スタバ

スタバのおすすめコーヒー豆は?年間260回以上スタバに通うマニアが語る

投稿日:2018年6月10日 更新日:


 

スターバックスから発売している定番コーヒー豆と、季節限定コーヒー豆のほぼ全てを飲んできた僕が、スタバのコーヒーを飲んだ感想を正直に述べていく。

ぼくは、美味しいコーヒーを飲むために自分で焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)を行ったり、32,400円のブルーマウンテンNo.1を飲んだり、ジャコウネコの糞から採取したコーヒー「コピルアク」を飲んだり、40年もの期間寝かせた「オールドコーヒー」など、様々なコーヒーを飲んできた経験がある。

そんな僕の経験を活かして、あなたに合った美味しいコーヒーを提案できれば嬉しい。

まずは、スタバのおすすめコーヒー豆について解説していく。

スタバのおすすめコーヒー豆は?

結論からいうと、スタバのおすすめコーヒー豆には今のところ出会えていない。

スターバックスは、高品質な「アラビカ種」を100%使ったコーヒーを提供していることで知られる。

そして、2019年2月にはスターバックスジャパン初の焙煎施設「スターバックスロースタリー東京」が誕生した。

しかし、実は今でもほとんどのコーヒー豆が、アメリカで焙煎したものを船便で約1ヶ月かけて日本へ輸送している、という状況だ。

アメリカから輸送されたコーヒー豆は、すぐに店頭に並ぶわけではなく、残っている古いコーヒー豆から順に販売されるため、僕たちが口にするコーヒーはどうしても鮮度が落ちたものになってしまう。

鮮度が落ちるとコーヒーの香り高さが失われ、味もぼやけた印象になるため、値段に見合った味を感じられない、と言うのが僕の正直な感想だ。

また、スタバのコーヒー豆には「虫食い豆」や「割れ・欠けの欠点豆」が多く混入している。

この「欠点豆」は良豆と一緒に焙煎すると、上の写真のように焦げてしまう。

スタバのコーヒー豆の味が濃かったり苦いと感じるのは、この焦げた欠点豆が大量に混入しているのが理由だ。

残念ながら、スタバのほぼ全種類のコーヒー豆には、焦げた欠点豆が入っている。

つまり、鮮度も落ちていて欠点豆も多く、焦げた味のコーヒーが多いというのが現状なので、今おすすめできるコーヒー豆はない。

スタバのコーヒーギフトはおすすめ?

スタバのコーヒーギフト

  • スターバックス オリガミ
  • スターバックス ヴィア

など、粉の状態で販売されているコーヒーギフトはおすすめしない。

コーヒーは粉の状態になると空気と接する面積が増えるため、酸化が進んで鮮度が落ちてしまう。

お湯を注ぐだけの「ドリップバック型コーヒー」や、コーヒー液をフリーズドライした「インスタントコーヒー」などのコーヒーギフトは手軽に飲める魅力があるのだが、味はどうしても豆に劣ってしまう。

ここからは、実際にスタバのコーヒー豆を飲んだ感想を書いていく。

パイクプレイスロースト

値段(税込)

1,231円

※100gあたり492円

容量

250g

生産地

ラテンアメリカ

焙煎度合い

スターバックス ミディアムロースト

※中煎り。一般的にハイローストからシティローストと呼ばれる焙煎度合い

味・香りを5段階でみる

感想

パイクプレイスローストは、スターバックス発祥の地シアトル「パイクプレイス・マーケット」で生まれたコーヒー。

スターバックスの元CEOの「ハワード シュルツ」が感銘を受けたコーヒーが原点になっている銘柄だ。

ハンドドリップで抽出すると苦味が強く、深みに欠けるが、フレンチプレスで抽出すると豆本来のアーモンドのような風味が感じられ、苦味も控えめになって飲みやすくなる。

フレンチプレスを持っている方へのコーヒーギフトなら選択の余地があるかも知れないが、その場合、表参道の「丸山珈琲」の豆を選んだ方が満足度は高い。

レビュー:スタバのパイクプレイスローストはまずい?自宅でおいしく飲む方法を徹底検証

ケニア

値段(税込)

1,339円
※100gあたり535円

容量

250g

生産地

ケニア

焙煎度合い

スターバックス ミディアムロースト

※中煎り。一般的にハイローストからシティローストと呼ばれる焙煎度合い

味・香りを5段階でみる

感想

ケニアは、酸味が非常に際立っており、好みがハッキリと分かれる味わい。

万人ウケする味ではないので、敢えておすすめしない。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ケニア」はおすすめ?飲んだ感想を正直に述べる

カフェベロナ

値段(税込)

1,339円
※100gあたり536円

容量

250g

生産地

  • インドネシア
  • ラテンアメリカ

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

カフェベロナを僕はブラックで飲んだが、エグ味が非常に強く、飲みにくいと感じた。

もし、ミルクやクリームを入れて飲むなら気にならないかも知れないが、正直そんなネガティブなコーヒーの楽しみ方をしてほしくない。

レビュー:スタバのコーヒー豆「カフェベロナ」をおすすめしない理由を述べる

アフリカキタム

値段(税込)

