スタバ

スタバのアプリ注文「モバイルオーダーペイ」とは?対象店舗や頼み方も

投稿日:


 

スタバのドリンクをアプリで注文して、店舗受け取りができる新サービス「モバイルオーダー&ペイ」が2019年6月26日からスタート!

待ち時間の大幅短縮や、スタバでの注文に慣れていなくても自分好みのドリンクにカスタマイズできるなど4つのメリットがあります。

しかし、「シロップ抜き」や「エクストラホイップ」などのカスタマイズはできないので、店舗同様のカスタマイズをしたいファンにとっては、「まだ利用する段階じゃないサービス」と言えます。

ここからは、モバイルオーダー&ペイの利用方法、対象ドリンクと店舗、4つのメリット、未対応のサービスをお伝えします。

 

スタバのモバイルオーダーペイとは?

スタバのモバイルオーダーペイとは「スターバックスジャパン公式モバイルアプリ」を使ってドリンクの注文・事前決済・指定店舗での受け取りができるサービスです。このサービスによって、今後はレジに並ばなくてもドリンクが飲めます。

モバイルオーダーペイで受け取れるドリンクは一度の注文で最大5つまで。フードもモバイルオーダー可能になれば、ドリンクとフード合わせて5商品までとなります。

現在はレギュラードリンクのみモバイルオーダー可能。フードはまだ注文できませんが、シアトルのスターバックスではフードのモバイルオーダーが可能なことから、日本でも注文できるようになると予想されます。

モバイルオーダーペイの対象店舗は東京都内の56店舗。2019年末までに300店舗に拡大予定。2020年内には全国のスターバックスコーヒーがモバイルオーダーペイ対象店舗になる予定です。

対象店舗

千代田区

中央区

港区

渋谷区

新宿区

新宿アルタ店

武蔵野市

武蔵境イトーヨーカドー店

三鷹市

調布市

府中市

京王府中駅ビル店

小金井市

立川市

日野市

イオンモール多摩平の森店

八王子市

昭島市

昭島モリタウン店

稲城市

稲城東長沼店

武蔵村山市

対象ドリンク

コーヒー(デカフェ変更不可)

できるカスタマイズ一覧

エスプレッソ(デカフェ変更可)

できるカスタマイズ一覧

フラペチーノ

できるカスタマイズ一覧

ティー

できるカスタマイズ一覧

ティーラテ

できるカスタマイズ一覧

その他ドリンク

できるカスタマイズ一覧

モバイルオーダーペイの頼み方

スタバ公式アプリを開き、一番最初の画面の赤枠「アプリからはじめる新しいTogoスタイル」をタップ。

ドリンクを受け取るお店を選ぶ

店舗ごとに、受け取りまでの時間が表示されています。

短い場合だと3〜5分後に受け取り可能。遅くても10〜15分後には受け取れます。

お店の機械が故障したり、トラブルが発生すると、「モバイルオーダーは停止中です」と表示されます。

受け取る店舗を選んだら、ドリンクをオーダーします。サイズはショート(240ml)、トール(350ml)、グランデ(470ml)、ベンティ(590ml)から選べます。1サイズアップ毎に+40円加算されます。

ドリンクをお好みの一杯にカスタマイズできます。

ミルクは、豆乳またはブレべ変更時のみ+50円。低脂肪タイプ&無脂肪乳は無料で変更できます。
シロップはバニラ、キャラメル、アーモンドトフィーのみ追加できます。モカ、ホワイトモカなどは追加できず、シロップ抜きもできません。
フラペチーノの場合はチョコチップ、コーヒーを追加できます。ただ、チョコチップ追加&増量のような豪華カスタマイズはできず、抹茶パウダーなども増量できません。
ホイップは追加または抜くかを選べます。エクストラホイップはできません。
持ち帰り用の袋の有無を選べます。無料なのでお好みで。
ドリンクを選んだら、注文内容を確認して「決定する」をタップ。
「利用規約に同意の上、決済する」ボタンをタップすれば、アプリに登録しているメインのスタバカードで支払いが行われます。※現在クレジットカードなどでは支払いできません。

決済完了後、受取番号が表示されれば注文完了です。受取番号と受取時間を確認して、指定した店舗へ受け取りに行きましょう。

ドリンクの受け取り方法

モバイルオーダーしたドリンクが用意できたら、プッシュ通知で知らせしてくれます。

ドリンクは、モバイルオーダー用のカウンターに用意されているので、列に並ばず受け取れます。

以上が「モバイルオーダーペイ」での注文の流れです。このサービスを利用すると、店舗に滞在時間する時間は10秒ほどに。

しかし、時間指定できれば良いのに、という声も見られます。

ここからは、モバイルオーダーペイの「4つメリット」と「未対応のサービス」をそれぞれまとめました。

4つのメリット

レジに並ばなくて良い

スターバックスは全国的にどこも混雑していて、特にランチタイムや15時台は長蛇の列ができます。

せっかくの貴重なお昼休みをレジに並んで過ごすのはもったいなかったのですが、これからはお昼休憩の1時間を有効活用できそうです。

常に時間がない現代人にとって、時間が作れるのはもっとも大きなメリットではないでしょうか。

後ろのお客さんを気にせずカスタマイズできる

僕がスタバに通い始めの頃は、自分の後ろに長蛇の列ができているので「カスタマイズはやめておこう」と思った経験があります。

オーダー自体に時間がかかって気まずい上、混雑時に複雑なカスタマイズをすると、オペレーションミスによる作り間違えなども発生しやすくなります。

そうなると、他のお客さんにもPTRさんにも迷惑になるので、次第に「カスタマイズするのは早朝だけ」となり、しまいには混雑する日中はスタバに行かなくなりました。

しかし今後は、モバイルオーダーペイでも一部のカスタマイズが可能なので、今後は日中でもカスタマイズしたドリンクが飲めます。

また、スタバでの注文に慣れていなくてもゆっくりカスタマイズできるのは大きなメリットです。

購入履歴から再オーダー可能

「前回おいしかったカスタマイズドリンク」を簡単に再注文できるので、「こないだ美味しかったのなんだっけ?」ってならずに済みます。

いつも注文するお気に入りの一杯をスピーディーに注文できますね。

コーヒーおかわりがeチケットでできる

モバイルオーダーペイでドリップコーヒーやカフェミストを購入すると、「ワンモアコーヒーeチケット」が発行されます。

今まではレシートを提示しておかわりをしましたが、レシートを紛失すると当然おかわりはできませんでした。

今後は、デジタルのeチケットに変わることでレシート紛失の心配も無用になります。

※eチケットは、公式モバイルアプリの「eTicket一覧ページ」で確認できます。
※eチケットは店舗レジでのみ使用可。モバイルオーダーペイでの注文時には使えません。

未対応のサービス

季節限定ドリンクは注文できない

季節毎に登場する限定フラペチーノなどの「新作ドリンク」は注文できません。

シロップ抜きや変更、増量などのカスタマイズ

スタバには全部で9種類のシロップがありますが、モバイルオーダーペイでは3つのシロップしか選べず、シロップ変更もシロップ抜きもできません。

ホイップ、シロップ、チョコチップの増量もできません。

チョコレートソース・キャラメルソース追加も、一部のドリンクでしか行えません。

フラペチーノへのコーヒー追加は「ロースト」のみでエスプレッソショット追加はできず、エスプレッソショットの味を変えるリストレットもできません。

シトラス果肉追加オールミルクなども残念ながらオーダーできません。

冒頭でも述べましたが、店舗でいつも注文するようなカスタマイズドリンクを飲みたいファンにとって、モバイルオーダーペイは「まだ利用する段階じゃないサービス」と言えそうです。

コーヒーはデカフェ変更できない

スターバックスラテなど「エスプレッソが入っているドリンク」はデカフェ(カフェインレス・ノンカフェイン)に変更できますが、ドリップコーヒーやカフェミストはデカフェに変更できません。

デカフェはもともと受け取りに時間が5〜10分ほどかかるので、モバイルオーダーペイでも頼めるようになれば受け取りまでの時間を短縮できるので、今後に期待したいです。

まとめ

さて、今回はスタバのアプリ注文「モバイルオーダーペイ」での頼み方や対象店舗、カスタマイズなどについて書きました。

モバイルオーダーペイの対象店舗は、東京都内の56店舗。

2019年末までに300店舗に拡大予定。2020年内には全国対応の予定。

常時販売されているレギュラードリンクはモバイルオーダー可能で、一部のカスタマイズも可能です。

店舗同様の細かいカスタマイズは現在オーダーできませんが、今後に期待したいです。

あわせて読みたい

モバイルオーダーペイの利用にはスターバックスカードが必要です。カードの発行手順を画像で簡単にまとめました!

スタバカードの作り方・使い方・チャージ方法・4つのメリット

 


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー