スタバの豆知識

【スタバカード】ポイントの貯め方と確認方法・お得にポイントを貯める方法

2021年12月30日

  1. HOME >
  2. スタバ >
  3. スタバの豆知識 >

【スタバカード】ポイントの貯め方と確認方法・お得にポイントを貯める方法

2021年12月30日

スタバには「スターバックスリワード」というポイント制度があります。

スタバでお買い物をしてポイントを貯めると、「リワードチケット」というクーポンと交換できます。

今回は、スタバのポイント「スター」の貯め方と、貯めたスターの確認方法、リワードチケットへの交換の手順、お得にポイントを貯める方法を紹介します。

著者のプロフィール

スターバックス「地元フラペチーノ」フラペチーノ山口

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)
スタバマニア

TV出演。文春オンラインにコラム掲載。

日本全国の「47 Jimoto Frappuccino」制覇。

スタバカードでポイント(スター)を貯める手順

スタバカードでポイント(スター)を貯める手順

スタバでポイントを貯めるためには、Web登録したスタバカードで決済をする必要があります。

まず、スタバ公式アプリ or 公式サイトにて「マイスターバックス」の会員登録を済ませます。(無料)

▼関連記事

マイスターバックスとは?会員登録するメリット・手順・ログイン方法

 

次に、今使っているスタバカードをWeb登録しましょう。

カードを持っていない方は、とりあえずアプリで「デジタルカード」を発行すると良いです。

あとで実物のカードをお店で発行してから、メインカードを切り替えることもできます。

スタバカードweb登録

スタバカードの裏面に記載されている「カード番号」と「PIN番号」を入力するだけで登録は完了します。

カードの登録が済むと、自動的に「スターバックスリワード」というスタバのポイント制度に参加する形になります。

あとは、登録したスタバカードで買い物をすれば、54円(税込)ごとに1つ、スターと呼ばれるポイントが貯まります。

▼関連記事

【スターバックスリワード】スタバポイントの貯め方・交換方法など

 

1年以内に「グリーンスター」を250貯める

スタバ グリーンスターの確認方法

スターバックスリワードにはランク分けがされています。

まずスターバックスリワードに参加した時点ではみんな「グリーンスター会員」からのスタートです。

グリーンスター会員が決められた数のスターを集めると次は「ゴールドスター会員」へとランクアップします。

会員ごとに集めるスターが異なりそれぞれ「グリーンスター」と「ゴールドスター」を集めていく形です。

グリーンスター会員は、1年以内に250個のスターポイントを集めるとゴールドスター会員になることができます。

まずはゴールドスター会員になるのを目標に、スターを集めていきましょう。

ゴールドスターの貯め方・有効期限

スターバックスリワード ポイント

ゴールドスター会員も、スターの集め方は同じです。

スタバカードの利用金額54円(税込)毎にスターが1つが付与されます。

ゴールドスター会員になってから、150個のスターを集めるとリワードチケット1枚と交換することができます。

リワードチケットは、スタバのドリンクやフード、コーヒー豆の購入に使える税込770円分のクーポンです。

ゴールドスターの有効期限は、付与から1年後の翌月1日まで。

1年間でグリーンスターを250個集めると翌年もゴールドスター会員となれますが、250個集められなかった場合、またグリーンスター会員からのスタートとなり、今まで集めたスターがリセットされます。

