コーヒーの豆知識

コーヒー豆の新品種「スターマヤ コスタリカSHB」キーコーヒーより登場

キーコーヒーから、優れたカップクオリティと高い生産性を持つ新品種『スターマヤ コスタリカSHB』が2021年10月18日(月)より登場します。

全国のキーコーヒー直営ショップ(52店舗)および、公式ECサイト「KEY COFFEE 通販倶楽部」にて数量限定での発売となります。

コーヒー豆の新品種「スターマヤ コスタリカSHB」

コーヒー豆の新品種「スターマヤ コスタリカSHB」

▼新品種登場の背景

コーヒー業界は、気候変動の影響により2050年までにアラビカ種の栽培適地が半減すると危惧されている「コーヒーの2050年問題」を抱えています。

高品質なコーヒーの栽培が困難になることに加え、コーヒー生産者の減少など、今後のコーヒー栽培が不安視される中、キーコーヒーでは「コーヒーの未来を守る」取り組みとして、2016年より国際的な研究機関であるワールド・コーヒー・リサーチと協業をスタート。

2017年よりインドネシア・トラジャ地方の直営農園にて「国際品種栽培試験」を開始するなど、さまざまな気候変動適応への取り組みを実施しています。

このような中、新たな取り組みとして、気候変動に適応する可能性を秘めた新品種『スターマヤ コスタリカSHB』を発売します。

コーヒー豆の新品種「スターマヤ コスタリカSHB」

■特徴

新品種の「スターマヤ」は栽培のしやすさ、優れた風味を兼ね備えたアラビカ種の新品種です。

気候変動の影響によって高温・高湿度となると発生しやすくなるコーヒー栽培の大敵である「さび病」への耐性があり、栽培時の農薬使用量も抑えられる品種です。

その革新的な品種の特性を”スター”と表現し、マヤ文明が栄えた中米で開発、栽培がされたことを意味する”マヤ”を組み合わせ『スターマヤ』と名付けられました。

この品種は、アラビカ種で世界初の“種子から栽培可能”なF1品種(第一世代)で、2001年に発見された花粉を作らない突然変異種を元に開発されました。

2015年に初めて収穫され、昨年ごろから本格的な生産が始まったばかりのコーヒーで、日本や海外で限られた量のみ流通しています。

そんなスターマヤは、バランスの良さと優しい口当り、中米産のコーヒー特有の「きれいな酸味」が感じられます。

■商品詳細

  • 商品名 スターマヤ コスタリカSHB※5
  • 収穫地 コスタリカ オロシ地区 リオ グランデ オロシ農園
  • 品種 スターマヤ
  • 精選 フルウォッシュト(水洗式)
  • 焙煎 ミディアムロースト(浅煎り)
  • 価格 810円(税込)/100g(豆)
  • フレーバー:マスカット、シナモン、バニラ

販売期間:2021年10月18日(月)~各店で売り切れ次第終了
販売店舗:全国のキーコーヒー直営ショップ

※『KEY’S CAFÉ-CLASSE-』、『CRAFT SHARE-ROASTERY 錠前屋珈琲』は除く


© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5