スタバ ドリンク・裏メニュー

カフェミストのおすすめカスタマイズ5選・カロリー・お得に飲む方法

2017年12月13日

スターバックスコーヒー(Starbucks Coffee)のレギュラードリンク【カフェミスト】のおすすめカスタマイズ5選カスタマイズ・カロリー・お得に飲む方法を書いていきます。

カフェミストは、一般的なカフェで提供されるカフェオレのこと。

「本日のコーヒー」と呼ばれる日替わりのドリップコーヒーとミルクを合わせて作るドリンクです。

名前 カフェミスト(Hotのみ)
見た目 スタバ カフェミスト
値段(税込) 418円
販売期間 常時販売
カロリー 126Kcal
甘さ なし
特徴 ドリップコーヒーにふわふわのスチームミルクを加えたドリンク

※トール(Tall)サイズのみ販売。
※店内飲食の価格。

著者のプロフィール

スターバックス「地元フラペチーノ」フラペチーノ山口

フラペチーノ山口
日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士

スタバマニアとしてTV出演、文春オンラインなどにコラムを掲載。年間365杯以上のフラペチーノを飲む。47 Jimoto Frappuccino 全国制覇。抹茶・チョコ系メニューを愛する。

カフェミストとは?

スタバのカフェミスト

スタバのカフェミストとは、ミルクとドリップコーヒーを1:1:の比率で作る「カフェオレ」のことです。

カフェミストとは、イタリア語で「カフェオレ」という意味です。

イタリアのエスプレッソ文化に大きな影響を受けているスタバでは、カフェオレのことを「カフェミスト」と呼びます。

カフェミストについて、スターバックス公式ホームページでは次のように紹介されています。

香り高いドリップコーヒーにふわふわのスチームミルクを加えて

高品質のアラビカ種コーヒー豆を使用したドリップ コーヒーにスチームしたミルクを注ぎ、さらにふわふわのフォームミルクをのせました。やさしくホッとできるビバレッジです。

引用:スターバックスコーヒー

▼カフェミストの中身はこちら


スタバ カフェミスト

  • フォームミルク
  • スチームミルク
  • ドリップコーヒー(本日のコーヒー。豆の種類は日替わり)

ベースとなるコーヒーは、各店舗で選んだ日替わりコーヒーを使用します。

通年販売している「ハウスブレンド」などを使用する日もあれば、季節限定のコーヒー豆を使用する日もあります。

日によって、微妙に異なる味わいが楽しめるのがカフェミストの特徴ともいえます。

シロップなどは入っておらず、シンプルなドリンク構成となっています。

おすすめの無料・有料カスタマイズ5選(カスタム)

カフェミストのおすすめカスタマイズ5選(カスタム)を紹介します。

個人的にもっとも美味しいと感じたのは、豆乳に変更するカスタムでした。

 

【1】豆乳に変更(+55円)

豆乳に変更したカフェミスト

豆乳に変更すると、大豆の香ばしい風味が加わり、ミルクとは異なる上品な美味しさが楽しめます。

また、ミルクよりすっきりして、軽やかな口当たりになるのも特徴です。

シンプルなオーダーで美味しくなるので、カスタマイズ初心者の方にもおすすめです。

 

【2】アーモンドミルクに変更(+55円)

アーモンドミルクに変更したカフェミスト

アーモンドミルクに変更すると香ばしさが加わり、なめらかな舌触りが楽しめます。

カロリーもミルクより29Kcal低いので、ダイエット中にもおすすめのカスタマイズです。

アーモンドミルクに甘みはありません。甘くしたい場合は、はちみつやキャラメルソースを追加するのがおすすめです。(どちらも無料)

 

【3】ホイップクリーム+チョコ&キャラメルソース追加(+55円)

ホイップクリームとチョコソース&キャラメルソースを追加したカフェミスト

このカスタマイズでは、デザートのような味わいが楽しめます。

さらに、シロップも加えたい場合はカフェモカホワイトモカを注文する方が11円お得です。

 

【4】チャイシロップ追加(+55円)