1,436円

※100gあたりの価格は575円

容量

250g

生産地

  • エチオピア
  • ケニア

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

アフリカキタムは、「エチオピア モカ」がブレンドされているため柑橘類フルーツのような風味が感じられる。

飲み始めは良いのだが、段々と強い渋みが口に残る。

このコーヒー豆が日本国内で焙煎されれば、また違った評価ができそうなので今後に期待したい。

レビュー:スタバのコーヒー豆をメリタのドリッパーで飲んでみた

グアテマラ・カシ・シエロ

値段(税込)

1,954円
※100gあたりの価格は782円

容量

250g

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

グアテマラ・カシ・シエロは、くるみのような香り、浅めのコク、ほどよい苦みと強い酸味があるコーヒー。

スタバのコーヒー豆のなかではクセが少なくて飲みやすい味だが、この値段を出すなら「土居珈琲の人気銘柄セット」を飲むほうが、はるかに満足度が高い。

ハウスブレンド

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

焙煎度合い

スターバックスロースト

※中煎り。

味・香りを5段階でみる

感想

ハウスブレンドは、バランスの取れた味でクセは少ないが、甘みや旨みがもう少し欲しい。

お求めやすい値段は魅力だが、味において評価できる部分は少ない。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ハウスブレンド」をオススメしない理由を正直に述べる

スマトラ

値段(税込)

1,231円
※100gあたりの価格は492円

容量

250g

生産地

インドネシア

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

スマトラは、黒々と深煎りされており、数あるスタバコーヒー豆の中でも特に苦味や焦げた味が強い。

スマトラは一般的な「マンデリン」だと考えて良いが、マンデリン特有の「ふくよかな甘み」が感じられなかった。

レビュー:スタバのコーヒー豆スマトラはおすすめできる?4つの抽出器具で味を検証

グアテマラ・アンティグア

値段(税込)

1,339円
※100gあたりの価格は536円

容量

250g

生産地

グアテマラ

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

グアテマラ・アンティグアは、スターバックス特有の燻煙臭さが少なくて苦味も控えめ。

甘みや旨みが少なく、コクも浅くて美味しいとは言えないが、スタバのコーヒー豆の中では味・価格面においても選びやすい一品。

レビュー:スタバのコーヒー豆グアテマラ・アンティグアはおすすめできる?一番おいしく飲む方法を検証してみた

コモドドラゴン

値段(税込)

1,339円
※100gあたりの価格は536円

容量

250g

生産地

  • インドネシア
  • パプアニューギニア

焙煎度合い

スターバックスダークロースト

※深煎り。フルシティ〜イタリアンローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

コモドドラゴンは、表現は悪いが風味が泥臭く、土臭くて飲みづらいと感じた。

ミルクを入れて飲むなら良いかも知れないが、ブラックでいただくのは難しい銘柄。

レビュー:スタバのコーヒー豆「コモドドラゴン」をおすすめしない理由を述べる

ブレックファーストブレンド

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

生産地

コロンビア

焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト

※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

ブレックファーストブレンドは、スタバの中では珍しい浅煎りコーヒーで、苦味よりも酸味が強い。

スタバのコーヒー豆の中では非常にあっさりとした味わいで飲みやすい。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ブレックファーストブレンド」は美味しくないがあっさりした口当たり

エチオピア

値段(税込)

1,436円
※100gあたりの価格は575円

容量

250g

生産地

  • エチオピア シダモ
  • エチオピア リム

焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト

※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

エチオピアは、深めに焙煎されているので一般的なエチオピア モカのフルーティーな酸味はなく、ほんのりとした苦味がある。

エチオピアコーヒーも僕は好きなので、もう少し旨味や甘み、コクが欲しかった。

モカは焙煎次第で酸味が甘みや旨味に変化するので、機会があればスタバ以外のカフェで飲んでほしい。

レビュー:スタバのコーヒー豆「エチオピア」をおすすめしない理由を述べる

ライトノートブレンド

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

生産地

  • コロンビア
  • ブラジル

焙煎度合い

スターバックスブロンドロースト

※浅煎り。ミディアムロースト〜ハイローストまでを指す。

味・香りを5段階でみる

感想

ライトノートブレンドは、苦味と酸味のバランスが良く、スタバの豆特有の燻煙臭さや渋み、えぐみを感じない。

決して美味しいとは言えないが、スッキリしたコーヒーを好む日本人向けの味と言える。

レビュー:スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」をおすすめしない理由を述べる

フレンチロースト

値段(税込)