ポイントをリワードチケットに交換する方法

【スタバカード】ポイントの貯め方と確認方法・お得にポイントを貯める方法

【スタバカード】ポイントの貯め方と確認方法・お得にポイントを貯める方法

ゴールドスターを150個集めると、リワードチケット1枚と交換ができます。

スターを集めた後、スタバの公式アプリ内にある「スターバックス リワード」ページの中の「Reward☆」をタップして交換します。

複数枚のリワードチケットに交換できる数のスターを持っている場合、自動的に最も期限の近いスターからリワードチケットに交換されます。

つまり、スターが無駄にならない仕組みになっています。

発行したリワードチケットは、会員マイページ の「MY チケット」のページ or スタバ公式アプリの「eTicket」のページから確認できます。

なお、リワードチケットの交換は24時間以内に3枚まで。

それ以上の交換を希望する場合は、翌日以降に手続きをしましょう。

リワードチケットの使い方

【スタバカード】ポイントの貯め方と確認方法・お得にポイントを貯める方法

スタバ公式アプリの「eTicket」のページからリワードチケットを選び「表示する」を選択すると、リワードチケットのバーコードが表示されます。

そのバーコードをレジで店員さんに見せればOKです。

リワードチケットはドリンクやフードは756円/770円(持ち帰り価格/店内価格)、その他商品は756円までと引き換え可能です。

その金額を超える場合も、差額を支払えばOK。

※チケットの上限金額に満たない場合、お釣りは出ません。

リワードチケットの有効期限は1ヵ月間

リワードチケットには有効期限があるので、注意しましょう。

リワードチケットの発行から30日以内に利用しないと、そのチケットは無効になります。

リワードチケットの発行はレジで簡単にできるので、スタバを利用するタイミングで発券するのがおすすめです。

スタバカードで貯めたポイントを確認する方法

スタバカードで貯めたポイントを確認する方法

スタバ公式アプリを使えば「Reward獲得まであと〇〇Stars」と表示されます。

どれだけスターを集めれば良いのか?ひと目で確認できます。

いつの購入で何個のスターを獲得したのかなど、もっと詳しい情報を知りたいなら、画面下部の「Star 獲得履歴を見る」を選択すればOK。

いままで獲得したスターの履歴が一覧表示されます。

スターバックスリワードでは54円(税込)でスターが1つ貯まるシステムです。

しかし、54円以下の購入分についても切り捨てで計算がなされるのではなく、ポイント加算されています。

※すべての購入金額がスターとしてポイント加算されている。小数点以下もポイント加算されている。

スタバカードにチャージするとポイントが貯まる(JCB Card Wがおすすめ)

スタバカードはチャージ(入金)をして使うプリペイド式のカードなので、チャージした際に使った「クレジットカードのポイント」を貯められます。

カード会社によって還元率は異なりますが、スタバカードのチャージに特化したカードがあります。

JCBカードWの基本情報

▲JCB Card Wを使えば合計14.8%ポイント還元されます。

 

スタバ クレジットカード

クレジットカードの中でもスタバで利用するのであれば「JCB Card W」というカードが非常にお得です。

通常のJCBカードと比べてもポイントが貯まりやすい高還元率のカードで年会費も永年無料

JCB Card Wを使ってスタバカードにチャージをすると、チャージ金額の5.5%がポイント還元されます。

 

ここで貯まったポイントは、スタバカードにチャージもできますし、コンビニやAmazonなど普段のお買い物にも使えます。

スタバカード JCBカード

▲スタバ代のポイント還元だけで32,000円貯まっています。

 

発行条件は39歳以下の方ならOK。(発行後は40歳以降も使えます)

若者向けのカードなので、審査も甘いと言われています。

JCB Card W(公式サイト)

 

▼実際にスタバ代を15%お得にするやり方をまとめました。

スタバカードのお得度がアップするクレジットカード5選|約15%お得に

 

まとめ

今回は、スタバカードでポイント「スター」を貯める方法や、貯めたスターの確認方法、リワードチケットについて解説しました。

スタバカードには、よくわからない専門用語が使われたり、仕組みも複雑です。

なるべく簡単にポイントを貯めるなら、スタバ公式アプリで支払いをしてポイントを貯めるのが楽です。

スタバアプリなら、10分でポイントを貯められる状態にできます。

▼関連記事

スタバアプリを使う3つのメリット・アプリの便利な機能・使い方を解説

 


-スタバの豆知識
-

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5