コーヒー豆の通販レビュー

猿田彦珈琲のおすすめコーヒー豆|旅の扉ブレンド

投稿日:2017年9月19日 更新日:


コーヒーブロガー山口が、全国各地で売っているコーヒー豆の味や香り、オススメの抽出方法などをレビュー。

今回は猿田彦珈琲 表参道店で2番人気のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」というコーヒー豆を買って飲んでみた。

オレンジやレモンのようなフルーティーな風味が特徴で、休日の目覚めに飲みたくなるような、さわやかな口当たりのおすすめコーヒー豆だ。




猿田彦珈琲とは?

東京の恵比寿を中心に新宿や表参道に店舗をかまえるスペシャルティコーヒー専門の有名カフェ。

「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」をコンセプトに掲げて2011年6月にオープン。

コーヒー豆を炒るのに使っている焙煎機は、アメリカのメーカーLoring社(ローリング)のSmart Roaster(スマートロースター)という熱風式のもの。

このスマートロースターで自家焙煎された豆から、一杯ずつ丁寧にハンドドリップで抽出されたコーヒーが味わえる。

コーヒー豆を公式オンラインショップで買うこともできる。数種類のブレンドコーヒーを販売しており、少しだがシングルオリジンコーヒーも販売している。

コーヒー関連の雑誌でも多く取り上げられていたり、その他メディアへの露出も多いことから僕も前々から気になっており、東京に行った際はぜひ立ち寄ってみたいカフェのひとつだった。


▲猿田彦珈琲 表参道店の店内。

コーヒー豆はカウンターに並べられており、それぞれのコーヒー豆の味や香りなど聞くと店員さんが丁寧に教えてくれた。

その際におすすめのコーヒー豆はどれか伺うと表参道店の限定豆「旅の扉ブレンド」とのこと。

この豆は表参道店で2番人気のおすすめ豆なのだそうで、たいへん興味を抱いた僕は1番人気の豆と一緒に買って飲んでみた。

※猿田彦珈琲で1番人気のブレンド豆のレビューはこちら

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」とは?


▲猿田彦珈琲の旅の扉ブレンドはコーヒー豆が100g入って760円。


▲旅の扉ブレンドはコスタリカ産の豆、ブラジル産の豆、そしてケニア産の豆と3種類のコーヒー豆が配合されている。


▲コーヒー豆は粒がふっくらと焼きあがっており、シティロースト(中深煎り)くらいの焙煎度合いとなっている。

コーヒー豆からはオレンジやレモンといった柑橘系の果実のような、さわやかな香りが立っている。


▲コーヒー豆が入っているアロマシール袋は、豆から炭酸ガスが発生するのを応用して新鮮さを保つようになっている。

しかし豆を買ったら、なるべく早くキャニスターや瓶などの保存容器に移し替えたほうが鮮度をキープできる。




猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」を3つの器具で飲む

おなじ豆でも抽出する器具によって味や香りなどの風味が変わるのが、コーヒーの面白いところ。

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をHARIO V60円すいドリッパー、Kalita3つ穴ドリッパー、HARIO製ウッドネック ネルドリッパーの3種類で飲み比べてみる。

あなたが持っているドリッパーだとこんな味のコーヒーになるんだな、と参考にしてもらえれば嬉しい。

なお、コーヒーはつぎのように抽出している。

こんな感じで豆を挽いたりしました

焙煎度合い:シティロースト(中深煎り)

豆の挽き具合:中挽き(Kalitaニューカットミル:ダイヤル2.5にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L


