カフェ

ロボットが本格ドリップコーヒーを淹れてくれる「変なカフェ」が渋谷に登場!?

投稿日:2018年1月31日 更新日:


旅行・ツアーで知られるエイチ・アイ・エス(H.I.S.)は、ロボットがコーヒーを淹れてくれるという「変なカフェ」を2018年2月1日(木)に、渋谷モディの地下1階H.I.S.渋谷本店内にオープンする。

H.I.S.が運営する「変なカフェ」とは?

「変なカフェ」とはなんの冗談かと思ったが、こちらは正式名称になる。

「変なカフェ」とは、人との共同作業を可能とした「協働ロボット」が本格ドリップコーヒーを淹れてくれるロボットカフェ店舗。

提供メニューは7種類、一杯のコーヒーを淹れるのに必要な時間は、本格ドリップコーヒーがおよそ3~4分、それ以外のメニューでおよそ2~3分。

変なカフェで使っているロボットは、米国生まれの「Sawyer(ソーヤー)」と、同時に複数杯のドリップコーヒーを淹れられるバリスタマシンの「Poursteady(ポアステディ)」の2台。


▲アメリカ生まれのSawyer(ソーヤー)

本格ドリップコーヒーを淹れるロボットは、現在日本ではこちらのお店でしか稼動していない。

また、本格ドリップコーヒーで使用するコーヒーの豆は、パートナーズコーヒーという生産者の顔が見える農園指定のコーヒー豆のみを使用。

ドリップコーヒーに使っている豆はブラジル、グアテマラ、エチオピアをブレンドしたもので、エスプレッソに使うコーヒー豆は、ブラジル、コロンビア、インドネシアの豆をブレンドしている。




メニュー

・本格ドリップコーヒー 320円
・アメリカーノ 290円
・カフェラテ 380円
・カプチーノ 380円
・ココア 380円
・カフェモカ 410円
・抹茶ラテ 410円

まとめ

H.I.S.グループではテーマパーク事業も展開しており「ハウステンボス」をはじめ「変なホテル」で培ったロボットのノウハウがある。

今回の「変なカフェ」ではこれを活かし、旅行の窓口であるH.I.S.店舗にうまく溶け込んだような空間になっているという。

たしかに旅行は、イベント的な要素があれば一層楽しさもアップするというもの。

旅行に欠かせないエンターテインメント性を大切にしたいという、H.I.S.の想いが詰まったカフェでくつろぎながら旅行のパンフレットを眺めたりするのも良さそう。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー