記事タイトル下広告



コーヒー豆の通販レビュー

サザコーヒーの豆「初回お試しセット」飲んだ感想を正直に述べる

投稿日:

コーヒーブロガー山口です。
@yamaguchicoffee

32,400円のブルーマウンテンなど1,000種類以上の通販コーヒー豆を飲む僕が、サザコーヒーの豆「初回お試しセット」の正直な感想を述べます。

サザコーヒーとは?

サザコーヒーとは、茨城県ひたちなか市に本社を置くコーヒー会社です。

自社のコーヒー農園を有しており、1998年にコロンビアで「サザコーヒー農園」を開設。

現在コロンビアコーヒー生産者連合会会員。世界最高値の「パナマコーヒー」の販売も行っています。

サザの由来は茶道の表千家の儀式「且座式(しゃざ)」から。

サザコーヒーで使用している焙煎機は世界最高のマシンと言われるPROBAT(プロバット)の半熱風式です。

サザコーヒーはYouTubeチャンネルも開設しており、美味しいコーヒーの淹れ方のレクチャーも行っています。

サザコーヒーの豆「初回お試しセット」

サザコーヒー コーヒー豆初回お試しセット

サザコーヒーの豆「初回お試しセット」は公式ホームページで次のように紹介されています。

サザコーヒーを初めてご購入のお客様限定!

どのコーヒーを買うか迷ってしまう時に是非ご利用ください。
おすすめコーヒー4種類がセットになったお試し特別価格です。

※お一人様3セットまで。サザコーヒー

初回お試しセットのコーヒー豆4種は、お湯の温度を80〜85°Cで抽出することを推奨しています。

お湯の温度が設定できるケトルなら85°Cに設定できるものが多いです。

お湯の温度が高いと苦味を感じやすく、温度が低いと甘みを感じやすくなるので、お好みで温度を調節してください。

【温度設定できるコーヒー器具がない方へ】

お湯の温度を簡単に85°Cにする方法」でやり方を説明しています。これが一番簡単です。

値段・容量

200g 1,500円(税込)
※50g×4種類

  • サザスペシャルブレンド 50g
  • 德川将軍珈琲 50g
  • サザグァテマラ 50g
  • ケニア 50g

各コーヒー豆の状態・焙煎度合い

サザスペシャルブレンド

サザスペシャルブレンド

コーヒー豆の大きさも均一に揃っており、割れたり欠けたりの欠点豆も見られません。状態は良好です。焙煎度合いはフルシティローストです。

※焙煎度合いについて、こちらで説明しています。

コーヒー豆のローストや焙煎度合い・焙煎方式ごとの味の違いを解説

また、ブレンドされているコーヒー豆の種類はグァテマラ・コロンビア・ブラジル・モカの4種類です。

コーヒー豆の種類ごとの味の違いは、こちらで説明しています。

コーヒー豆の種類や味の違い|お気に入りの豆を探すたった1つのコツ

德川将軍珈琲

徳川将軍珈琲は、割れたり欠けたりのコーヒー豆が混じっていたので、気になる方は取り除いてください。

焦げた味を少なくできます。僕は焦げが苦手なので取り除きますが、気にならない方はそのままでもOK。

また、ミルクを入れてカフェオレにするなら取り除かなくて平気です。むしろ焦げた味わいが良いアクセントになります。

焙煎度合いはフレンチロースト

コーヒー豆の種類はマンデリン・エチオピアの2種類をブレンドしています。

サザグァテマラ

コーヒー豆の大きさは均一に揃っており、焼きムラも見られず綺麗な状態です。

割れたり欠けたりしたコーヒー豆も入っていないので、ハンドピックの手間もかからず、そのまま飲むことが可能です。

焙煎度合いはフルシティロースト

コーヒー豆の種類はグァテマラ アンティグア サンセバスチャン農園で収穫されたコーヒー豆のみ使用したシングルオリジンです。

ケニア

ケニアもコーヒー豆の大きさが均一で、焼きムラもほとんど見られず綺麗な状態です。

パッケージを開封すると、感じられるフルーティーな香りが印象的です。

焙煎度合いはシティロースト

ケニアで収穫されたコーヒー豆のみ使用しています。

コーヒー豆初回お試しセットの感想

サザスペシャルブレンド

一口飲んでみると、ほどよい苦味と上品さを感じさせる酸味、ほのかな甘みとコクのバランスが美しくまとまった印象を受けます。

ファンに50年以上愛されているコーヒー豆というのも納得の味わいで、誰が飲んでも「美味しいと感じる味わい」を目指したことが分かります。

同じ土俵では語れないかも知れませんが、味の方向性はドトールのマイルドブレンドに似ています。

僕は4種類の中で、サザスペシャルブレンドが一番おいしいコーヒー豆だと感じました。おすすめです。

レビュー記事:サザコーヒーの豆「サザスペシャルブレンド」飲んだ感想を正直に述べる

德川将軍珈琲

德川将軍珈琲は、ほどよい苦味と酸味が感じられ、バランスの良い味わいが楽しめます。

酸味のキレが非常に良くて飲みやすく、深煎りコーヒー豆ならではの苦い余韻が長く続きます。

特筆すべき美味しさがあるコーヒーと言うよりも、誰もが普通に美味しいと飲めるデイリーコーヒーという印象でクセがなく飲みやすいです。

ただ200g 1,500円という値段を考えると、他の選択肢もアリかなと思います。

※Amazonなら、かなりお得に購入できます。この値段ならアリ。

レビュー記事:サザコーヒーの豆「徳川将軍珈琲」飲んだ感想を正直に述べる

サザグァテマラ

サザグァテマラは、グレープフルーツを思わせるジューシーな酸味と苦みが印象的です。

ほのかな甘味が酸味をマイルドにしており、多くの人にとって飲みやすい味わいに仕上がっています。

個人的にはネルドリップした時が一番おいしいと感じました。

酸味を少なくするならネルドリップかペーパードリップがおすすめです。

※ネルフィルターは山形県コフィアの特製フィルターを使用。数あるネルフィルターの中でも圧倒的に頑丈で、コーヒーを美味しく抽出できます。

レビュー記事:サザコーヒーの豆「サザグァテマラ」飲んだ感想を正直に述べる

ケニア

サザコーヒーのケニアはペーパードリップで飲むと、オレンジを思わせるジューシーな甘酸っぱさと、グレープフルーツを思わせる苦味が感じられます。

甘みがあるため酸っぱいと感じることはなく、酸味が強いコーヒーですが飲みやすいです。

時間が経ってコーヒーが冷めてくると酸味がマイルドになり、オレンジのような甘みがより感じられるようになります。

ただ、グレープフルーツのようなピリッとした苦味も強まります。

このピリッとした苦味は好みが分かれるかと思いますが、フレンチプレスで抽出すると苦味も酸味もマイルドになって飲みやすく美味しいです。

レビュー記事:サザコーヒーの豆「ケニア」飲んだ感想を正直に述べる

まとめ

さて、今回はサザコーヒーの「コーヒー豆初回お試しセットを飲んだ感想を正直に述べる」というテーマでした。

振り返ってみると酸味が多いコーヒー豆が多かったですが、どれも上品さが感じられるコーヒー豆だと感じました。

100g換算すると、いずれのコーヒー豆も600円ほどですが、値段に見合った価値を実感できると思います。僕の想像よりもずっと美味しいコーヒー豆でした。

このブログでは日本全国のコーヒー豆をレビューしており、特に美味しかったコーヒー豆をこちらで紹介しています。

_________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆10選

コーヒーギフトおすすめ人気24選【おしゃれ・高級・スタバなど各ジャンルまとめ】

コーヒードリッパーおすすめ5種を一挙紹介【コーヒー専門家が厳選】

プロフィール

【 自己紹介 】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きです。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃からおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを通販で購入して飲んでみたり、焙煎を学んだりして、「本当に美味しいコーヒー」を探し求めるようになりました。

しかし、コーヒー豆は様々な場所で販売されており、正直どれが美味しいのか買ってみないと分かりません。

そこで、僕が実際に全国のコーヒー豆を購入し、本当に思ったことを書いていこうと決めました。

ほぼ毎日新しいコーヒー豆を飲んでいるので、こまめにチェックしてみてください。

レビューしているコーヒー豆↓

・ブルーマウンテンNo.1などの高級豆

・100g 700円以上のちょっと高級なコーヒー豆

・ジャコウネコの糞から採取した変わり種のコーヒーなど

ほかにも「ここのコーヒー豆を飲んで欲しい」というリクエストがあれば受け付けています。美味しそうだなと思ったら購入してレビューします。

また、このブログでは全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