KalitaニューカットミルをAmazonで探す
Kalitaニューカットミルを楽天で探す


タカヒロ ドリップポット雫をAmazonで探す
タカヒロ ドリップポット雫を楽天で探す

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をHARIO V60で飲む


ハリオV60ドリッパーをAmazonで探す
HARIO V60ドリッパーを楽天で探す

猿田彦珈琲 旅の扉ブレンドの風味を5段階でみる

Kalitaニューカットミルで中挽きにした旅の扉ブレンドをHARIO V60ドリッパーにセットし、お湯を静かに注ぐ。

すると、オレンジやレモンを思わせる柑橘系の果実の香りがあたりに広がる。

さっそく一口飲んでみると、先ほど匂ったオレンジやレモンのような柑橘系の果実を思わせる、さわやかな酸味が口に広がる。

まるでレモンティーのような風味の旅の扉ブレンドは気分を爽快にさせてくれる。休日の朝に飲めば気持ちの良い1日を過ごせそうなフレッシュ感あふれる味わい。

苦味は控えめなので、あまり苦いコーヒーが好きじゃなくても飲みやすく感じるのではないだろうか。

酸味がメインの旅の扉ブレンドだが、ほんのりとした甘みも含まれているので、とがったような酸っぱさではなくマイルドな酸味を味わうことができる。

コクは浅めであっさりしており、しつこさがない。

後味はすっきりしていて舌や喉に嫌な酸味感が残ることもない。

冷めてくると、ベリー系の果実の味わいを感じる。ここまでくるとコーヒーを飲んでいることを忘れそうになるくらい、コーヒー感がまるでなく新感覚の飲み物という印象。

個人的にはもう少し濃厚な舌触りと深いコクをこの旅の扉ブレンドで味わってみたいと感じたので、次はネルドリップでコーヒーを抽出してみる。




猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をネルドリップで飲む


▲濃厚な味わいにするためお湯はゆっくり注ぎ、時間をかけて抽出する。


▲お湯を注いでコーヒーの粉を湿らせたら30秒ほど置いて蒸らす。


HARIOドリップポット ウッドネックをAmazonで探す
HARIOドリップポット ウッドネックを楽天で探す

ネルドリップで抽出した旅の扉ブレンドを飲んでみる。

HARIO V60で抽出したときより、コクが明らかに深くなってナッツのような豆本来の味わいをより感じられるようになった。

また舌触りもまろやかになって少し重みが出た。

苦味はそこまで大きく変わらないが、酸味はHARIO V60での抽出よりも少し強くなったように感じる。

そのため甘みもあまり感じることができず、コーヒーが冷めてくると酸味がより強くなってくる。

酸味の強いコーヒーが好きじゃないならネルドリップ抽出はおすすめしない。

コクも味わいも深く、一杯で満足感を得られるコーヒーに仕上がったが、もう少しすっきりした味わいにしたいので、Kalita3つ穴ドリッパーで抽出してみる。




猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をカリタで飲む

KalitaドリッパーをAmazonで探す
Kalitaドリッパーを楽天で探す

HARIO V60で抽出した時はほぼ感じられなかった、豆本来のナッツのような風味がよく感じられて味わいが豊かになった。

酸味も3つの器具のなかでもっとも控えめで非常に飲みやすい一杯に。

そのためHARIO V60での抽出の時のようなレモンティーっぽい口当たりではなく、コーヒーの深い味わいが楽しめる一杯となった。

後味もすっきりとキレのよい仕上がりで、雑味やえぐみもなく最後の一滴まで美味しく飲める。

3つのコーヒー器具で抽出して飲み比べてみたが、僕はKalita3つ穴ドリッパーでの抽出がもっとも美味しい一杯だと感じた。

まとめ

・猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」は豆が100g入って760円。

・オレンジやレモンを思わせる柑橘系の果実のような風味。

・HARIO V60で抽出するとレモンティーのようなあっさりした味わいに。

・Kalitaで抽出すると豆本来のナッツのような芳ばしさと柑橘系のさわやかさの両方を楽しめる。

・ネルドリップ抽出はもっとも濃厚だが酸味が突出したような味わいなので飲み手を選ぶ。

猿田彦珈琲の店舗情報


猿田彦珈琲 表参道店(さるたひこコーヒー)

※オンラインショップはこちら

住所:東京都渋谷区神宮前4-3-3 バルビゾン7番館 H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando 1F

※東京メトロ表参道駅A2出口より徒歩約3分。原宿2丁目商店街(原二本通り)沿いスタバの隣り

営業時間:11:00~19:00
定休日:なし
禁煙、喫煙:完全禁煙
駐車場:なし


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバが今よりお得になるクレジットカード3選【スタバ代が14.8%お得に】

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