スイーツ

【実食レポ】ロイズのオリジンチョコレート カカオ70%の感想

ロイズのオリジンチョコレート カカオ70%の評価

コーヒーに合うチョコレートを探しているうちに、チョコレートにすっかりハマって色々と食べてレビューしています。

今回は、僕が住む北海道のロイズチョコレートのレビューです。

ロイズといえばド定番の生チョコレートが有名ですが、隠れた人気商品「ロイズ オリジンチョコレート カカオ70%」を購入。

ロイズのオリジンチョコレート カカオ70%

落ち着いたカラーのパッケージで男女問わずプレゼントできそうなビジュアル。

香り、味わい、余韻で楽しむ4種のカカオが楽しめるこちらのチョコレートはカカオの産地によって異なる美味しさが楽しめる一品。

多彩なカカオの個性を引き出し、エクアドル・ベトナム・ベネズエラ・マダガスカルの4種類のチョコレートが詰まっています。

カカオ分は、それぞれのカカオの魅力が際立つ70%なので、とにかく甘さが抑えられていて食べやすい。

ロイズのオリジンチョコレート カカオ70%

個別で包装されているので、鞄に忍ばせておいてもいいし、ばらまき土産としても選びやすい。

上から順にチョコレートの味わいの感想を書いていきます。

エクアドルはカカオのほろ苦さが感じられ、甘さを抑えられていて味全体のバランスが上品に整ったチョコレートという印象。

オーソドックスな美味しさが感じられて、すっきりとした甘さが特徴的。

ベトナムは一口舐めるとアーモンドのような香ばしい風味が鼻から抜けていくのがとても印象的。

カカオの産地が違うだけでこんなに風味の印象が変わるのは面白い。

ベネズエラも、アーモンドのような香ばしい味わいが印象的。さっぱりしたアフターテイストが個人的に好き。ベネズエラはコーヒーとの相性も抜群に良い。

最後にマダガスカル産のカカオを使用したチョコレートは、柑橘系のフルーツを思わせるジューシーな酸味が感じられて、苦みが4種類の中で最も控えめ。深みのある味わいが口に広がる。

有名な生チョコレートよりもグッと甘さ控えめで食べやすく、より大人向けの味わいに仕上がっています。

バレンタインやホワイトデー用のチョコレートみたいに高級感は無いかもしれませんが、個人的にはベルギーやフランスのチョコレートよりもすっきりした口当たりで食べやすいと感じました。


-スイーツ

© 2021 Y.(山口的おいしいコーヒーブログ) Powered by AFFINGER5