チャイシロップを追加したカフェミスト

チャイシロップを追加すると、ちょっと甘くスパイシーなカフェミストが楽しめます。

冬季限定で登場するジンジャーブレッドラテが好きな方におすすめです。

 

【5】フォームミルク多め(フォーミー/無料)

泡のふわふわ感が増して、リッチな口当たりが楽しめます。

カスタマイズに慣れてきたら、上にキャラメルソースをかけるもおすすめ。

スイーツのような味わいが楽しめます。ちょっと甘いカフェミストを飲みたい時にどうぞ。

 

■以前おすすめだったカスタマイズ(アーモンドトフィーシロップ追加)

アーモンドとフィーシロップを追加したカフェミスト

キャラメルとは異なる、香ばしくリッチな甘みを加えることができます。

アーモンドトフィーシロップは、甘さもカロリーも控えめなので、ダイエット中にもおすすめでした。

※2021年に販売を一時停止。

 

▼無料カスタマイズ(カスタム)一覧

 

▼はちみつなど無料トッピング素材まとめ

スタバ【コンディメントバー】無料カスタマイズに使えるアイテム一覧

 

▼有料カスタマイズ一覧(+55円)

※シトラス果肉の追加(増量)は+110円となります。

※シロップ、トッピング名をタップすると味が分かります。

 

▼スタバの全カスタマイズはこちらでも紹介しています。

スタバの全カスタマイズ一覧|無料と有料カスタマイズまとめ

カフェミストはデカフェに変更可能

カフェミストはデカフェに変更可能

カフェミストは+55円でデカフェ(カフェインレス)に変更可能です。

デカフェに変更した場合、コーヒー豆は「デカフェ ハウスブレンド」を使用します。

スターバックスのデカフェは水だけでカフェインを取り除いており、人体への影響も極めて少なく、コーヒーの味が強いことが特徴です。

 

▼実際に飲んだ方の口コミ・評判

妊娠した時に友達からスタバのデカフェ貰ったんだけど、めちゃくちゃリピしてる。

コーヒー飲みたい人はオススメ

引用:Twitter

最近飲んだデカフェのドリップコーヒーで美味しかったもの

1. 辻本珈琲・デカフェ・モカ (コロンビアよりモカの方が美味しい気がした)

2. スタバ・オリガミ・ディカフェ・ハウスブレンド (スタバの珈琲という感じ)

3. キーコーヒー・カフェインレス・コク深ブレンド (淹れたてより冷めた方が美味しい?)

引用:Twitter

カロリー

ミルクの種類 Short Tall Grande Venti
スターバックスミルク 86Kcal 126Kcal 165Kcal 212Kcal
低脂肪乳 71Kcal 103Kcal 136Kcal 174Kcal
無脂肪乳 51Kcal 75Kcal 98Kcal 126Kcal
豆乳 82Kcal 119Kcal 157Kcal 201Kcal
アーモンドミルク 66Kcal 97Kcal 127Kcal 163Kcal
オーツミルク 70Kcal 102Kcal 134Kcal 172Kcal

 

カロリーを低くする・糖質を抑えるなら、通常のミルクを無脂肪乳へ変更するのがおすすめです。

ミルクを変更するだけでカロリーを51Kcalも減らすことが可能です。

 

▼関連記事

スタバカロリー低い順まとめ!ダイエット中に飲めるフラペチーノは?

値段・サイズ

サイズ お持ち帰り 店内利用
Short 367円 374円
Tall 410円 418円
Grande 454円 462円
Venti 497円 506円

タンブラー・マグカップ、ボトルなどの容器を持参すると20円割引になります。

また、スターバックスカードを上手に活用すると、最大14.8%お得になります。

あわせて読みたい
スタバが今よりお得になるクレジットカード5選
スタバカードのお得度がアップするクレジットカード5選|約15%お得に
あわせて読みたい
スタバカード
スタバカードの使い方・作り方・チャージ方法・5つのメリット・残高確認

いつまで飲めるの?(販売期間)

