スタバ

スタバのおすすめコーヒー豆は?年間260回以上スタバに通うマニアが語る

投稿日:2018年6月10日 更新日:


 

200g 32,400円のコーヒーを飲んだり、焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)も行うコーヒーブロガー山口が、スタバで飲んできたコーヒー豆の感想を種類別にまとめた。

スタバのおすすめコーヒー豆は?

結論からいうとスタバのおすすめコーヒー豆には今のところ出会えていない。

2019年2月にスタバの焙煎工場「スターバックスロースタリー」が誕生したが、まだ多くのコーヒー豆はアメリカで焙煎したものを船便で約1ヶ月かけて日本へ送っている。

アメリカから輸送されたコーヒー豆は、すぐに店頭に並ぶわけではなく、残っている古いコーヒー豆から順に販売されるため、僕たちが口にするコーヒーはどうしても鮮度が落ちたものになってしまう。

鮮度が落ちればコーヒーの香ばしさや味わい深さは控えめになるので、値段に見合った味を楽しめないのが現状だ。

スタバのコーヒーギフトはおすすめしない

スタバのコーヒーギフト

  • スターバックス オリガミ
  • スターバックス ヴィア

など、粉の状態で販売されているコーヒーギフトはおすすめしない。

コーヒーは粉の状態になると空気と接する面積が増えるため、酸化が進んで鮮度が落ちてしまう。

お湯を注ぐだけの「ドリップバック型コーヒー」や、コーヒー液をフリーズドライした「インスタントコーヒー」などのコーヒーギフトは手軽に飲める魅力があるのだが、味はどうしても豆に劣ってしまう。

ここからは、実際にスタバのコーヒー豆を飲んだ感想を書いていく。

パイクプレイスロースト

値段(税込)

1,231円

※100gあたり492円

容量

250g

生産地

ラテンアメリカ

焙煎度合い

スターバックス ミディアムロースト

※中煎り。一般的にハイローストからシティローストと呼ばれる焙煎度合い

風味を5段階でみる

感想

パイクプレイスローストは、スターバックスコーヒー発祥の地シアトルで生まれた一品で、ハワードシュルツが感銘を受けたコーヒーである。

ハンドドリップで抽出すると苦味が強く、深みに欠けるが、フレンチプレスで抽出すると豆本来のアーモンドのような風味が感じられ、苦味も控えめになって飲みやすくなる。

フレンチプレスを持っている方へのコーヒーギフトなら選択の余地があるかも知れないが、その場合は丸山珈琲の豆を選んだ方が満足度は高い。

レビュー:スタバのパイクプレイスローストはまずい?自宅でおいしく飲む方法を徹底検証

ケニア

値段(税込)

1,339円
※100gあたり535円

容量

250g

生産地

ケニア

焙煎度合い

スターバックス ミディアムロースト

※中煎り。一般的にハイローストからシティローストと呼ばれる焙煎度合い

風味を5段階でみる

感想

ケニアは、酸味が非常に際立っており、好みがハッキリと分かれそうな味わい。

万人ウケする味ではないので、敢えておすすめしない。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ケニア」はおすすめ?飲んだ感想を正直に述べる

カフェベロナ

値段(税込)

1,339円
※100gあたり536円

容量

250g

生産地

  • インドネシア
  • ラテンアメリカ

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

カフェベロナを僕はブラックで飲んだが、エグ味の強さが印象的だった。

もし、ミルクやクリームを入れて飲むなら気にならないかも知れない。

レビュー:スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」をおすすめしない理由を述べる

アフリカキタム

値段(税込)

1,436円

※100gあたりの価格は575円

容量

250g

生産地

  • エチオピア
  • ケニア

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

アフリカキタムは、「エチオピア モカ」がブレンドされているため柑橘類フルーツのような風味が感じられる。

飲み始めは良いのだが、段々と強い渋みが口に残るのが僕は気になった。

このコーヒー豆が日本国内で焙煎されれば、また違った評価ができそうなので今後に期待したい。

レビュー:スタバのコーヒー豆をメリタのドリッパーで飲んでみた

グアテマラ・カシ・シエロ

値段(税込)

1,954円
※100gあたりの価格は782円

容量

250g

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

グアテマラ・カシ・シエロは、くるみのような香り、浅めのコク、ほどよい苦みと強い酸味があるコーヒー。

スタバのコーヒー豆のなかではクセが少なくて飲みやすい味だが、この値段であれば「土居珈琲の人気銘柄セット」を試すことをおすすめする。

ハウスブレンド

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

焙煎度合い

スターバックスロースト

※中煎り。

風味を5段階でみる

感想

ハウスブレンドは、バランスの取れた味でクセは少ないが、甘みや旨みがもう少し欲しい。

お求めやすい値段は魅力だが、味において評価できる部分は少ない。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」をオススメしない理由を正直に述べる

スマトラ

値段(税込)

1,231円
※100gあたりの価格は492円

容量

250g

生産地

インドネシア

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

スマトラはスタバのコーヒー豆の中でも味が特別濃いように感じた。

個人的には、インドネシアコーヒー特有の「ふくよかな甘み」「チェリーのような酸味」などが楽しめれば良かった。

レビュー:スタバのコーヒー豆スマトラはおすすめできる?4つの抽出器具で味を検証

グアテマラ・アンティグア

値段(税込)

