タリーズコーヒー

タリーズのコーヒー豆「マンデリン ワハナエステート ロングベリー ナチュラル」登場

タリーズから「TULLY’S PREMIER マンデリン ワハナエステート ロングベリー ナチュラル」を11月1日(月)に発売します。

※10月16日(土)より予約受付がスタートします。

タリーズのコーヒー豆「マンデリン ワハナエステート ロングベリー ナチュラル」登場

1,850円(税込1,998円)(200g)

マンデリンコーヒーは、一般的にどっしりとした力強いフレーバーが特徴的といわれますが、今回の新作コーヒー豆は「クリーンで優しい果実感のある甘み」が特徴。

これまでのマンデリンコーヒーとは一線を画す味わいに仕上がっています。

 

▼スマトラ島の単一農園「ワハナ農園」

スマトラ島の単一農園「ワハナ農園」

インドネシア スマトラ島北部に位置するワハナ農園は、約500haの広い敷地を持ち、働き手のための学校や教会、病院などの施設もある大農園です。

農園の理念は、この地域のコーヒー品質の向上。“これまでにない、品質の高いマンデリンコーヒーを作りたい”という想いがあります。

 

マンデリンコーヒーでは珍しい「ナチュラル精製」

コーヒー豆の精製「ナチュラル」」

収穫したコーヒーを果肉が付いたまま乾燥させる「ナチュラル」

収穫期にも雨が多いスマトラ島のコーヒーは、通常、豆を早い段階で脱穀して乾燥時間を短くするインドネシア独自の精製法「スマトラ式」がほとんどです。

しかし、ワハナ農園では、大規模な屋根付きの乾燥場を整備することで、収穫したコーヒーを果肉が付いたまま乾燥させる「ナチュラル精製」で仕上げます。

ナチュラルの特徴は、コーヒーが本来持つ果実感が引き立つ味わいに仕上がること。

「豆本来の味わいがダイレクトに感じられる精製方法」といえます。

 

“ ロングベリー種 ”を100%使用

通常のコーヒーと比較して縦長の形が特徴的な、希少な「ロングベリー種」を100%使用しています。

ワハナ農園がスマトラ島の土地に適した品種の研究にも取り組む、スペシャルティコーヒー先駆者としてのこだわりの品種です。

タリーズのコーヒー豆「マンデリン ワハナエステート ロングベリー ナチュラル」登場

TULLY’S PREMIERマンデリン ワハナエステート ロングベリー ナチュラル

  • 10/16(土)より予約受付開始
  • 1,850円(税込1,998円)(200g)
  • ビーンズポイントは1袋あたり3ポイント(ハッピービーンズデーは6ポイント)の押印となります。


© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5