  • 販売期間:常時販売しています。
  • 取り扱い店舗:全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)

カフェミストとスターバックスラテの違い|コーヒーの種類が異なる

カフェミストとスターバックスラテの違い

カフェミストと見た目が似ているスターバックスラテとの違いを解説します。

まず、スターバックスラテはエスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを加えて作ります。

先述した通り、カフェミストは、ドリップコーヒーにスチームミルクとフォームミルクを加えて作ります。

2つの違いは、使っているコーヒーの種類です。

 

■スターバックスラテは、エスプレッソ用のコーヒー豆を使用する

スタバのコーヒー豆 エスプレッソロースト

スターバックスラテは「エスプレッソロースト」という苦味が強い深煎りコーヒー豆を使用します。

カフェミストのように日替わりでコーヒー豆が変わることが基本的にありません。

※期間限定のコーヒー豆が登場している場合は、この限りではありません。

 

■カフェミストは様々なコーヒー豆が使われる

カフェミストに使用されるコーヒー豆一覧

カフェミストには、主に次のコーヒー豆などが使用されます。

店舗によって使用するコーヒー豆が毎日変わるため、その日によって異なる味わいが楽しめるのが特徴です。

また、カフェミストはスターバックスラテよりもカロリーが低いことが特徴です。

  • スターバックスラテ:219Kcal
  • カフェミスト=126Kcal

カフェミストの方がスターバックスラテよりミルクの量が少ないため、カロリーが気になる方はカフェミストがおすすめです。

カフェミストはおかわり可能

カフェミストはおかわり可能

意外と知られていませんが、カフェミストはドリップコーヒー同様、購入時のレシートを当日営業日に持参すれば220円でおかわりが可能です。

※1杯目をWeb登録済みのスターバックス カードで支払うと、2杯目のカフェミストは162円/165円(持ち帰り/店内)で楽しめます。

 

また、2杯目はミルクなしで飲みたい場合、通常のドリップコーヒーを110円(165円)でおかわり可能です。

※カッコ内は1杯目を現金で支払った場合の価格

 

もし、スタバで現金払いをしているなら、公式アプリもしくはLINEでスターバックスカードを発行しましょう。

年会費や発行手数料など無料。10分もあればカードを発行でき、すぐに店舗で使用することが可能です。

▼関連記事

スタバカードの使い方・作り方・チャージ方法・5つのメリット・残高確認

カフェミストをお得に飲む方法

スタバのカフェミストをお得に飲む方法は2つあります。

 

▼無料のミルクを利用

まず1つめは、レジで無料の冷たいミルクを追加する方法です。

ドリップコーヒーを注文し、「冷たいミルクを半分入れてください」とオーダーすれば、カフェミストが完成します。

この方法だと、ドリップコーヒーの値段でカフェミストが飲めるので55円お得になります。

 

▼全てのミルクに無料で変更可能になる(おかわり時)

先述した通り、スタバのカフェミストはおかわり可能です。

カフェミストをおかわりする時だけ限定で、豆乳やアーモンドミルク、オーツミルクに無料で変更可能です。

ミルクとコーヒーの比率を変更可能

ミルクとコーヒーの比率を変更可能

コーヒーの味を抑えたい場合や、カフェインの摂取を抑えたい場合は、ミルクを多めに注文することも可能です。

上の写真ではコーヒー2割、ミルク8割でカフェミストを注文しています。

逆にコーヒー8割、ミルク2割で注文することも可能です。(ミルク多めでお願いしますとオーダーしても良いです)

まとめ|定番ドリンクのカフェミストを楽しもう!

カフェミストのおすすめカスタマイズ5選・カロリー・お得に飲む方法を紹介してきました。

カフェミストは、ミルクを変更するだけでも全く異なる味わいが楽しめます。

そのため、スタバのカスタマイズに慣れていない方にもおすすめのドリンクです。

 

▼現在販売中の新作ドリンクや、グッズ情報はこちらにまとめています。

スタバ新作2021フラペチーノやタンブラー、フード情報まとめ

 

▼関連リンク


  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5