スタバ

スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」をおすすめしない理由を述べる

投稿日:2017年8月2日 更新日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」をおすすめしない理由を述べます。

【あなたへおすすめしたい記事】

カフェベロナ

スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」は公式サイトで次のように説明されている。

ダークココアのような口あたりで、バランスのとれた豊かな味わいのコーヒー。チョコレートと一緒に味わうとよりその甘みが引き立ちます。

出典:スターバックスコーヒー

値段(税込)

1,339円

※100gあたり536円

容量

250g

生産地

  • インドネシア
  • ラテンアメリカ

焙煎度合い

スターバックス ダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

豆の状態

スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」は、割れたり欠けたりの不良豆が見られます。

美味しく飲むなら手作業で、これらの不良豆は取り除いた方が良いでしょう。

風味を5段階でみる

感想

スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」にお湯を落としていくも、香りが薄い。

ドリップしている最中もコーヒーの香ばしさが広がりません。

早速一口飲んでみると苦味が際立っており、他の味の要素をほとんど感じません。

コク深さや旨味などは感じられないので、ミルクやクリームを入れて飲むことを推奨します。

100g536円という値段を考えると、専門店のブレンドコーヒー豆を購入した方が良いでしょう。

おすすめしない理由

スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」をおすすめしない理由ですが、

  • 不良豆を取り除くのに手間がかかる
  • 鮮度が良くない
  • 旨味が感じられない

上記3つが主な理由です。

付け加えると、100g500円という価格帯は美味しいコーヒーの選択肢が非常に多い、いわば「激戦区」です。

そこで戦っていくコーヒー豆としては微妙なコーヒー豆です。

この価格帯のコーヒー豆であれば通常、不良豆の混入は一切なく、旨味やコクもはっきり感じられます。

スターバックスコーヒーというブランドの知名度を重視した上で、ギフト用として選ぶならアリかも知れません。

しかし、味を重視した上で購入を考えているなら、別のコーヒー豆を選ぶことをおすすめします。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。