1,339円
※100gあたりの価格は536円

容量

250g

生産地

グアテマラ

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

グアテマラ・アンティグアは、スターバックス特有の燻煙臭さが少なくて苦味も控えめ。

甘みや旨みが少なく、コクも浅くて美味しいとは言えないが、スタバのコーヒー豆の中では味・価格面においても選びやすい一品。

レビュー:スタバのコーヒー豆グアテマラ・アンティグアはおすすめできる?一番おいしく飲む方法を検証してみた

コモドドラゴン

値段(税込)

1,339円
※100gあたりの価格は536円

容量

250g

生産地

  • インドネシア
  • パプアニューギニア

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

コモドドラゴンは、表現は悪いが風味が泥臭く、土臭くて飲みづらいと感じた。

ミルクを入れて飲むなら良いかも知れないが、ブラックでいただくのは難しい銘柄。

レビュー:スタバのコーヒー豆「コモドドラゴン」をおすすめしない理由を述べる

ブレックファーストブレンド

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

生産地

コロンビア

焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト

※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

ブレックファーストブレンドは、スタバの中では珍しい浅煎りコーヒーで、苦味よりも酸味が強い。

スタバのコーヒー豆の中では非常にあっさりとした味わいで飲みやすい。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」は美味しくないがあっさりした口当たり

エチオピア

値段(税込)

1,436円
※100gあたりの価格は575円

容量

250g

生産地

  • エチオピア シダモ
  • エチオピア リム

焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト

※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

エチオピアは、深めに焙煎されているので一般的なエチオピア モカのフルーティーな酸味はなく、ほんのりとした苦味がある。

エチオピアコーヒーも僕は好きなので、もう少し旨味や甘み、コクが欲しかった。

モカは直火で深煎りすると酸味が甘みや旨味に変化するが、スタバでは直火ではなく熱風で焙煎しているので、どうしても「抜けた感じの味」になってしまう。

レビュー:スタバのコーヒー豆「エチオピア」をおすすめしない理由を述べる

ライトノートブレンド

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

生産地

  • コロンビア
  • ブラジル

焙煎度合い

スターバックスブロンドロースト

※浅煎り。ミディアムロースト〜ハイローストまでを指す。

風味を5段階でみる

感想

ライトノートブレンドは、苦味と酸味のバランスが良く、スタバの豆特有の燻煙臭さや渋み、えぐみを感じない。

決して美味しいとは言えないが、スッキリしたコーヒーを好む日本人向けの味と言える。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」をおすすめしない理由を述べる

フレンチロースト

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

生産地

  • コロンビア
  • ブラジル

焙煎度合い

フレンチロースト

風味を5段階でみる

感想

フレンチローストは、これまで飲んだ豆の中でも燻煙臭さが特に際立っていた。

ミルクやクリームを入れて飲むなら購入しても良いかも知れないがブラックには不向きの味わい。

レビュー:スタバのコーヒー豆【フレンチロースト】はおすすめ?感想を正直に述べる

コロンビア

値段(税込)

1,231円
※100gあたりの価格は492円

容量

250g

生産地

コロンビア

焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト

※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指すが、実際はフルシティ〜フレンチくらいの焙煎度合いであった。

風味を5段階でみる

感想

僕が買ったコロンビアは、焼きすぎたのか焦げたトーストを思わせる味わいで飲みにくいと感じた。

普段ミルクや砂糖を入れて飲むなら、気にならないかも知れない。

レビュー:スタバのコーヒー豆「コロンビア」はおすすめ?年間260回スタバに通うマニアが語る

スタバのコーヒー豆を飲んできた感想まとめ

スタバのコーヒー豆を飲んできた感想をまとめると、いずれも味の奥行きや深いコク、甘みや旨みがもう少し欲しいところ。

スタバのポイント(スター)消化のためなら購入しても良いかもしれないが、個人的におすすめできるコーヒー豆は今のところない。

日本で焙煎する定番コーヒー豆の登場に期待したい。

通販で買えるおすすめの美味しいコーヒー豆

スタバのグアテマラと同じくらいの予算(2,000円前後)なら、やはりコーヒー専門店で選ぶことをおすすめする。

香ばしさも、味わい深さも感じられるのはもちろんだが、豆の状態が全然違う。

次の写真を見て欲しい。

こちらはスタバのコーヒー豆だが、中身のない「欠豆」や「虫食い豆」が多く混入している。

これらを良豆と一緒に焙煎すると、薄い欠点豆は焦げてしまうので、苦味の中に焦げ臭さが残ってしまうのだ。

豆の状態を細かく見るコーヒー好きも多いので、見た目的にもスタバの豆はあまりおすすめできない。

先ほど少し触れた「土居珈琲」のようなコーヒー専門店では、

 

このように粒がキレイに均一に揃っており、虫食い豆などの欠点豆は一粒もない。

また、土居珈琲では焙煎したてのコーヒーを届けてくれるので、鮮度の高さも魅力である。

直火で焙煎しているので、コーヒーの甘み・旨みもしっかり味わえるのが特徴だ。

なお、僕が飲んできたおすすめコーヒー豆をランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆を選ぶ際の参考にして欲しい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。