1,134円
※100gあたりの価格は454円

容量

250g

生産地

  • コロンビア
  • ブラジル

焙煎度合い

フレンチロースト

味・香りを5段階でみる

感想

フレンチローストは、これまで飲んだ豆の中でも燻煙臭さや、焦げた風味が特に際立っていた。

おすすめできる要素は特にないので、別のコーヒー豆を買ったほうが良い。

レビュー:スタバのコーヒー豆【フレンチロースト】はおすすめ?感想を正直に述べる

コロンビア

値段(税込)

1,231円
※100gあたりの価格は492円

容量

250g

生産地

コロンビア

焙煎度合い

スターバックスミディアムロースト

※中煎り。ハイロースト〜シティローストまでを指すが、実際はフルシティ〜フレンチくらいの焙煎度合いであった。

味・香りを5段階でみる

感想

僕が買ったコロンビアは、焼きすぎたのか焦げたトーストを思わせる味わいで飲みにくいと感じた。

こちらも、特におすすめできる要素がない銘柄。別のコーヒー豆を買ったほうが良い。

レビュー:スタバのコーヒー豆「コロンビア」はおすすめ?年間260回スタバに通うマニアが語る

ウィローブレンド

値段(税込)

1,050円
※100gあたり420円

容量

250g

生産地

  • コロンビア
  • エチオピア

焙煎度合い

スターバックス ブロンドロースト
※浅煎り。一般的にミディアムローストからハイローストと呼ばれる焙煎度合い

味・香りを5段階でみる

感想

ウィローブレンドは、酸味が中心の味わいで苦味は控えめ。ミルクを入れて飲むよりもブラックで飲むのに適したコーヒー豆だと感じた。

コーヒープレスを使って飲むと、あっさりした味わいの中にも甘みが感じられる。

飲みやすいには飲みやすいが、特に購入する価値は見当たらないので、別のコーヒー豆を買ったほうが良い。

レビュー:スタバのコーヒー豆【ウィローブレンド】を飲んだ感想を正直に述べる

スタバのコーヒー豆を飲んできた感想まとめ

スタバのコーヒー豆を飲んできた感想をまとめると、いずれも味の奥行きや深いコク、甘みや旨みがもう少し欲しいところ。

味においても、鮮度面やコーヒー豆の状態を見ても、スタバでコーヒー豆を買うメリットは特にない。

しかし、

  • スタバのポイント(スター)を使ってお得にコーヒー豆を買いたい
  • スタバでコーヒー豆を買ってポイントを貯めたい

などの意見もあるかもしれない。

まず、お得に美味しいコーヒー豆を買いたいなら、銀座パウリスタの森のコーヒーがおすすめ。

ジョンレノンなどの著名人が通ったことでも知られる喫茶店のコーヒーだが、100g 277円とカルディ並みの値段で飲める。

森のコーヒーを実際に飲んだ感想は、下記に詳しくまとめた。

銀座パウリスタの豆「森のコーヒー」抜群のコスパで満足度が高い一品

 

次に、スタバでコーヒー豆を買ってポイントを貯めたい場合だが、これは「ポイントを貯めて、スタバでお得に買い物をしたい」と言えるかと思う。

それなら、スタバより安価で美味しいコーヒー豆を買えれば、浮いたお金はスタバで使える。

さらに、スタバのポイントよりも現金のほうが流動性が高いのもメリットだ。コーヒーの味もスタバより美味しいので、様々な面でメリットが大きい。

通販で買えるおすすめの美味しいコーヒー豆

スタバのグァテマラと同じ予算(2,000円前後)なら、焙煎したてのコーヒー豆を届けてくれる専門店での購入がおすすめ。

香ばしさも、味わい深さも感じられるのはもちろんだが、豆の状態が全然違う。

繰り返しになるがスタバのコーヒー豆と、専門店のコーヒー豆を見比べてほしい。

こちらはスタバのコーヒー豆だが、中身のない「欠豆」や「虫食い豆」が多く混入している。

もし、スタバのコーヒー豆をギフトで贈る場合、コーヒー好きは豆の状態を細かく見る人も多いため、見た目的にもスタバの豆はよろしくない。

先ほど少し触れた「土居珈琲」のようなコーヒー専門店では、

 

このように粒がキレイに均一に揃っており、虫食い豆などの欠点豆は一粒もない。

先ほども述べたが、土居珈琲では焙煎したてのコーヒーを届けてくれるので、長期間おいしく飲める鮮度の高さも魅力。

熟練の焙煎士が手がけるコーヒー豆は、豊かな甘みが感じられ、ビターチョコレートのような旨みが味わえる。

そんな美味しいコーヒー豆をランキングにまとめたので、ぜひ味わってほしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


 _________________________________

 

人気記事

コーヒーブロガー厳選の本当に美味しいおすすめコーヒー豆5選

スタバで使える高還元率のおすすめクレジットカードは?|スタバカードにチャージしてポイント二重取りが最強です

スタバカードへのチャージはクレジットカード使用が一番お得|メリットを徹底解説

ad




人気記事

こんな記事も読まれています

プロフィール

【自己紹介】

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。

そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。

こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。

ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo.1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。

おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。

また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧↓