コーヒー豆の通販 タンザニア 自家焙煎

オオヤコーヒーの豆を通販で買って一番おいしい飲み方を徹底検証

投稿日:2017年9月7日 更新日:


コーヒーブロガー山口が、京都のコーヒー焙煎所「オオヤコーヒー」のタンザニア産コーヒー豆を3つの方法で抽出し、一番おいしい飲み方をお伝え。

このタンザニア産の豆はどういうドリッパーで抽出すると一番おいしく飲めるのか?

このコーヒー豆にあった豆の挽き具合は?

などコーヒーの味を決める大切な要素をさまざまな角度から検証してみた。

コーヒーの風味や舌ざわり(ボディ感)などを文字でお伝えするのは難しいのだが、僕が実際に飲んで感じたことをできるだけ細かく、わかりやすくお話ししていきたいと思う。

通販サイトでの販売や、店頭販売などでオオヤコーヒーのタンザニア産の豆を購入したあなた。

もしくは購入を考えているあなたにとって少しでも役立つ記事になれば嬉しい。




オオヤコーヒーとは?

京都にあるコーヒーロースターで、京都市上京区にあるKAFE工船(カフェ コウセン)と岡山県倉敷市にあるCafé gewa(カフェガワ)という2つの喫茶店で自家焙煎コーヒーを提供している。

コーヒー豆の販売は、店頭とWebサイト(tomboloオンラインストア)で行っている。

Webサイトで通販購入する場合、tomboloオンラインストアにて会員登録を行うことで購入することができる。


▲会員登録後、GIFTをクリック。


▲美味しいコーヒーをクリックすると、コーヒー豆についての細かい情報を見ることができる。


▲取り扱う豆は月替わりとなっている。

コーヒーを焙煎するのは、オオヤコーヒー代表のオオヤミノルさん。

「コーヒーをアーティストのように作ってロックミュージシャンのように表現したい」と公言していることもあり異端焙煎家ともいわれる。

また全国各地で、コーヒーをおいしく淹れるためのレクチャーを行う「コーヒーセミナー」などの活動も精力的におこなう。

このように、コーヒー界において有名なオオヤミノルさんが焙煎する豆は人気が高く入手困難ともいわれる。




オオヤコーヒーのタンザニア豆と特徴は?


画像提供:オオヤコーヒー

今回、僕が購入した中深煎り(シティロースト)のタンザニア豆は、やわらかい甘みとすっきりした苦味が特徴のようだ。

タンザニア豆はもともと強い酸味を含むのコーヒー豆だが、深く焼くことで酸味が上質な苦味に変わるのが特徴だ。


▲タンザニア 100g 650円(税込)

欠点豆をひとつひとつ手作業(ハンドピック)で丁寧に取り除いてある。そのおかげでコーヒー豆の粒がきれいに揃っており、ナッツを思わせるいい芳ばしい香りがしている。

3種類の定番ドリッパーで飲み比べ


▲左からHARIO V60ドリッパー、Kalita3つ穴ドリッパー、Melittaアロマフィルター

コーヒーを抽出する際に、どのドリッパーを使うかによって味わいが全然違う。

昔から定番といわれている3種類のドリッパーを使ってコーヒーを淹れてみたので、参考になればうれしい。




HARIO V60ドリッパーでは苦味が刺激的

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:フルシティロースト(深煎り)

豆の挽き具合:細挽き(Kalitaニューカットミル:ダイヤル2)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

タンザニアの風味を5段階で見る

Kalitaニューカットミルで細めに挽いたコーヒー粉をHARIO V60ドリッパーにセットし、タカヒロ製のコーヒーポット雫で静かに、ゆっくりとお湯を注いでいく。

すると、かすかにナッツを思わせる香りが立つ。

一口飲んでみると、とがっていて刺激的な苦味が舌とノドにじんわりと染みわたる。

この苦味はブラジル豆のコーヒーを飲んだときに感じられるものに近い。

甘みは控えめで、大人の風味を感じられるコーヒー。

熱いうちはもちろん、冷めても酸味はほとんど感じない。

もともと味に奥行きや豊かさがあるトラジャやマンデリン、グァテマラを普段飲んでいると、少し退屈な味わいに感じるかも知れない。

しかしこのシャープな苦味はお菓子と相性が良さそうなので、次に淹れるコーヒーで試してみよう。

後味はそこまでしつこくないが、もう少しスッキリとしたキレのある淹れ方をすれば、より飲みやすくなるだろう。

粉の挽き具合も、細挽きから中挽きに変えて、Kalita3つ穴ドリッパーで淹れてみる。

丸くおだやかな口当たりに仕上げられるKalita3つ穴ドリッパー

突出したシャープな苦味が、丸くおだやかで嫌味のない苦味に変わり飲みやすくなった。

またわずかに酸味も感じられるように。この酸味により、さっきまでの少し物足りない感が満たされ、全体の味のバランスも整った。

コクの深さはHARIO V60ドリッパーで抽出した時より多少軽くなったが、それでも軽すぎることなく重くもなく、ちょうど良い。

いま、フランスのお菓子フィナンシェと一緒に楽しんでいるが、このお菓子のほんのりとした甘みがコーヒーの苦味をより一層やさしいものにしてくれる。

またフィナンシェに含まれるバターが、タンザニアコーヒーにコクを与え、よりおいしく楽しむことができる。

バウムクーヘンやプレーンクッキーなど味の主張がそこまで強くないお菓子との相性が良いだろう。

最後に、ドリッパーの元祖メリタのアロマフィルターで淹れてみよう。




もっともクリアな味わいに仕上がったMelittaアロマフィルター

苦味とコクはこれまでのドリッパーでもっとも控えめな仕上がりに。

後味もスッキリとキレが良く、全体的にクリアな味わい。

アメリカンコーヒーのような、あっさり感を楽しみたいシーンではメリタで抽出すると良いだろう。

今度はプレーンワッフルと一緒に楽しんでいる。合わないことはないが、コーヒーにもう少しコクや、ボディ感といわれる食感があったほうが、お菓子に味が負けずに、どちらもより美味しくいただけると感じた。

まとめ

・オオヤコーヒーのタンザニア豆はナッツのような香りをかすかに感じることができ、シャープな強い苦味を持った豆。

・Kalita、HARIOでの抽出なら、バウムクーヘンやプレーンクッキーなどのお菓子と合う。Melittaだとあっさりしすぎてお菓子に味に負けてしまう。

・中挽きにした粉をKalita3つ穴ドリッパーで抽出することで丸くおだやかな口当たりに。また酸味が抽出できることで全体の味のバランスが整って飲みやすくなる。今回の検証でもっともおすすめの抽出方法。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます↓


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


バターを入れたかのような深いコクと重厚な味わいの高級コーヒー
土居珈琲のゴールデンマンデリンは評判通りおいしいか徹底検証


幸福感につつまれるひとときを過ごせる甘〜いコーヒー
土居珈琲「甘いブレンド スペシャルミックス」は評判通りおいしい?


チョコレートの風味が好きなあなたにおすすめしたい、焙煎歴40年の技が生み出す独特のコーヒー
土居珈琲のグァテマラは評判や口コミ通りおいしいか徹底検証


インヴァート法で飲んでも美味しく飲める、高品質コーヒー豆の販売店
コーヒー豆のおすすめ販売店|焙煎室ハンドピック グァテマラ編


【悲報!?】キラリスやシエスタに出店で話題の自家焙煎コーヒー豆屋さん
テーラードコーヒー函館での豆購入で気をつけたい2つのこと




通販における送料・代引き手数料

tomboloオンラインストア
https://tombolo.shop-pro.jp/

<送料>
北海道:500円
東北:800円
関東:850円
北陸・中部:900円
関西:1000円
中国・四国・九州・沖縄:1300円
その他、離島は別途負担

※10,000円以上の購入で送料無料。

<代引き手数料>
420円

天然酵母パン tombolo(こちらのお店でもコーヒー豆を販売しています)
住所:北海道函館市元町30-6
電話番号: 0138-27-7780
営業時間:11:00~17:00
定休日:月、火曜日
駐車場:なし
メールアドレス: info@tombolo.jpn.org


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ad




プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓

カテゴリー