コンビニで買えるドリンク

ローソン【アイスほうじ茶ラテ】カロリー・値段・販売期間・感想

投稿日:2018年5月22日 更新日:


 

挽きたて淹れたてのコーヒーが楽しめるローソンから「アイスほうじ茶ラテ」が再び登場!

ローソンでは過去に何度かアイスほうじ茶ラテが登場していますが、SNSでも「待ってました!」と話題になっています。

そんなローソン【アイスほうじ茶ラテ】のカロリー・値段・販売期間・感想を書いていきます。

販売期間はいつまで?

2019年4月1日(火)〜数量限定で販売。

販売終了日は設けられておらず、なくなり次第終了となります。

販売店舗

全国のローソン
(マチカフェ商品を取扱う店舗で販売)

※マチカフェ商品を取り扱う店舗でも販売していないことがあります。

アイスほうじ茶ラテ

アイスほうじ茶ラテはローソン公式サイトで次のように説明されています。

2段焙煎の香ばしいほうじ茶に、上ほうじ茶の「粉茶」を配合。ミルクに負けない、ほうじ茶とのバランスが楽しめます。スッキリした甘みが特徴の奄美諸島産の素焚糖を配合しているので、ガムシロップ無しでもおいしくお召し上がりいただけます。

出典:ローソン

値段

210円(税込)

※お手持ちのタンブラーを持っていくと、エコに協力したお礼として10円値引きとなります。

カロリー

96kcal

買い方

アイスほうじ茶ラテの買い方ですが、

  1. レジで「アイスほうじ茶ラテを下さい」と注文
  2. 店員さんが作ってくれる
  3. 受け取る

以上です。

ローソン(マチカフェ)のドリンクは、ファミマやセブンイレブンのように自分でマシンを操作をする必要はありません。

飲んだ感想

ローソンの「アイスほうじ茶ラテ」は、これまでと同じく「素焚糖(すだきとう)」が使われています。

素焚糖とは奄美諸島産さとうきび原料だけを使った砂糖のことで、スッキリとキレの良い甘みが特徴です。

素焚糖のほのかな甘みと、ミルクのコクが口の中で重なり合って芳醇な味わいが楽しめます。

個人的にはガムシロップを加えないで、そのまま飲むのがスッキリとして美味しいと感じました。

これで210円なので、お得感が高いのではないでしょうか。

数量限定での販売なので、在庫があるうちに飲んでおきたいですね。

 

2019年3月に登場したローソンの「桜ゼリーラテ」はもう飲みましたか?

さくら優しい風味とミルクのコクがマッチして美味しい一品なので、在庫があるうちに一度お試しください。

ローソン【桜ゼリーラテ】カロリー・感想・いつまで販売?

 

 

ほかのローソンドリンクを飲んだ感想などは

ローソン・マチカフェのドリンクメニュー一覧。値段・カロリー・買い方・感想

をご覧ください。

 


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー