カフェ

原宿のマグカップ店Mug popに100円コーヒースタンドが登場

2017年11月17日

コーヒーブロガー山口が、全国のカフェ情報をお伝え。

メイドインジャパンのマグカップ専門店「Mug pop(マグポップ)原宿店」は、2017年11月17日(金)よりコーヒースタンドを併設。

コーヒーは1杯100円~飲むことができる。

そしてMug popが全国各地30以上の陶芸家、窯元から直接仕入れた350種類以上の中からセレクトしたマグカップにコーヒーを注いでもらえる。

約300種類のカップを販売する売り場にカフェを併設
▲350種類以上のカップを販売する売り場にコーヒースタンドを併設

たしかにコーヒーを飲む際に意外と大事なのが、マグカップの口当たり。

口をつける部分の厚さや、なめらかさによって同じ豆でもコーヒーの印象が変わるのを僕も経験したことがある。

マグカップの縁が狭く縦長の形状だと空気にふれる部分が少ないのでコーヒーが冷めにくい。

また、飲んだときにコーヒーが一気に舌の奥に届きやすく、苦味を感じやすい形状。

逆に縁が広がっているマグカップだと、舌全体にコーヒーが広がりやすく、酸味を感じやすいのが特徴。

さて、ここからはMug popのカップを少しご紹介する。

青山窯のカップ&ソーサーで楽しむエスプレッソ
▲青山窯のカップ&ソーサー

村山大介作のカップで楽しむコーヒー
▲村山大介陶芸研究所のカップ

カフェのカップは約30種類から選べます

店内は、ひっきりなしにお客さんが出入りしていて、ひとつひとつ丹念に作られたものばかりなので欲しいマグカップが見つかったら即買っておいたほうが良さそう。

【メニュー】

ホットコーヒー(S)
100円(税込)
ホットコーヒー(M)
200円(税込)
ホットコーヒー(L)
300円(税込)
エスプレッソ
200円(税込)

※Mug popで取り扱っている、各窯元・陶芸家の約30種類のマグカップから選べる。

【席数】

畳の小上がり 2~3名、スタンド(椅子なし) 約3名

【Mug popのカップについて】

特定のスタイルに偏らず、有田、瀬戸、美濃、益子など日本各地から、伝統的な和柄、普段使いのカジュアル系、気鋭若手陶芸家のモダン系まで、様々なスタイルの器が集まっている。

値段は1,000円~12,000円。

お店には英語対応のスタッフが常駐しているのも、外国人観光客の多い原宿ならではのサービス。

【店舗情報】

Mug pop 原宿店

住所:
東京都渋谷区神宮前1-8-25 1F B号/
電話番号:
080-4897-3456
営業時間:
11時~19時
定休日:
なし

-カフェ

© 2021 Y.(山口的おいしいコーヒーブログ) Powered by AFFINGER5