程

グリーンビーントゥバーチョコレート(green bean to bar chocolate)は、世界各地のカカオ農園から品質の優れたカカオ豆だけを厳選して仕入れ、すべて手作業で作り上げる日本のチョコレートメーカーです。

お店の名前に含まれている「bean to bar」という言葉が、こちらのお店の特徴を表しています。

bean to bar(ビーントゥバー)を簡単に説明

bean to barとは、bean(カカオ豆)を仕入れてからbar(チョコレートバー/タブレットとも言う)にするまでの作業工程を一貫して同じ工房内で行うことをいいます。

これは、ここ数年のチョコレート界のトレンドで、コーヒーと同じように「サード・ウェーブ(第3の波)」とも言われています。

 

今までの製法では、既製品の板チョコレートを溶かしなおし、独自の味付けをするものがほとんどでしたが、ビーントゥバーはカカオ豆と砂糖だけを使ってイチからチョコレートを作ります。

そのため、産地によって異なるカカオの風味や味わいが楽しめるのが特徴です。

コーヒー豆も産地によって味が異なるように、カカオ豆も産地によって苦味や酸味のバランスが異なるんです。これがすごく面白い!

グリーンビーントゥバーチョコレートの店内

グリーンビーントゥバーチョコレートの店内に工房があり、カウンター席ならチョコレートを作っている工程を見ることができます。

チョコレートをどうやって作っているのかを見る機会は少ないと思うので、これだけでもこの店はすごく貴重だと思いました。

僕が訪れた時はカウンター席は埋まっていたので、やはり人気席のようです。次は見学したい。

グリーンビーントゥバーチョコレートおすすめのエクレア・ボンボンショコラの感想

エクレア

グリーンビーントゥバーチョコレートのエクレア▲一番人気のスイーツ「エクレア ¥500」

グリーンビーントゥバーチョコレートのエクレア

エクレアってセブンイレブンとかに売っているような、シュークリームにチョコレートがかかったスイーツしか見たことがなかったので、最初は「これがエクレア?」と正直感じました。ちょっと恥ずかしいですけど。

芸術的な見た目に仕上がっていて、フォークをさして良いのかどうかためらってしまうほど美しい。

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

サクッとした食感の生地の下においしそうなガナッシュ、その下には薄い板チョコレート、最後に生地でサンドという構成。

ひと口食べると、チョコレートの酸味とほどよい甘みで上質な大人のスイーツ感が満載。

可愛い見た目だけど、ひとくち食べると本格的なカカオの風味が口の中で膨らんで、鼻から抜けていくのが分かります。

今までセブンイレブンで食べていたエクレアもおいしかったけど、これはエクレアと呼ぶにはあまりに上質で深みのある味わい。

まさしく「大人向けのスイーツ」という言葉がぴったり当てはまる逸品です。

グリーンビーントゥバーチョコレートのエクレア

生地の中にもガナッシュがたっぷり入っていて、甘味が強いように見えるかもしれませんが、すっきりした甘みで後味のキレが良い。

お店で1番人気のスイーツだと言うのも納得の美味しさです。

お店に行ったら、まずエクレアを注文しておくことをお勧めします。

※僕が行った時には売り切れていたのですが、工房で作っていたエクレアがちょうど良いタイミングで出来上がったので、運良く食べることができました。

ボンボンショコラ

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

落ち着いたデザインのパッケージにボンボンショコラが4つ入ったボックスを今回は購入。

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

各チョコレートの説明書も入っていて、食べながらこれを読むのが好きなんです。

春らしい桜風味やちょっと珍しいあんこの風味が楽しめるボンボンショコラなど多彩なラインナップ。

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

今回買ったボンボンショコラは左からゴマ、ミルク、アーモンド、みかんの4つ。

ボンボンショコラ 4個入りBOX

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

まずは黒ゴマからいただきます。

こちらはミルクチョコレートを使用し、香ばしい黒ごまの風味とフィヤンティーヌの食感が特徴のプラリネ。

口の中でミルクチョコレートが溶けていくと、黒ごまの香ばしい風味がじわっと口に広がり、フィヤンティーヌのサクサクした食感が食べていて楽しい。

とろける美味しさと食べるおいしさの両方が1度で楽しめるのが印象的。

甘さ控えめで日本人だけでなく、外国人の方にも好まれそうな和のテイストが存分に楽しめます。

個人的には、ピエールエルメパリのごま風味のボンボンショコラよりも、ごまの香ばしさが強く感じられておいしかった。

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

お次はコスタリカ産カカオ豆のミルクチョコレートを使用した優しくスッキリした甘さのガナッシュ。

カカオが放つ酸味と奥行きのある味わいがとても印象的。

ミルクチョコレートというと、もっと甘みが強いと想像していましたが、思ったよりもずっとビターな味わいで大人向けのチョコレートに仕上がっています。

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

ミルクチョコレートを使用し、キャラメリゼしたアーモンドの食感が楽しいプラリネ。

ミルクチョコレートの口どけの良さがすごく良い。

キャラメリゼされたザクザク食感のクラッシュアーモンドが食べていて楽しい。

この4つの中ではちょっと甘めだけど1番安心感のある美味しさというか、食べ慣れた美味しさに感じられます。

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

最後にいただくのは、マダガスカル産チョコレートとミルクチョコをブレンドし、みかんピューレとリキュールで香りづけしたガナッシュ。

カカオのフルーティーな酸味とミカンのフレーバーが絶妙にマッチしていて、これは美味しい。

ミルクチョコレートのマイルドな味わいも所々で感じられるおかげで酸っぱくならず、優しい味わいに仕上がっています。

ミルクが酸味の角をとっていなければ、もっと食べにくいチョコレートになっていたはず。

このギリギリを見極めたブレンドが秀逸。

すごく上手にブレンドされたチョコレートだと感じます。

今回食べた4つの中で1番さっぱりしてて個人的に大好きな逸品でした。

カカオティー(これもすごくオススメ)

グリーンビーントゥバーチョコレートのカカオティー

▲カカオティー ¥350

チョコレートの専門店なので、やはりチョコレートドリンクを飲むべきなのか悩んだ末に選んだカカオティー。

これが大正解。僕カカオティーは初めて飲んだのですが、こんなにおいしいものだとは知らなかったです。

1口飲むと、まさにチョコレートの味そのもの。

当たり前ですが、カカオ豆の味わいだけを純粋に楽しむことができるドリンクです。

甘みや苦味はなくすっきりとした口当たりが楽しめて優しい味わい。

チョコレートで感じられる酸味が、このカカオティーでもちょっとだけ感じられて爽やかな味わいを演出しています。

これはチョコレートファンにはたまらないドリンクだと思います。

グリーンビーントゥバーチョコレートはドリンクメニューも豊富ですが、初めて行くなら最初に飲むことをお勧めしたいです。

まとめ

グリーンビーントゥバーチョコレートの人気メニューはエクレアですが、個人的にはボンボンショコラもすごくオススメ。

エクレアもBon Bon Chocolatも甘さがぐっと抑えられていて食べやすく、年代問わず好まれる味わいだと感じました。

そしてカカオティーも僕は初めて飲みましたが、甘さも苦さも全くないチョコレートと言う印象で、これはまた飲みたいと感動しました。

グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット

店内にはたくさんの板チョコレートが販売されていて、ほとんどは試食することが可能です。

グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット

僕はこちらのナティーボ ブランコ73%をいただきましたが、非常に深みのあるカカオの味わいと爽やかな酸味が印象的でした。

こちらは、世界最大のチョコレートの祭典「サロンドショコラパリ」の"Club des Croqueurs de Chocolat 2018」において
最高位を受賞。

ブラウンシュガー、シトラスフルーツのような酸味、わずかにパッションフルーツや花のような香りがあり、口の中で余韻が長く続くチョコレートです。

渋み、苦味がほとんどなく、クリーミーな食感で上質な味わいが楽しめるチョコレートです。

グリーンビーントゥバーチョコレートのタブレット

店内に置いてあるチョコレートは購入後イートインスペースで食べることも、もちろん可能です。

グリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラ

僕が食べた定番のボンボンショコラBOXのほかに、ホワイトデーやバレンタインデーの時期限定のチョコレートBOXも販売されています。

スターバックスリザーブロースタリーでドリンクを楽しんだ後、こちらで美味しいチョコスイーツが食べたくなった時は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ギフト用の人気ブランド高級チョコレートランキング12選↓

実際にお取り寄せして全部食べてみました。

どれを買うべきか?正直な感想をお伝えしています。

ギフト用の人気ブランド高級チョコレートの一覧写真

【実食レポ】ギフト用の人気ブランド高級チョコレートランキング12

店舗情報

グリーンビーントゥバーチョコレートの外観

東京・中目黒本店

所在地:東京都目黒区青葉台2-16-11
電話:03 5728 6420
営業時間:11:00~20:00 [ 定休日なし ]

日本橋店

東京都中央区日本橋室町3-2-1COREDO室町テラス 1F
03 5542 1785
平日 11:00~20:00 / 休日 11:00~19:00
[ 定休日なし(施設に準ずる)]

福岡・博多店

福岡県福岡市中央区今泉1-19-22西鉄天神CLASS 1F
092 406 7880
11:00~21:00 [ 定休日なし ]

京都店

京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2新風館1F
075-741-7602
11:00~20:00 [ 定休日なし(施設に準ずる)]


-スイーツ

© 2021 Y.(山口的おいしいコーヒーブログ) Powered by AFFINGER5